TEL

Blog記事一覧 > 整骨院の記事一覧

歪んでる?

2017.11.20 | Category: 姿勢,整骨院,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,骨盤矯正

みなさんこんにちは!

今回は骨盤のメカニズムについてお話ししたいと思います。

骨盤は腸骨と仙骨で構成されています。
毎日の様々な習慣によって骨盤の上の上半身が傾いた状態になり骨盤周りの筋肉や関節に負担がかかってしまいます。

左右どちらかに傾いた状態が続くと腸骨が開いてしまい腸骨と仙骨をつなぐ関節が外れやすくなります。
その関節が外れると腸骨が仙骨の上にずれこんでしまい、骨盤の左右差や、脚長差が出てくると言われています。

骨盤が歪んでしまう原因として考えられるのが、
ほとんどが日常生活による姿勢の問題が考えられます!!
・カバンを片方の肩にかけてしまう
・片脚体重になってしまっている
・脚を組む
・長時間のデスクワーク
・あぐらをかく
・横向きに寝る
などついついやってしまう事が日常生活による歪みの原因となっています。

運動不足や、筋力低下、出産、ストレスなどこういった因子でも歪みが見られます。

特に女性の方は、男性よりも筋肉の量が少ないため歪みやすいといわれています。
インナーマッスルの低下でも歪みは見られます!!

インナーマッスルを鍛えて骨盤の歪みをなくしていきましょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では骨盤の歪みを治すため、インナーマッスルを鍛えるための電気もあります!

エクササイズで改善

2017.11.18 | Category: 姿勢,整骨院,猫背,猫背矯正,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

今回は姿勢について書きたいと思います。

皆さんは、猫背姿勢というのを聞いたことがありますか?

人の身体は、S字カーブを描いています。このS字カーブが崩れることによって姿勢が悪くなり猫背姿勢が完成します。

どうしたら姿勢が改善されると思いますか?

その答えは「肩甲骨」にあります!!

肩甲骨は肩を回すときに重要な働きをしています。

肩甲骨がうまく使えていないと背中や肩周りに痛みが出てしまいます。
円背や猫背の姿勢に多いのが肩甲骨が「ハの字」になっています。
これは肩甲骨をいい位置に保ってくれる筋肉が不良姿勢によって伸ばされてしまい結果としてハの字になってしまいます。

肩甲骨を動かすことによって段々といい位置に戻っていきます!

エクササイズで解消してきましょう!
・方法・
①手の甲がお尻につくように両手をつけます。
②手の位置を動かさないようにし、両方の肩甲骨を内側に寄せます。
 この時に、肩が上がったり、腰が反らないように意識します。
 肩甲骨の間で何かを挟むように意識するとやりやすいです!
③自然の呼吸で20秒を3~5セット行います。

これをちょっとした時間や長く同じ姿勢が続いたなと思った時にやってみてください!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では猫背を改善させたい方一度お尋ねください!

腹筋9000回!

2017.11.17 | Category: EMS,整骨院,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!
皆さんは最近運動していますか?

普段から運動をしないと、血流が悪くなってしまい全身に血液がうまく回らずむくみの原因になってしまったり、
足先が冷えて冷え性の原因になってしまいます。

忙しくてなかなか運動できない。自分で運動できない。どんな運動をしたらいい分からない。

その為、運動をした方がいいのはわかっているけれど、できていない方がほとんどだと思います。

そうではなく、しっかり運動することでその悩みは解消されます!!

EMSは、腹筋9000回という効果が推奨されています。これは科学的も発表されています。
パットをお腹に貼って寝るだけですが、かなりの運動量です。

EMSをすることにより冷え性、浮腫みの改善が見られます!

EMSはたった30分間寝ているだけです。

お腹にパッドを貼り、電気を流します。
電気といってもかなり奥深く、皮膚の15CM下まで届くことのできる電気なので筋肉まで届きます。

普段治療前、後に行う電気とは周波数が全然違うものなので効果も変わります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では運動メニューも考えてお伝えしております。
運動したいけどなかなかその一歩が踏み出せない方はお気軽にご相運動を談ください。

抱っこで腰が

2017.11.16 | Category: 整骨院,腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

本日はお子さんを抱っこして起こる腰の痛みについて話していきます。

みなさんの中でお子さんを抱っこして…
・腰が痛い
・張ってる
・違和感がある
・重だるい
・動かしにくい

こんな症状出たことありますか?

当院に来院されている方は皆さんどれかに当てはまります。

ではなぜこの症状が出るのでしょうか…?

それは抱っこをした、又は過度に腰まわりの筋肉を使ってしまい筋肉がその負担に対して耐えられず、傷ついてしまうからです。

特に女性は男性に比べて筋肉の線維が細かったり、弱かったり、少なかったりするので腰に負担をたくさんかけてしまうと傷つきやすくなってしまいます。

特にお子さんがいらっしゃる方は抱っこをする機会が多いのではないでしょうか。
抱っこをしないようにしているのに、お子さんに「抱っこ、抱っこ」と言われたら難しいですよね。

抱っこをした時は腰にとても負担がかかってくるものです。

みなさんは筋肉が張ってるだけと勘違いされてませんか?

これを放っておくと痛みが悪化したり、腰をかばって違うところにも痛みがでてきてしまいます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院ではお子さん連れの方も安心してお越し頂けます。
抱っこをしても腰が痛くならないようにしていきましょう。

肩こりってなんで起きるの?

2017.11.15 | Category: 整骨院,未分類,肩の痛み,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

肩こりって辛いですよね?肩にずっと重りがのっているような、誰かに押してもらってもなんか残る感じで…

どうして肩こりが起きると思いますか?

同じ姿勢や肩かけカバンも持っていたり、首や背中がずっと緊張状態にあったりすると起きてしまうといわれています。

近年では、血流の問題や姿勢・冷え等で起きているのではなく、筋肉を包む筋膜にできる「しわ」が原因となる場合がわかりました。

筋膜とは、自由に伸び縮みし、どこにも引っかからない全身を包んでいるウェットスーツのようなものです。
これがピタっとしていたら、動きやすいですよね?ですが、固く縮んでいたり、よれてしわになっていたら動きにくそうですよね。

肩こりと感じる重だるさ・緊張等を放置することにより、突然五十肩で肩が上がらなくなり夜間時に激痛が走り眠れなくなることもあります。

五十肩も結局原因がはっきりとわかっておりません。加齢に伴い肩の関節や筋肉、肩周辺組織に固くなったり縮むなどの変化が起こることによって
炎症や痛みを引き起こすと考えられています。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では写真を撮り、ビフォーアフターがわかりやすいように姿勢のチェックを行っています。

物を壊してしまった…こんな時どうしたらいいの?

2017.11.14 | Category: 交通事故,整骨院,物損事故,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

皆さんは、事故などでもし物を壊してしまったらどう思いますか?

どうしよう。そうしたらいいのか。と焦ってしまうのではないでしょうか?

交通事故などで人のケガはなく物だけが壊れた場合のことを物損事故といいます。

この場合、自賠責保険は使えず、任意保険でカバーするしかありません。

自賠責保険は強制保険ともいわれ、被害者の保護のために、最低限度の損害賠償を補償する保険です。

交通事故が起これば何かしらの物が壊れてしまいます。
車体がへこんでキズが付く軽度のものから、廃車になってしまうものまで様々です。
また、車だけでなくガードレールや電柱、家の塀などの場合もあります。

本当に物損事故なのか人身事故なのかといった判断はとても重要になります。

その違いはどこにあると思いますか?

人身事故であればケガの治療に対して保険がおりますが、物損事故ではそれが発生しません。

交通事故の場合はじめはどこも痛くなくても、数日後に体に痛みが出てくるといった症状がでるということも少なくありません。

はじめは物損事故で処理してしまっていても、痛みがあれば医師の診断を受け人身事故に切り替える事が出来ます。

痛みがあるけど物損事故で処理してしまったし…と一人で悩んでいる方!
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では交通事故についての相談を承っております。
悩まずに一度当院までご相談ください。

いくつ当てはまりますか?

2017.11.13 | Category: 姿勢,整骨院,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,骨盤矯正

こんにちは!
皆さんは骨盤の歪みを感じたことはありますか?

骨盤の歪みが気になる方は多いと思います。

骨盤の歪みは知らず知らずのうちに日常生活のクセからなってしまう不良姿勢が招いてしまったものです。

以下の項目であなたはいくつ当てはまりますか?
・片足に重心をかけて立つ
・バックをいつも片側にかけて持つ
・片側だけで物を噛むクセがある
・うつ伏せで寝ることが多い
・足を組んで座る
・頬杖をつく
どうでしたか?いくつ当てはまりましたか?

どれか1つでも当てはまると骨盤の歪みがあるかもしれません!!

バックをいつも同じ方ばかりにかけてしまうと、かけてる方だけに重さがかかってしまいます。重たい方に筋肉が引っ張られ、重さがかかっていない方は、バランスをとろうとします。
こうすることによって段々と歪みが生まれてしまいます。

足を組むことも骨盤にはとても悪い状態なのです。両方同じように組むのであればそこまで歪まないと思いますが、どちらか組みやすい方があると思います。
組みやすい方ばかりで足を組んでいれば、骨盤は歪んでしまいます。

気になる方は早めに治療しましょう!
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院で一度ご相談してください。

踵の痛みでお困りの方

2017.11.12 | Category: セーバー病,整骨院,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,踵の痛み

踵が最近痛いな。と思っている学生の皆さん。それは踵に起こる炎症の一つです!
セーバー病(シーバー病)は正式には「踵骨骨端症」と言われます。

この病気は10歳前後の活発な男児や、太った男児に多く見られます。

小学生くらいの子供の踵骨(かかとの骨)には、踵骨骨端核と骨端軟骨があります。 

骨端軟骨は、大人の骨のように硬化していない軟骨部分のことです。成長するにつれてだんだん固くなっていきます。
この骨端軟骨は小児特有でレントゲンには写らないため、踵骨のレントゲンでは踵骨骨端核のみ写ります。
 
先程お伝えしたように子供の骨は軟らかいため、過度な運動やジャンプを繰り返すと、踵骨に付着するアキレス腱が引っ張られてしまいます。
この牽引力が繰り返され負担が蓄積していくと、骨の表面にある骨膜という骨を覆っている膜に炎症が起こり、セーバー病を発症します。
このセーバー病を放置しておくと、骨の変形が起こったり、足を地面について歩くことですら痛みでできなくなってしまうこともあるので注意しましょう。
 
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院ではセーバー病の治療を得意としているで、お悩みの学生の方は一度ご相談ください!

普段の姿勢気にしてみませんか?

2017.11.11 | Category: 姿勢,整骨院,猫背,猫背矯正,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

猫背姿勢にならない為にも、普段の姿勢が大切になってきます。

 

では、どういうことに気を付ければいいのでしょうか?

 

ただ、姿勢を良くしようとすると逆効果な場合もあります。

 

肩の丸まりを良くしようとして、無理やり胸を張ると逆に反り腰になってしまったりします。

 

そうすると、腰痛の原因にもなります。

 

自分ではなかなか修正しにくいのが姿勢です。

 

ここでは猫背姿勢を治す、猫背矯正をやっています。

 

猫背矯正をやることで、今まで無理をしなければできなかったいい姿勢を無理なくできるようにすることができます。

 

いい姿勢でいることで、腰痛・肩こりの改善や睡眠の質を上げることもできます。

 

姿勢は普段の癖が関係してきます。

 

デスクワークでパソコンを使う時間が多い、長時間の運転など前かがみになる姿勢が続く方は要注意です。

 

これまで気になってはいたけど放置していた、という方はたくさんいらっしゃいます。

 

ですが、放置してしまったことで症状が悪化し日常生活に支障を出してしまうケースも少なくありません。

 

そうなる前に姿勢をチェックし、是非この機会に姿勢を直してみませんか?

 

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では写真を撮り、ビフォーアフターがわかりやすいように姿勢のチェックを行っています。

 

是非その変化を体感していただければと思います!

インナーマッスル鍛えてみませんか?

2017.11.10 | Category: EMS,インナーマッスル,整骨院,楽トレ,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

トレーニングに必要な知識としてまず筋肉の種類があります。

 

筋肉は大まかに分けると速筋と遅筋で構成されています。

 

高負荷な無酸素運動で鍛えられ、運動時に糖質を主に燃焼し、瞬発的な力を発揮する速筋。

 

低負荷な有酸素運動で鍛えられ、運動時に脂肪を効率的に燃焼し、引き締まった体をつくる遅筋。

 

という特徴になっています。

 

どのような体づくりをするかによってこれらのアプローチの仕方は大きく変わってきます。

 

ただ筋肉を大きくしたいのであれば、速筋をメインで鍛える必要があり、それに対し細くしなやかな体づくりをしたいのであれば遅筋をメインで鍛えていく必要があります。

 

陸上で例えると、短距離選手のようがっちりした体を目指すか、長距離選手のように細いけど引き締まったからだを目指すかというような違いになります。

 

インナーマッスルは遅筋にあたり、普段は意識しづらく鍛えにくいものになります。

 

そこで、普段鍛えづらい筋肉を鍛えるのがEMSです。

 

腹直腹筋などの大きな筋肉は動きを意識しやすく、鍛えやすいですが、腹横筋や背中の筋肉などは、意識して鍛えるのが難しい筋肉です。

 

それを、誰でも簡単に鍛えられるように葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、EMSというインナーマッスルまで直接電気を届かせトレーニングしていく機械を使用しています。

 

気になる方は、ぜひ一度ご連絡ください。