TEL

Blog記事一覧 > 未分類の記事一覧

国民病です

2018.06.25 | Category: 未分類,腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

腰痛で普段からお困りの方はいませんか?

腰痛とは男性では1番目、女性は肩こりの次に訴える症状とされています。
その数は年々増加傾向にあります。
腰は、腰椎と呼ばれる5つの骨がブロックのように積み上げられて構成されています。
腰痛の多くは、腰椎に負担がかかったり障害が起きることで発症しますが、その他にもさまざまな要因が腰椎の発症に関係しています。
原因が特定できるのはわずか15%程度と言われています。
これだけ、たくさんの方が悩まれています。
今では、腰痛は国民病ともいわれています。

では、どんな人がなりやすいと思いますか?
ライン製造など、その場に立ったままで長時間作業する人は、筋肉が疲労してしまい、椎間板にも負担がかかるので、腰痛が起こりやすくなります。
座っている方が楽に見えますが、座りっぱなしの体勢は立ちっぱなしよりも椎間板にかかる負担が大きくなり、やはり腰痛を起こしやすい体勢と言えます。
動かないまま継続的に筋肉を使っていると、知らず知らずに筋肉疲労が蓄積され、最終段階で初めて『腰痛』として症状が表れます。

何気なく貼っている湿布も貼り方を間違えると効果がありません。温湿布・冷湿布の違いも理解しておく必要があります!
急に痛くなってしまった場合は氷でしっかり冷やしてくださん。
慢性的な痛みはあっためることによってお民の軽減につながります。

腰痛ベルトもつける場所によっては効果がありません。腰のどこにどんな巻き方をすればいいのか事前にチェックしておきましょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、腰痛治療を得意とするスタッフがいます。

跳び出ます

2018.06.01 | Category: ヘルニア,未分類,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

「ヘルニア」という言葉を聞いたことがありますか?

ヘルニアとは、体内の臓器などが、本来あるべきところから逸脱した状態のことをいいます。
体腔内の隙間に飛び出たものを内ヘルニア、体腔外に飛び出たものを外ヘルニアといいます。

ヘルニアの代表的なものには、椎間板の中にある髄核が線維輪を破って突出状態にある椎間板ヘルニアや、胃が横隔膜の食道裂孔を通じ、
縦隔側へと飛び出た状態の食道裂孔ヘルニア。
腹膜で包まれた臓器が腹壁外へと脱出した状態の腹壁ヘルニア。
臍ヘルニア(出臍)、鼠径ヘルニア(脱腸)などがあります。

この中で多いのが、「椎間板ヘルニア」になります。
このヘルニアは、イメージ大福からあんこが飛び出てしまうように、線維輪が何らかの外力や変性によって傷が付き、だんだんその傷が大きくなっていくことにより髄核が飛び出てしまいます。

ヘルニアの症状としては、SLR検査をしたときに腰に痛みでたり、足や殿部の方に痺れや痛みがでてくる場合はヘルニアの可能性が高いです。
また、腰を前に曲げたときに痛みがでます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、ヘルニアでお悩みの方がいらっしゃっています。
治療をして痛みを出にくいお身体にするようにしています。

肩こりを解消

2018.05.16 | Category: 未分類,肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

肩こりを解消するためには、肩甲骨をほぐしましょう!

肩こりと肩甲骨は昔から深い関係があると言われています。
マッサージで何ともならない頑固な肩こりには、肩甲骨を動かすための運動をしましょう!
今回は運動をお伝えしていきたいと思います。

1.起きてすぐと寝る前に行いましょう。
・両腕を点状に突きあげます。
・その状態から、肩甲骨を下に引くように肩を下ろします。
・おろした状態で10秒キープします。
・これを10回行いましょう。
この運動のポイントは、呼吸を止めずに自然に口から吐く、鼻から吸うを繰り返しましょう。

2.立って行います
・脚を大きく開いて立ちます。
・つま先を外に向けます。
・腰を落として、肩を中に入れるように動かします。
・10秒くらいキープして反対も行いましょう。
この時も呼吸は止めずに腹式呼吸を心掛けましょう。

これらは、肩甲骨を下に動かす運動になります。
このような運動のほかに、道具を使って行うことができます!

テニスボール2個をストッキングに入れて、背中の下にいれます。
こり固まっている部分に押し当てます。
肩甲骨から腰の方へとテニスボールを順々も移動させながらこっている部分に当てていきます。
こうすることで、筋肉が段々緩んできます。
ストッキングがない場合はテーピングなどのテープで止めてもできます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、運動の仕方を教えています!気になる方は、一度訪ねてください。

寝違えの原因

2018.05.02 | Category: 寝違え,未分類,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

みなさんは寝違えをしたことはありますか?

朝起きた時に首が痛い、動かないという寝違えが起こる原因では色々あります。

今回は、原因についてお話ししていきたいと思います。

寝違えの多くは「血行不良」を起こしてしまいます。

筋肉の疲労によって筋繊維の間を走る毛細血管が圧迫を受け、血流が阻害されることで血行不良が起こります。
血液は、筋肉を動かすための酸素や栄養を運んだり疲労物質を運搬して排出したりする役割を担っています。
長時間筋肉に負担をかけ続けて血行不良が続くと、筋肉に疲労がたまって凝りにつながり、寝違えのリスクを高めます。

血行不良を起こしてしまう原因には、枕の高さが関係しています。
合わない枕で睡眠をとっていると、首の筋肉の緊張状態が続いてしまうため、血行不良を起こしてしまいます。

いい枕の高さは、仰向けで寝た時に、ベッドと首の間を埋めるぐらいの高さがちょうどいいと言われています。
なので、バスタオルをたたんだ高さがいいといわれています。
また、枕に方も一緒にのせて寝るのもいいです!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、枕のいい高さをお伝えしたり、首の治療を行っています。
お気軽にご相談ください。

テニスをして痛める肘

2018.04.28 | Category: スポーツ障害・怪我,未分類,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

雑巾を絞る時に肘が痛い、ペットボトルの蓋を開ける時に肘が痛い、ドアノブを開ける時に肘が痛い、重い物を持つと肘が痛い。
このような症状でお困りの方はいませんか?

もしかしたら「テニス肘」かもしれません!!

「テニス」という単語が付いていますが、その名の通り、中年以降のテニス愛好家に多く発生するため、「テニス肘」と言われています。

しかし、テニスをやっている人だけではなく、ゴルフをやっている人や、重い荷物を持つ仕事をしている人などにも発生します。

テニス肘で痛みが出る部位は、肘の外側にある、「上腕骨外側上顆」という肘の外側の出っ張っている骨の部分に痛みが出てきます。
上腕骨外側上顆に付く筋肉は以下のようなものがあります。
・長橈側手根伸筋…手関節の背屈(手の甲側に曲げる)
・短橈側手根伸筋…手関節の背屈
・総指伸筋…手関節の背屈、手指の伸展
・尺側手根伸筋…手関節の背屈、内転(尺屈)
・回外筋…肘関節の回外
・肘筋…肘関節の伸展
この6個の筋肉が上腕骨外側上顆に付いています。

テニスでは、バックハンドストロークとフォアハンドストロークの2種類の打ち方があります。
バックハンドストロークは肘の外側を痛めやすいです。
フォアハンドストロークは肘の内側に痛みが出やすいです。
どちらもボールを打つ際に手関節を動かす筋肉に負担がかかり続けることによって、筋肉の微小断裂や損傷を起こし、痛みを発症しています。
テニスをしていなくても、日常生活で不自然な指や手首の使い方が癖になってしまっているとテニス肘を発症してしまいます。

このように、テニスの動きをすると痛みがでてしまいます。

肘の痛みでお困りの方は、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお越しください!

仕事中のケガは、労災

2018.03.27 | Category: 交通事故専門治療,未分類,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

みなさんの中で、仕事中に交通事故に遭ってしまった・・・といったそんな経験をしたことはありますか?

今回は、お仕事中にあってしまった交通事故のお話をしていきたいと思います。

仕事中にあってしまった場合は、通常の事故と違って「労災保険」が適応可能になります。

仕事中とは、業務中はもちろんですが通勤も含まれるのです。

もし、仕事中に事故に遭ってしまった場合は会社にも必ず連絡をして、相談するようにしましょう。

ただし、状況によっては労災保険が適応にならない場合もあります。

そんな時は自信が加入している自動車保険会社に連絡し、そちらが適応可能にできる可能性があります!
また、弁護士の先生を通して話し合うこともいいと思います。

どんな状況であれ、少なくとも事故の場合はケガをすると思います。
そんなときは、当院におこしください。
交通事故は出のケガは、後々から痛みがでることが多いです。
すぐに痛みがでるわけではないので、放っておく方が多くいらっしゃいますが、必ず治療をするようにしましょう。

痛みなどでお仕事に支障を出さないために、しっかり治療をするためにもぜひ葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にご相談ください。

膝の変形

2018.01.18 | Category: 変形性膝関節症,未分類,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!
みなさんの中で「膝をケガをした」、「痛みがある」などでお困りの方はいませんか?

肩や腰などもたくさんの疾患がありますが、膝にも様々な外傷があります。
その中でもとくに女性に多い疾患が、「変形性膝関節症(O脚)」です。

本日は「変形性膝関節症」についてお話ししていきたいと思います。

人間は二足歩行するようになり、膝への大きな負担がかかるようになりました。
人間の体重のほとんどが膝にかかっているといってもいいでしょう。
膝だけでは負担が大きいため、人類の変化の中で、股関節や足の裏にも体重がかかるように分散されるように、変化をして今の身体の形があります。

二足歩行時では膝に体重の2~3倍の負担がかかるといわれています。

変形性膝関節症を起こす原因として肥満傾向や外反母趾や指上げ足などの女性の方に多く見られます。

外反母趾や指上げ足による歩行時では足先が外の方向へと流れてしまい、内くるぶしを支点にしてテコの原理でO脚が発生されてしまいます。
また肥満傾向の方は、膝にかかる体重が大大きいため、支えられなくなってしまいO脚になってしまいます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、変形性膝関節症でお悩みの方がたくさん来院されています。
お困りの方は是非ご相談ください。

胸筋をほぐす

2017.12.28 | Category: 整骨院,未分類,肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

みなさんはどんな時に「肩がこった」と感じますか?
本日は、肩こりについてお話ししていきたいと思います。

肩こりの一番の原因は「猫背姿勢」です!
猫背の症状は肩こりを助長させるものがあります。

肩こりになってしまうと、肩周りの筋肉が固くなってしまうため、血行が悪くなります。
猫背姿勢の場合、デスクワークやスマートフォンの操作が多くなっているため、身体の前での作業が多く、背中の筋肉が伸ばされてしまいます。
そうなってしまうと、胸の筋肉である「胸筋群」が縮んでしまい固まってしまいます。
胸の筋肉が肩こりに影響あるの?と思う方もいると思います。
ですが、固くなってしまと、先ほども説明してように血流が悪くなってしまいます。
胸を開いて、血流をよくするために、胸周りのストレッチを行いましょう!!

胸筋群は大胸筋と小胸筋からできています。

このストレッチでは、壁を使います。
壁に腕と手をくっつけ、胸を開くようにして伸ばしていきます。
伸ばしているときは、呼吸を止めずに行いましょう!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、肩こりの原因になっている猫背姿勢の矯正を行っています。
今年のうちに猫背姿勢と肩こりにさようなら!しませんか?

被害を加えてしまっても

2017.12.11 | Category: 交通事故,整骨院,未分類,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

交通事故につてどのくらい知っていますか?
事故となると焦ってしまう方が多いと思います。
そんな時少しでも知識としてあった方がいいことをお話ししたいと思います。

今回は「加害者」についてです。

車同士などの交通事故が発生した場合には必ず「被害者」と「加害者」が存在します。

被害者側は怪我をした場合、治療を受けその保証を受けることができます。

ですが、加害者側はどうでしょうか?

結論から言うと、加害者側も治療を受け補償を受けることはできます。

交通事故で怪我をしてしまったのは、加害者であろうと被害者であろうと同じなのです。
なので、治療を受ける権利はどちらにもあります!

加害者側となってしまい、治療を受けることに抵抗を感じる方もいらっしゃると思います。
ですが、今後の生活に支障が出る可能性があるのはどちらも同じです。
そのために、しっかり治療を行いましょう。

治療を受ける場合は、整形外科や病院の受診をお願いしています。
その後の治療は整骨院におまかせください。

過失割合により、補償金額は変化しますが、今後の生活のためにも治療を受けることをお勧めします。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院に交通事故のことでお悩みの方は、一度是非ご相談ください。

肩こりってなんで起きるの?

2017.11.15 | Category: 整骨院,未分類,肩の痛み,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

肩こりって辛いですよね?肩にずっと重りがのっているような、誰かに押してもらってもなんか残る感じで…

どうして肩こりが起きると思いますか?

同じ姿勢や肩かけカバンも持っていたり、首や背中がずっと緊張状態にあったりすると起きてしまうといわれています。

近年では、血流の問題や姿勢・冷え等で起きているのではなく、筋肉を包む筋膜にできる「しわ」が原因となる場合がわかりました。

筋膜とは、自由に伸び縮みし、どこにも引っかからない全身を包んでいるウェットスーツのようなものです。
これがピタっとしていたら、動きやすいですよね?ですが、固く縮んでいたり、よれてしわになっていたら動きにくそうですよね。

肩こりと感じる重だるさ・緊張等を放置することにより、突然五十肩で肩が上がらなくなり夜間時に激痛が走り眠れなくなることもあります。

五十肩も結局原因がはっきりとわかっておりません。加齢に伴い肩の関節や筋肉、肩周辺組織に固くなったり縮むなどの変化が起こることによって
炎症や痛みを引き起こすと考えられています。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では写真を撮り、ビフォーアフターがわかりやすいように姿勢のチェックを行っています。