TEL

寝違えに対する考え

2018.05.10 | Category: 寝違え,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

本日は「寝違え」についてお話ししていきたいと思います。

まず寝違えとは、一般的に「寝ている時の姿勢が悪かったために生じた首の痛み」のことを指します。
ひどい寝違えの場合は、首を前後に曲げ伸ばししたり、頭を左右に動かしたりすると激痛が走りほとんど動かせなくなることもあります。
そしてちょっとした動作でも痛むため、上半身を固めた姿勢で過ごしているケースもあります。
また、寝違えは繰り返し起きることがあります。

寝違えの時は首に何が起きていると思いますか?
寝違えの時には、7個ある頸椎の椎骨の接続部分、つまり椎間関節あるは椎間板のどこかに急性の炎症が起きていると考えます。
また、寝違えでは頸椎のまわりの筋肉が硬く緊張しています。
これは炎症を生じている部分をさらに刺激しないように、筋肉が鎧のように固くなって首の動きを制限し、防御していると考えられます。
椎間関節や椎間板の炎症が激しいと、ちょっと首を動かすだけで強い痛みが生じ、首回りの筋肉もガチガチに固くなり、首を動かせないようになります。

寝違えで首が動かない、仕事に集中できない方!
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院までお越しください!