TEL

Blog記事一覧 > つかれの記事一覧

肩こりといえば国家資格を取得した葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお任せください!

2017.10.24 | Category: つかれ,姿勢,整骨院,猫背,肩こり・頭痛,肩の痛み,腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,鍼灸治療

肩こりの治療は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院が得意とする治療の一つです。

 

肩こりの原因の一つとして歯ぎしりがあります。

意外と知られていない原因の一つかと思います。

そもそも何が悪いかというと、歯ぎしり・食いしばりの力は約300〜900kgもの力が加わります。

すると、顎周りの筋肉だけでなく首、肩、側頭部の筋肉も激しく収縮させる力があります。

 

歯ぎしりや食いしばりが原因で、慢性的な首こり・肩こり・片頭痛の症状が出てきてしまうのです。

 

長時間続く首や肩の慢性のこりは、自律神経を乱し様々な病気を引き起こすこともあります。

自律神経が乱れてしまうと肩こり以外にも様々な原因にも繋がってきてしまいます。

 

改善するためには、マウスピースをつけることが重要です。

装着することにより周りの筋肉への損傷を減らしてくれることと、くいしばり・歯ぎしりを減らしてくれます。

 

姿勢が悪いと肩こりになりやすいです。

体感されている方も多いのではないでしょうか?

 

人間の頭の重さはどれくらいかご存知でしょうか?

人間の頭の重さは体重50kgの人で約5kgあると言われています。

 

それを人間は首だけで支えようとしていますので、姿勢が悪いだけで首や肩にもろに負担がかかってしまいます。

特に、パソコンを見ている時などです。

姿勢が前かがみになり、顎が前に出ているとストレートネックという状態になります。

 

慢性的に肩こりが起こりやすくなってしまいます。
肩こりはストレスによる緊張で起きることもあります。

ストレス社会なので大なり小なり、ストレスはかかっていると思います。

 

肉体や精神にストレスを受けると、筋肉を緊張させる自律神経の働きが活発になります。

そのために、肩周辺の筋肉が緊張し、肩こりが起こります。

 

一時的なものであれば問題はありませんが、連日ストレスにさらされた筋肉に過剰な緊張状態が続くと、肩こりが慢性化することがあります。

この慢性的なものは厄介です。

 

また、寒さにより筋肉が緊張してしまう場合もあります。

寒さにより自律神経の乱れが引き起こり筋肉の緊張が強まり肩こりになってしまうのです。

これからの時期は特に気をつけたいですね。

 

もし肩の不調でお困りの方は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院までお気軽にご相談ください!