TEL

中から出てきます。

2018.04.09 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

今回は腰痛を起こす疾患についてお話ししていきたいと思います。

腰椎椎間板ヘルニアを知っていますか?
腰痛や坐骨神経痛の中で、特に多い疾患が腰椎椎間板ヘルニアです。

青年期、実年の時期に多発します。
突然発生するタイプと、慢性的にじわじわと生じる場合があります。

「ヘルニア」とは、飛び出す、脱出するという意味があります。
椎間板は、線維輪と髄核からなっています。
その繊維輪が外傷や変性で損傷すると、中から髄核が出て、背中にある神経を圧迫してしまうのです。

イメージとしては、大福を思い浮かべてください。
かじって大福をつぶすと、中からあんこが出てきます。
これが、ヘルニアの飛び出るということです。

椎間板ヘルニアになりますと、後方にある神経が圧迫されてしまい、腰痛や足の痛みが起こったりします。
場合によっては脚の麻痺、しびれ、足の冷たさ等々を起こすこともあります。

また、腰を動かすときは、後屈よりも前屈で痛みが増します。

ヘルニアは中の髄核が出きってしまうことで、痛みがなくなりますが、なくなるまでには時間がかかるので、放っておかずしっかり治療しましょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、腰痛の治療を行っています。
腰を前にまげて痛みがでる場合は、ご相談ください。