TEL

Blog記事一覧 > 扁平足の記事一覧

縦アーチについて

2018.01.17 | Category: 扁平足,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!
本日は「扁平足」についてお話ししていきたいと思います。

扁平足を皆さんの中で聞いたことがある方は多いと思います。また「自分だ!」と思う方も多いと思います。
これは、足の裏にある「土踏まず」といわれているアーチがなくなってしまい、平らな状態になってしまっているものを扁平足といいます。

足の裏の構造は3つのアーチと呼ばれるものがあります。
・親指の付け根と小指の付け根を繋ぐアーチ・・・横アーチ
・足の外側を繋ぐアーチ・・・外側縦アーチ
・足の内側を繋ぐアーチ・・・内側縦アーチ
この3つの中で土踏まずと呼ばれるのは1番大きい「内側縦アーチ」のこと言います。

このアーチを持ち上げているのが後脛骨筋腱です。
この後脛骨筋腱が衰えることにより、アーチを持ち上げる力が低下するため、扁平足の原因になってしまいます。

また、足の裏の面積は非常に小さいです。この小さい面積で身体の全体重を支えていることになります。
なので、長時間立ち続けているなどの足の裏に多重がかかっている状態が積頭いてしまうと、足の裏の「足底腱膜」というものが伸ばされてしまい、扁平足になる原因となります。

扁平足にならないようにするためにも、日頃から指の体操をしましょう!
指を使うようにすることで筋肉を使うため、予防になります。

扁平足でお困りの方は、葛飾区奥戸、立石、新小岩にあるまつなが鍼灸整骨にご相談ください!