TEL

バーナー症候群

2018.02.13 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
ラグビーときくとどんなイメージがありますか?
スポーツを観たりするのは好きですか?また、やるのは好きですか?

今回は、ラグビーで起こるケガについてお話ししていきます!

スポーツをするにあたって、ケガというものはつきものだと思います。

そんな中で、バーナー症候群というものを聞いたことはありますか?
ラグビー選手には多いのです!

バーナー症候群の原因は首に強い衝撃が加わることです。
例えばタックルをされて首に強い衝撃を受け、首の神経が伸ばされると、一時的に強い痛みやしびれを感じます。
これがバーナー症候群です。まるでバーナーで焼かれているように感じることからこう呼ばれています。
バーナー症候群の症状は一時的なことが多いために、特に治療は必要ないとされていますが、やはりその状態になる原因が身体に潜んでいることもあるので次回からのプレイにも注意が必要になります。

また、バーナー症候群には種類があります。
・ストレッチ損傷
・神経根圧迫損傷
・腕神経叢の直接圧迫
の3つに分けることができます。

ストレッチ損傷の場合、左肩からタックルをし、頭部が右側へ、左肩が下の方に強く押され、腕神経叢に牽引力がかかることにより損傷します。
まるでストレッチをかけているかのようになるため、こう呼ばれています。

神経根圧迫損傷は、頸椎が左側屈強制されることにより左神経根が圧迫をうけることにより左上肢に放散痛を生じます。

腕神経叢の直接圧迫は腕神経叢の直接的圧迫により放散痛が生じます。

バーナー症候群は瞬間的に起こります。
その後のプレーに影響を及ぼすことがあるため、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨でしっかり治療をしましょう。