TEL

椎間板ヘルニア

2018.06.04 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

腰痛には種類がたくさんあります。
筋肉や靱帯神経に関する痛み以外に「椎間板ヘルニア」という疾患もあります。

本日は「腰椎椎間板ヘルニア」についてお話ししていきたいと思います。

腰椎椎間板ヘルニアとは、背骨の間にあるクッションの役割をしている、『椎間板』というものが衝撃などによって潰れることで、はみ出してしまい神経を圧迫してしまうことです。

椎間板は、線維輪と髄核からできています。
その線維輪が変性や損傷により傷ついてしまい、それにより中から髄核が出てきてしまいます。

ヘルニアは「飛び出る、脱出する」といった意味があります。

一番最初は腰の痛みそのものが強いですが、その痛みが落ち着いてくるとシビレや足の力が入りにくい・・・といった症状がみられます。

日常生活における何気ない姿勢や動作によって引き起こされます。
腰への負担を日頃から減らすように工夫し、腰痛の発生の回数を減らすことが椎間板ヘルニアの予防法になります。
また、すでに椎間板ヘルニアを経験された方の再発防止にもなります!!

椎間板ヘルニアの予防と再発防止には、ストレッチをしたり、体重の増加に気をつけたり、筋力を強化することなどが大切です。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にヘルニアの治療はお任せください。