TEL

重篤なケガ以外が多い

2018.04.10 | Category: 交通事故専門治療,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

みなさんは、交通事故でいちばん多いケガを知っていますか?
交通事故ときくと重篤なケガを想像されると思います。
もちろん、骨折や臓器損傷、呼吸器損傷などたくさんあります。
ですが、一番何が多いのかといわれると、これらの損傷ではなく、
交通事故での負傷で最も多いものは首の損傷の「むち打ち」なのです!

この場合のむちうちは、車同士がぶつかったとします。
その時後方方ら車が追突することで、首がムチのようにしなるため起こります。
動きで言うと、一度首が伸展して、屈曲して動きます。
むちうちの特徴としては、軽い事故であれば受傷直後の検査では異常が認められなかったり、自覚症状も無かったのに、2~3日後から症状が現れ、だんだん痛くなることです。

症状としては、首の痛みや頭痛、それよりも重くなってしまうと、めまいや痺れ、吐き気などいろいろな症状が出てきます。

交通事故でのケガの処置は早期の診察と診療のために、病院や整形外科を受診することをお勧めします。
また、治療は聖子珍でもできます!
その際は、窓口負担0円で行っております。

交通事故のケガでお困りの方は、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお越しください。