TEL

Blog記事一覧 > 予防トレーニングの記事一覧

膝の下が痛い学生の皆さんは要注意!

2017.11.05 | Category: インソール,オスグット,スポーツ障害・怪我,予防トレーニング,整骨院,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

「オスグッド・シュラッター病」は成長期のスポーツをしている学生に多く発生するスポーツ障害のことです。

これを放置すると最悪の場合、部分剥離、微小剥離骨折になってしまうこともあります。

症状としては以下のようなものがあります。
・膝の下の骨を押すと痛い
・膝の下の骨がボコッと出てきた
・運動すると膝の下が痛い
・正座すると膝の下が痛い
・歩いたり走ったりすると膝の下が痛い
・自転車をこぐと痛い

このように、膝の下が痛い場合には、オスグッドである可能性があります。

上記のような症状が見られたらオスグッドである可能性が高いですが、確定診断をするのであれば整形外科などの病院を受診してレントゲン撮影をしてもらいましょう。

ひどくなり、骨が引っ張られ剥がれてしまうと、スポーツも中止しなければならなくなるうえ、治療期間も長くなってしまいます。

 

そうなる前に、骨の状態などをしっかり確認し治療することで長期離脱せずともスポーツを続けていくことができます。

 

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院ではスポーツ障害に特化した、「トリガーポイント治療」を行なっています。

膝の下が痛いと訴えるお子様などがいらっしゃいましたら、一度ご相談下さい。

コアトレのことなら、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院まで!

2017.10.19 | Category: EMS,予防トレーニング,交通事故専門治療,代謝,免疫力,冷え性,楽トレ,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

インナーマッスルのことなら葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお任せください!

本日はEMS(インナーマッスルを鍛える機械)について話していきます。
みなさんの中でお腹周りが気になるっていう方はいらっしゃいますか?
体重が気になる・前まで着れていた洋服が着れない・見た目が気になる
その他にも気になったり悩んだりしている方はたくさんいらっしゃいます。
そんな方はEMSでインナーマッスルを鍛えましょう。
みなさんはインナーマッスルって聞いたことありますか?
人間はアウターマッスル(浅部の筋肉)とインナーマッスル(深部の筋肉)の2種類があります。
アウターマッスルは自分で意識して動かせる筋肉です。
この筋肉のエネルギー源は糖質になります。
インナーマッスルは自分ではあまり意識して動かしたりすることができない筋肉です。
この筋肉のエネルギー源は脂質になります。
アウターマッスルは自分で動かすことが容易ですので、重たいものを持ったりして自分で鍛える事が簡単にできます。
ただエネルギー源は糖質になるので、エネルギーを使った分食べたものから糖質を吸収します。
吸収した分を動かす時にまた使っての繰り返しになるので、脂肪を燃やすのには難しいです。
インナーマッスルは自分で動かす事が困難な筋肉になりますので、自分自身でどんなに筋肉トレーニングをしても効果は低いです。
ただこの筋肉がつくとエネルギー源が脂質ですので、ダイレクトで脂肪を燃焼する事ができます。
つまり、痩せるためにはインナーマッスルが重要なのです!!
当院のEMSはインナーマッスルをダイレクトで刺激し、鍛える事ができます。
普通の筋肉トレーニングとは違い、身体を動かすという事は全くしません。
30分間ベッドに横になっているだけで効果を出す事ができますので、気になる方は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院に体験しにきてください。

スポーツでのケガなら葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお気軽にご相談ください。

2017.10.16 | Category: アイシング,スポーツ障害・怪我,ムチ打ち治療,予防トレーニング,交通事故専門治療,小中学生の野球・サッカーの怪我,整骨院,肩の痛み,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

スポーツでのケガなら葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお気軽にご相談ください。

 

スポーツでの怪我は「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」があります。

「スポーツ外傷」とは、瞬間的な外力によっておこる、骨折・脱臼・打撲・捻挫のことを言います。

「スポーツ障害」とは、身体に何らかの過度の負担が繰り返しかかることで、痛みなどの症状が現れることを言います。

スポーツ障害は早期に治療しないと重症化し、骨や関節の変形をきたし、日常生活にも支障が出てしまうことがあります。

 

スポーツ外傷の応急処置として、「RICE+S療法」というものが有名です。

R(Rest):安静

I(Icing):冷却

C(Compression):圧迫

E(Elevation):圧迫

S(Stabilization):固定

この処置を行い、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお任せください。

 

 

スポーツ障害が成長期である中高生に多い理由は、中高生は成長期であり身長が大きく伸びる時期です。

身長が伸びるということは骨が縦に伸び、それに伴って筋肉も引っ張られますが、筋肉は骨に比べて成長が遅いです。

そのため筋肉は骨の成長に追い付かず、常に引っ張られ、牽引ストレスが筋肉にはかかっている状態となります。

この状態で過度の運動を続けると、剥離骨折などに繋がるため、中高生に多いとされています。

そうなる前に、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院までご連絡ください。