TEL

椎間板ヘルニアの症状

2018.06.08 | Category: ヘルニア,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
今日はヘルニアについてお話ししたいと思います。

椎間板ヘルニアとは?
椎骨は、いくつかの靭帯や、椎間板と呼ばれる一種のクッションのような働きをする組織によりつながれています。
この椎間板は正常は弾性を有しており、上下の腰椎を支えるとともに、前後左右に運動することが可能になっています。
椎間板は外縁部分を構成する繊維輪という靭帯様の構造物と、中心部に含まれる軟らかい髄核という構造物から成り立っていますが、外縁部分の椎間板の繊維輪が弱くなって膨隆したり、繊維輪が断裂して中心部の髄核が脱出したりすると、近傍にある神経を圧迫するようになってきます。
これが椎間板ヘルニアと呼ばれるものです。

腰椎椎間板ヘルニアの症状
通常は、腰痛やいわゆる「ぎっくり腰」のような症状が認められ、数日後に、一側の下肢へと放散する激しい痛みやシビレが生じます。この痛みやしびれは激烈で、ほとんど満足に動けないことも多く、睡眠も妨げられるほどです。
しかしこの痛みやシビレは2~3週間でピークを越えることが多く、その後、徐々に痛みやしびれが薄らいでいくことが多いです。
症状は一側下肢のみであることが典型的ですが、両下肢に症状が出現する場合や、排尿や排便に障害が認められる場合もあります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、ヘルニアでお困りの方はご相談ください。