TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害・怪我の記事一覧

投球時の痛み

2018.04.11 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

学生のみなさんこんにちは!

4月になり新生活がスタートします。
部活などは決まりましたか?
本日は、野球をしている子に多くみられる「野球肘」についてお話ししていきたいと思います。

野球肘とは、投球動作の主にアクセレーション期(加速期)に、肘関節が屈曲位で過度の外反を強制されることにより起こります。
その時、内側には引っ張りのストレス、外側には圧迫のストレス、後方には衝突や引っ張りのストレスが繰り返し加わることによって発生します。
とくに、肘の骨端線が閉鎖する前の少年期では、骨、軟骨、筋肉が未発達なことと成長期特有の投球動作の関係で野球肘が起こります。

症状は疼痛で始まります。
はじめは投球時にのみ局所に疼痛があり、安静時には無痛か倦怠感がで始めます。
筋肉、腱、靭帯、靭帯付着部の障害では鋭い疼痛、関節内の障害では鈍痛を訴えます。
病態が進むと肘関節の運動制限が現れてきます。

予防・再発予防として、投球前後のウォーミングアップとクールダウン、ストレッチング、筋力トレーニング、投球フォームの改善などを行いましょう。
また、最大の要因は投球過多と考えられるので、投球数の制限を行う必要があります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院には、野球肘で起こまりの学生さんがたくさん来ています。
安心して治療にお越しください。

筋肉の固さ

2018.03.23 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!
ジャンパー膝の原因を知っていますか?

ジャンパー膝の痛みが起きる場所は「膝蓋靱帯」というところで起きます。
炎症が起きるところは、ちょうど膝蓋骨の下の部分になります。
ここに負担がかかることで小さな断裂を起こします。

断裂を起こす原因は「大腿四頭筋の固さ」が影響しています。

膝蓋靱帯は、太ももの前の筋肉とつながっています。
ダッシュをしたり、ジャンプをすることで膝を曲げ伸ばしする際に膝蓋靱帯が筋肉を引っ張ってしまい、その強さに耐えられなくなり痛みが起きるのです。

起こるメカニズムは分かっていただけたかと思います。

予防法としては、大腿四頭筋のストレッチとハムストリングスの筋力強化が必要になります。

ストレッチは、運動をする前とした後に必ず行いましょう。
運動をすることで、筋肉が固くなってしまいます。
固い筋肉のまま運動を続けてしまうと、症状が悪化したり、違うところが痛くなってしまうのです。
ももの前を伸ばすには、膝を曲げることで伸ばすことができます。
また、お風呂上りにのばすのもよいでしょう。
ストレッチポールを使ってほぐしていくこともおすすめしています。

筋力強化としては、うつぶせで、足首なあたりにチューブを巻き、端を持ってもらうか、どこかにくくりつけて膝の屈曲運動をしましょう!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院ではジャンパー膝でお悩みの学生のかたの治療をしています。
スポーツでのケガはお任せください。

大腿四頭筋の肉ばなれ

2018.03.22 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

みなさんの中で、肉ばなれをしたことのある方はいますか?
肉ばなれは学生のスポーツをしている方だけでなく、社会人のみなさんでも起こることがあります。

今回は「肉ばなれ」についてお話ししていきたいと思います。

大腿四頭筋の肉ばなれは、大腿直筋に多いと言われています。
股関節伸展位、膝関節屈曲位で収縮させたときに発生します。
これは、陸上のスタートポジションの形になるため、発生率が高いです。

肉ばなれはスポーツ以外にも
・筋疲労
・再発
・柔軟性、コンディショニング低下
・不適切なウォーミングアップ
・寒冷
などがあげられます。

筋疲労では、筋肉が弱まっているため、急に動き始めることにより損傷します。
1回やったことのある方ですと、もう一度同じような受傷肢位をすることにより、再発します。
柔軟性は、どの怪我にも必要不可欠になります。
ウォーミングアップを怠ることで肉ばなれにつながります。
寒冷ですと、寒さで筋肉が固まってしまいます。その中で動くことにより受傷しやすくなります。

症状としては、急な大腿の前側に痛みを感じます。
重症度に応じて様々な程度の腫脹、皮下出血斑、硬結、膝関節屈曲制限が生じます。

受傷後24時間以内では、皮下出血斑は現れにくいと言われています。
そのため、次の日に足が青くなっていてビックリされる方もいます。

もし肉ばなれを起こしてしまった時は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお越しください。

打撲の経験はありますか?

2018.03.08 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
みなさんも一度は打撲の経験がある方もいると思います。

みなさんは、打撲が起きるとどんなことをして対処しますか?
冷やす、温める沢山あると思います。

急性期はしっかり冷やしましょう。
打撲は内出血なので、2~3日たった後は、温めて血の巡りをよくすることが大切です。

スポーツにおける打撲では、たんすの角に足の小指をぶつけた時にできるものよりも、衝撃が強いため、内出血の症状が重くなってしまうこともあります。

サッカーやラグビーなどのコンタクトスポーツに多くみられます。

打撲の症状とは何なのでしょう?

打撲した部分やその周辺が炎症を起こし、腫れや熱感があり皮膚が青紫色に変色しているときは、内出血といわれる皮下出血を起こしている可能性があります。
また、頭部の場合はこぶができることもあります。
患部は直後よりも、しばらく時間がたってから激しく痛みますが、軽い打撲であれば、1~2週間程度で腫れと痛みがおさまります。

しかしこの皮下出血のあとが変色して青紫色のあざになって1カ月ほど残ったり、骨が突き出るようなときは、骨折を疑って下さい!
ただし、外見からは分からないことも多いので、痛くて動かすことができないときは骨折も考えて対処をしましょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、打撲による痛みを早くとれるよにしています!

つまみ動作が不自由

2018.03.01 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
なんだか腕や指先がしびれるといったような症状がある方はいらっしゃいますか?
もしかしたらその症状は、「神経系」の症状かもしれません。

正中神経麻痺という言葉を聞いたことはありますか?
円回内筋症候群というものがあります。
正中神経は円回内筋の支配神経です。

これは、肘関節前面で、宴会な筋両頭間、あるいは浅指屈筋起始部の腱性アーチなどで正中神経が絞扼されて発生します。

なぜ発生してしまうのでしょうか?
職業やスポーツ活動などによって前腕の回内・回外、肘の屈伸などの前腕の使いすぎなどにより発生するといわれています。

症状としては、前腕の掌側に鈍痛や正中神経領域のシビレ、筋力低下、つまみ動作が不自由になり円回内筋中枢縁に圧痛やチネル徴候が円回内筋の近くに存在します。
チネル徴候とは、手の母指球と小指球の間をたたくと痛みや痺れが指先に現れます。
これが現れた場合、神経が絞扼されている状態であることが分かります。
また、円回内筋の誘発テストというものがあります。
これは、陽性率は低、手肝管症候群との鑑別も必要になります。

治療法としては、原因となる動作の中止と局部の安静を測ります。
ほとんどが保存療法となっていますが、改善されなければ、手術療法となる場合があります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、神経の痛みを取り除くことができます!

自由形やバタフライに多いケガ

2018.02.23 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
水泳は好きですか?
学校の授業などで必ずといっていいほど水泳の授業がありますよね。

水泳は、身体への負担が陸上に比べると負担の少ないスポーツです。
ですが、スポーツなのでケガを起こします。

競泳の選手は、10代のころから一日に何千メートルも泳ぐトレーニングを行っています。
そのため「オーバーユース(使いすぎ)」による障害が起きてしまいます。
当院に来ているスクールに通っている方もオーバーユースでお悩みな方がいます。

今回は、自由形やバタフライに多い「スイマーショルダー」についてお話ししていきたいと思います。

水泳選手の障害として、「スイマーショルダー」と「ブレスストローカーズニー」というのがあります。

「スイマーショルダー」とは、訳すと「水泳肩」です。
肩に痛みが出るため、自由形とバタフライの選手に、この症状を訴えるケースが多いです。
クロールやバタフライは、腕の力で前に進んでいきます。

腕を回すときに、肩甲骨の靱帯と上腕二頭筋腱がこすれ合ってしまい、炎症を起こします。
その炎症がひどくなってしまうことで、肩関節に痛みがでるのです。

この症状を防ぐためには、陸上トレーニングやチューブを使い肩周りの筋肉を鍛えておくことが大切です。

普段からのストレッチやケアを葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨で行いましょう!

バーナー症候群

2018.02.13 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
ラグビーときくとどんなイメージがありますか?
スポーツを観たりするのは好きですか?また、やるのは好きですか?

今回は、ラグビーで起こるケガについてお話ししていきます!

スポーツをするにあたって、ケガというものはつきものだと思います。

そんな中で、バーナー症候群というものを聞いたことはありますか?
ラグビー選手には多いのです!

バーナー症候群の原因は首に強い衝撃が加わることです。
例えばタックルをされて首に強い衝撃を受け、首の神経が伸ばされると、一時的に強い痛みやしびれを感じます。
これがバーナー症候群です。まるでバーナーで焼かれているように感じることからこう呼ばれています。
バーナー症候群の症状は一時的なことが多いために、特に治療は必要ないとされていますが、やはりその状態になる原因が身体に潜んでいることもあるので次回からのプレイにも注意が必要になります。

また、バーナー症候群には種類があります。
・ストレッチ損傷
・神経根圧迫損傷
・腕神経叢の直接圧迫
の3つに分けることができます。

ストレッチ損傷の場合、左肩からタックルをし、頭部が右側へ、左肩が下の方に強く押され、腕神経叢に牽引力がかかることにより損傷します。
まるでストレッチをかけているかのようになるため、こう呼ばれています。

神経根圧迫損傷は、頸椎が左側屈強制されることにより左神経根が圧迫をうけることにより左上肢に放散痛を生じます。

腕神経叢の直接圧迫は腕神経叢の直接的圧迫により放散痛が生じます。

バーナー症候群は瞬間的に起こります。
その後のプレーに影響を及ぼすことがあるため、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨でしっかり治療をしましょう。

脱臼肢位

2018.02.08 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
肩をケガしたことはありますか?
肩のケガには、脱臼が多くあります。

今回はそんな「肩関節脱臼」についてお話ししていきたいと思います!

肩関節の構造についてご説明します。
肩関節は股関節と似た構造をしていて、簡単に言うとボールと受け皿(関節窩)のような構造をしています。
ですが、肩関節の方が関節窩が浅い構造になっています。
そのため、股関節よりも大きな動きができます。
ですが、股関節よりも、受け皿が小さくゴルフのピンの上にゴルフボールがのっている状態です。
なので股間節よりも、肩関節の方が外力がかかることで外れやすい構造になっています。

肩関節は関節の固定を筋肉や靭帯に頼っているため、筋肉や靭帯を損傷すると脱臼しやすく、全身の中で肩関節が最も脱臼しやすい関節と言われています。

肩関節脱臼が多いスポーツとしては、ラグビーやアメリカンフットボール、柔道などのコンタクトスポーツに多いと言われています。
脱臼をしやすい肩のポジションがあります!
それは、「外転、外旋」です。
投球動作でもあり、ピッチャーの方は脱臼肢位をとっているため、その状態で外力が加わってしまうと、脱臼をしてしまいます。

肩関節脱臼についてお困りの方は、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨にお越しください。

走って骨折

2018.01.25 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
本日は「ランナーに多いケガ」についてお話ししていきたいと思います。
学生の皆さん!
走っていてすねのあたりが痛くなったという経験はありませんか?

もしかしたらその症状「骨折」の疑いがあります!!

走って起こる骨折とは「下腿骨骨幹部骨折」といいます。
下腿の骨は脛骨と腓骨という2本の骨から構成されています。
スポーツで起こり得るのが「疲労骨折」です。
下腿の疲労骨折は脛骨が多く、10歳代の発育期に多いといわれています。

ではどんな時になるのでしょうか?
・骨に反復的な衝撃力が加わったとき
・筋の疲労などにより、骨に加わる衝撃力を軽減する作用が低下したとき
・筋の繰り返しの収縮により骨に過度の牽引力が加わったとき
などに起こりやすいと考えられています。

症状は骨折部の限局性圧痛、腫れ、熱感などがみられます。
エックス線では発生初期では骨折線が写らなのがほとんどですが、2~3週間後にもう一度撮ることで、骨折線が写ることが多いです。

下腿の疲労骨折は分類することができます。
・脛骨骨折
→上中1/3境界部(疾走型)骨折
→中央1/3部(跳躍型)骨折
→中下1/3境界部(疾走型)骨折
・腓骨骨折
→上1/3部(跳躍型)骨折
→下1/3部(疾走型)骨折
に分類することができます。
ランナーに多い疲労骨折の部位は、「疾走型」と書いてある部分多いです。
治療としては、原因となるスポーツの停止をお勧めしています。
3週間程度の安静が必要になります。
一般的には5~6週間で競技復帰が可能といわれています。
一番の治療は「早期発見・早期治療」です!
下腿に少しでも痛みがありましたら、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨にすぐにお越しください。

肘の外側が痛い

2018.01.19 | Category: スポーツ障害・怪我,テニス肘,整骨院,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!
みなさんの中で「テニス肘」でお困りの方はいませんか?

テニス肘とは一般的に、テニスのバックハンドストロークで発生する上腕骨外側上顆炎による外側型の疼痛性運動障害をテニス肘と総称します。
ですが、テニスのスクロークで発生するスポーツ障害として、フォアハンドスクロークにより上腕骨内側上顆に炎症が起きる内側型の障害もあります。
いわゆる、スポーツ障害のことを指します。
病因としては、使いすぎが最も多くみられます。
中には、ラケット操作技術の低い初心者やラケットを支える筋力の弱い40~50歳代の女性によくみられます。
テニスをしているとなってしまうのかというとそうではありません。
テニス以外にもゴルフやバドミントンといった、他のスポーツ障害としてみられたり、手をよく使う作業の方に多いのも特徴です。
テニス肘は上腕骨外側上顆炎ともいい、発生頻度が高いです。

治療法では、保存療法を行うことにより、痛みは数カ月で治まります。手の使用を最小限にすることが早く治る近道です!

ですが、家事やお仕事をしなければなりませんよね?
そんなときは「テニス肘バンド」を使用しましょう!!

上腕骨外側上顆を抑えることにより痛みが和らぎます。
買い物袋は症状が出ているときは持たないのが理想です。持つ場合は手のひらが向かう方を向いていてはいれば痛みは出ないことが多いです。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨ではバンドの相談も承っています.