TEL

Blog記事一覧 > 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,骨盤矯正 > 開きすぎ、閉じすぎも良くないです

開きすぎ、閉じすぎも良くないです

2018.04.05 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,骨盤矯正

みなさんこんにちは。

本日は「骨盤の歪み」についてお話ししていきたいと思います。

みなさんは骨盤の歪みを感じたことはありますか?
骨盤は身体の中心にあり歪んでしまうと身体のバランスが悪くなってしまうのです。

みなさんもやってみてください。
骨盤の開き度チェックです。
骨盤の開きのチェックとして仰向けになった時に、足の開く角度が80~90度くらいなら正常です。
開きすぎも閉じすぎもよくありません。

どちらかやりにくいほうがないかチェックしてみましょう。
目を閉じて片足でケンケンしてみて、最初の位置から動いてしまったら筋肉などがねじれている可能性があります!

背中にどのくらいの隙間があくかでゆがみがわかります。
骨盤が前後にどのくらい歪んでいるかどうかがこれで分かります。

歪みを解消するエクササイズは、お尻歩きです!!
背筋を伸ばし足も伸ばします。
ポイントとしては、骨盤で歩くのを意識しましょう。
前に進んで後ろに戻るのを繰り返します。
これを一日10往復2セット行いましょ。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、骨盤の歪みをとるために矯正を行っています。
この矯正をおこなうことで、骨盤を正しい位置に戻すことができます。