TEL

Blog記事一覧 > 病院の記事一覧

交通事故の事でお困りならまつなが鍼灸整骨院にお任せください!

2017.10.12 | Category: ムチ打ち治療,整骨院,病院,葛飾区東新小岩

こんにちは。

まつなが鍼灸の浦田です。

本日は、交通事故の示談交渉について書いていきたいと思います!

交通事故では、受けた被害について補償を請求する際、「示談」という形で加害者と交渉を行います。この時、全てに法律が関係してきます!

そして、受け取る補償額も、「示談交渉」次第で変わってきます!

法律が関係するので、間に弁護士さんが入ることがほとんどです。

「示談交渉」というのは、治療期間、補償額に大きく関わる事項です!

ここまでの事を聞くとすごく大切なんだ!と思いませんか?

よくわからない方が多いと思いますが、それだと、損をしてしまう可能性もあります。

分からない点・疑問点など何かあれば、お気軽にお問い合わせください!

交通事故でお困りの奥戸・立石・東新小岩の方はまつなが鍼灸整骨院まで!

2017.10.11 | Category: レンタカー事故,交通事故証明,病院,肩の痛み

こんにちは!

 

まつなが鍼灸整骨院の宮原です!

 

本日は、交通事故治療での「転院」について、お話したいと思います!

 

交通事故に遭ってしまったら、怪我の治療を行います。この時、通院先の病院と合わない、遠い、なかなか症状が改善しない、など困ってしまうことが出てくると思います。

 

このような場合は、「転院」は可能です!!

 

より良い治療を受ける為、通いやすくする為に!

 

全ては症状を良くする!という目的なので、被害者の自由です。

 

ただ、必ずしもいい病院でない、不親切な場合もあります。

 

転院する場合は、治療レベルや交通事故治療に協力的かどうかなどを、しっかり調べていくことをオススメします!

 

何かお困りのことがお気軽にご相談下さい!

人身事故について

2017.09.29 | Category: ムチ打ち治療,交通事故専門治療,交通事故証明,整骨院,病院,肩の痛み,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

交通事故 人身事故

今回は交通事故の中で「人身事故」について書いていきたいと思います。

交通事故において人身事故は、歩行者対車だけではなく、車に乗っていてもむちうちなどのけがを負った場合も適用可能になります。

交通事故の直後では体も気持ちも興奮状態にあり、その場で痛めていても痛みがわからない場合が多くあります。
なので、体の痛みがなくても整形外科や整骨院などの医療機関にで検査を受けることを強くお勧めします。

物損事故だけで終わってしまうと、車の修理費や服の費用だけで終わってしまい、10万~20万円とその金額も人身事故に比べ大幅に下がってしまいます。

その後体の痛みが出始め日常生活に支障が出てきてもその後の治療などは自己負担になってしまう可能性があります。

物損事故から人身事故への切り替えも可能ですが、警察への届け出を7~10日以内に行う必要があります。

なので、早期に対応していかなければなりません。

むちうちになってしまってから、首の痛みで悩ませる方、ひどければ頭痛、吐き気で悩ませる方も多くいます。

早期に治療し症状を改善していくことが今後の生活のためにも重要になってきます。
当院ではむちうちなどの治療に特化したトリガーポイント治療は関節調整法も行っています!

痛みで悩まないためにも是非一度当院までご相談ください!

交通事故でお困りの奥戸・立石・東新小岩の方はまつなが鍼灸整骨院まで!

2017.09.27 | Category: 交通事故証明,病院,肩の痛み,葛飾区立石

こんにちは!

まつなが鍼灸整骨院の宮原です!

本日は、交通事故の示談交渉について書いていきたいと思います!

交通事故では、受けた被害について補償を請求する際、「示談」という形で加害者と交渉を行います。この時、全てに法律が関係してきます!

そして、受け取る補償額も、「示談交渉」次第で変わってきます!

法律が関係するので、間に弁護士さんが入ることがほとんどです。

「示談交渉」というのは、治療期間、補償額に大きく関わる事項です!

ここまでの事を聞くとすごく大切なんだ!と思いませんか?

よくわからない方が多いと思いますが、それだと、損をしてしまう可能性もあります。

分からない点・疑問点など何かあれば、お気軽にお問い合わせください!

交通事故による外傷のことならまつなが鍼灸整骨院にご相談ください!

2017.09.25 | Category: ムチ打ち治療,交通事故専門治療,交通事故証明,整骨院,病院,肩の痛み,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは。まつなが鍼灸整骨院の町田です。
今回は交通事故での「外傷」についてです。

交通事故でのケガには頭部、顔面、頸部、胸腹部臓器、耳、眼、鼻、上肢、下肢、精神、神経など様々なところをケガしてしまい、障害が残ってしまうことがあります。

頭部、顔面での外傷には
① 外傷性顎関節損傷(顎関節捻挫)
急性で強い衝撃性の外力によって起きます。
顎関節を構成する靱帯、関節包、関節円板の損傷であり骨折を伴いません。
② 頭部、顔面部打撲
直接打撃を受け起きます。
頭部および顔面部は血行が盛んなため皮下出血量が多いです。

胸部での外傷には
① 肋骨骨折、肋軟骨骨折
肋骨は外力を受けやすく交通事故での骨折が発生しやすいです。
1本の肋骨が2か所以上で折れ、これが数本の肋骨に及ぶと胸壁の支持性が失われるため、胸壁動揺がみられ呼吸困難になります。
また、胸膜が損傷されることにより、外傷性気胸になることもあります。呼吸困難が強く、心拍出量の低下、血圧低下により死に至る場合もあります。
ほかにも血胸、内臓損傷などがあります。
② 胸骨骨折
交通事故のハンドル損傷、シートベルト損傷などで発生します。
シートベルトの普及に伴いハンドル損傷よりシートベルト損傷を原因とするものが増加しています。
症状としては皮下出血斑、腫脹、圧痛、呼吸時の激痛などがあげられます。
合併症として心挫傷、心タンポナーデ、血胸、胸管損傷、肋骨・頸椎・胸椎骨折、臓器損傷などがあります。

脊椎での外傷には
① 歯突起骨折
後頭部や前頭部を強打し、頸部に大きな前に曲げたり後ろに倒したりする力が交通事故などにより発生します。
② 軸椎関節突起間骨折
ハングマン骨折ともいい、交通事故などによる伸展圧迫力または屈曲圧迫力で起こることが多いといわれています。
③ チャンス骨折
交通事故などで起こる骨折ですが、比較的頻度は低い骨折です。
2点シートベルトを装着した状態での衝突事故などで起きる骨折です。
ほかにも頸椎の脱臼やむちうち損傷、外傷性腕神経叢麻痺などがあります。
上肢での外傷には
① 鎖骨骨折
② 肩関節脱臼
③ 腱板損傷
④ 上腕骨近位端骨折
⑤ 上腕骨遠位端骨折
⑥ 肘関節脱臼および脱臼骨折
⑦ 前腕骨骨折
⑧ Galeazzi(ガレアッチ)骨折
⑨ 手関節部骨折(橈骨遠位端骨折、手根骨骨折・脱臼)
⑩ 上肢の神経麻痺(橈骨神経麻痺、尺骨神経麻痺、正中神経麻痺)
などがあります。
下肢での外傷には
① 骨盤骨折
② 外傷性股関節脱臼・骨折
③ 大腿骨頸部骨折・転子部骨折
④ 大腿骨骨幹部骨折
⑤ 外傷性膝関節脱臼
⑥ 前十字靱帯損傷(ACL損傷)
⑦ 後十字靱帯損傷(PCL損傷)
⑧ 内側側副靱帯損傷(MCL損傷)
⑨ 半月板損傷
などがあります。
精神、神経での外傷には
① 中枢神経系の障害
ここでの障害は高次脳機能障害があり、
・記憶力や注意力、集中力の低下
・人格の変貌
・対人関係の維持ができない
・自己中心的、固執性になる
② 脊髄の障害
③ 末梢神経麻痺
・手根管症候群
・尺骨神経管障害(ギヨン管症候群)
・橈骨神経麻痺
・尺骨神経麻痺
・正中神経麻痺
④ 外傷性てんかん
などがあります。
交通事故に遭うと上記にあげたようなケガが一気に起きてしまいます。
事故が起こらないように日頃から周りをよく見ることが大切になってきます。

交通事故でお困りの奥戸・立石・東新小岩の方はまつなが鍼灸整骨院まで!

2017.09.21 | Category: 交通事故証明,病院,肩の痛み,葛飾区立石

こんにちは!

まつなが鍼灸整骨院の宮原です!

 

交通事故

 

今回は交通事故の中でも「加害者」について書いていきたいと思います。

 

不慮の事故で加害者になってしまい、体の痛みはあるが治療に行くのをためらってしまっている方はいませんか?

 

過失割合が10:0でなければ自賠責保険が適用できる可能性があります。

 

被害者でも加害者でも交通事故によって怪我を負ってしまった、という事実は変わりません。自賠責保険自体も、交通事故で怪我をしてしまった人、に対する保険なので被害者加害者は関係ありません。

 

ただし、過失割合が7割以上になると補償金が減額となってしまうのでご注意ください。

 

自賠責保険だけでなく、任意保険に加入している方はそちらを利用して窓口負担金を0円で受けていただける可能性もあるので一度相談することをお勧めします。

 

交通事故の痛みは、その場で痛みがなくても時間がたったのちに症状が出ることも多く、また、それが長引いてしまうケースも多いです。

 

加害者側になってしまい、被害者への補償などで気も張りつめてしまい自分のことは後回しになってしまいがちですが、交通事故によって怪我をしてしまったという事に変わりはありません。

 

なので、お体のことは私たちにご相談いただければ、今後の生活で支障が出ないように治療をさせていただければと思います!

 

交通事故で怪我をされてしまった方も数多くご来院されており、トリガーポイント治療という痛みの原因を改善していく治療や、むち打ちなど交通事故で発生しやすい怪我に対する関節の調整などを行い症状の早期改善に努めています!

 

お一人で悩まずにぜひ一度ご相談ください!

交通事故でお困りの奥戸・立石・東新小岩の方はまつなが鍼灸整骨院まで!

2017.09.19 | Category: ムチ打ち治療,交通事故専門治療,交通事故証明,整骨院,病院,肩の痛み,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは。まつなが鍼灸整骨院の町田です。

今回は「バイク事故」についてです。

 

バイク事故

交通事故は自動車だけではありません。歩いている時、自転車に乗っている時、バイクに乗っている時、いつどんな時に交通事故に遭うかわかりません。

今日はバイク事故についてお話しします。

 

バイク事故とはどういうものでしょう?

バイク事故はバイクが当事者になっている交通事故のことであり、単車事故とも呼ばれています。

バイク(単車)とは、自動二輪車のことですが、原動機付自転車も含まれます。

 

事故の種類として、

  • バイク同士の事故
  • バイクと自転車の事故
  • バイクと歩行者の事故

があります。

 

では、バイク事故と自動車事故の違いは?と思う方がいると思います。

違いはどこにあるのでしょう。比較していきたいと思います。

  • 事故率、死傷率が高い

バイクは、自動車より事故率がとても高いです。

自動車と違い、ドライバーの身を守るものが極端に少ないため、衝突による転倒で命を落としてしまいます。

原付の場合重傷になる危険性が自動車の約5倍になります。

自動二輪車の場合、死亡事故になる危険性が自動車事故の約7倍以上、重傷になる危険性が約10倍にもなります。

 

バイク事故での死亡や重傷は重大な結果の発生や、ヘルメットの脱落が起こることも多いといわれています。

 

  • 死亡原因

次に死亡原因を紹介します。

最も多いといわれるのが頭部の負傷です。これは全体の42.8%になります。

髄で胸部が27.8%となります。

負傷部位は最も多いのが脚部の35.6%、腕部が22.2%、顎部が16.1%となっています。

頭部の負傷は5.4%、胸部は7.1%です。

このことから頭・胸の部分を負傷すると死亡やケガなど重度な事故につながりやすいことになります。

 

  • 対策方法

上記のことを踏まえると、バイクに乗車するときはヘルメットの着用が必ず必要になり、大切だということがわかります。

ヘルメットも「ただかぶるだけ」ではなく、きちんとかぶることが自身の身を守ることにつながります。

また、できれば胸部のプロテクターなどの着用も安全性を高めることができます。

 

  • 保険について

バイク事故では、通常の自動車事故とは保険の取り扱いが異なります。

なので、自動車保険に加入していてもバイク事故の損害はカバーすることが出来ません。

バイクに乗られる方は万が一の事故に備え特別にバイク用の保険に加入することをお勧めします。

 

事故に遭った時の慰謝料は?損害賠償請求は?と思われると思います。

バイク事故に遭った場合、損害賠償金の計算方法は、基本的に自動車事故と同じになります。

バイクの破損や物損が発生したら、相手に対しその修理代などの支払い請求ができます。

ケガをした場合、傷害結果(人身損害)についての損害賠償請求ができます。

具体的に、病院での治療費、交通費、付添看護費、休業損害、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益などの支払いを請求することが出来ます。

これらも自動車事故の場合と計算方法は同じになります。

 

損害賠償金の計算方法は自賠責基準と任意保険基準、弁護士・裁判基準の3種類があり、この中で弁護士・裁判基準が最も高額になります。

 

また請求方法も自動車事故の場合と同じになります。

手順としては

  • 症状固定まで通院を継続します。

  • 相手方の任意保険会社との間で示談交渉を開始します。

交渉においては慰謝料などの各損害の項目を検討し具体的にいくらの損害が発生しているのかを明らかにします。

  • 過失相殺を行い、最終的に定まった惨害賠償金の支払いを受けます。

  • 最終的に損害賠償請求訴訟において裁判所が損害賠償額について判決があれば、その内容に従って相手方任意保険会社から損害賠償金の支払いを受けることができます。

このような手順で行われます。

 

バイクでの事故をおこさないためにも、自身での対策や周りの方も気を付けることが必要となってきます。

今一度交通ルールの確認と、安全運転が必要となってきます。

交通事故でお困りの奥戸・立石・東新小岩の方はまつなが鍼灸整骨院まで!

2017.09.19 | Category: ムチ打ち治療,交通事故専門治療,交通事故証明,整骨院,病院,肩の痛み,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは。まつなが鍼灸整骨院の町田です。

今回は「バイク事故」についてです。

 

バイク事故

交通事故は自動車だけではありません。歩いている時、自転車に乗っている時、バイクに乗っている時、いつどんな時に交通事故に遭うかわかりません。

今日はバイク事故についてお話しします。

 

バイク事故とはどういうものでしょう?

バイク事故はバイクが当事者になっている交通事故のことであり、単車事故とも呼ばれています。

バイク(単車)とは、自動二輪車のことですが、原動機付自転車も含まれます。

 

事故の種類として、

  • バイク同士の事故
  • バイクと自転車の事故
  • バイクと歩行者の事故

があります。

 

では、バイク事故と自動車事故の違いは?と思う方がいると思います。

違いはどこにあるのでしょう。比較していきたいと思います。

  • 事故率、死傷率が高い

バイクは、自動車より事故率がとても高いです。

自動車と違い、ドライバーの身を守るものが極端に少ないため、衝突による転倒で命を落としてしまいます。

原付の場合重傷になる危険性が自動車の約5倍になります。

自動二輪車の場合、死亡事故になる危険性が自動車事故の約7倍以上、重傷になる危険性が約10倍にもなります。

 

バイク事故での死亡や重傷は重大な結果の発生や、ヘルメットの脱落が起こることも多いといわれています。

 

  • 死亡原因

次に死亡原因を紹介します。

最も多いといわれるのが頭部の負傷です。これは全体の42.8%になります。

髄で胸部が27.8%となります。

負傷部位は最も多いのが脚部の35.6%、腕部が22.2%、顎部が16.1%となっています。

頭部の負傷は5.4%、胸部は7.1%です。

このことから頭・胸の部分を負傷すると死亡やケガなど重度な事故につながりやすいことになります。

 

  • 対策方法

上記のことを踏まえると、バイクに乗車するときはヘルメットの着用が必ず必要になり、大切だということがわかります。

ヘルメットも「ただかぶるだけ」ではなく、きちんとかぶることが自身の身を守ることにつながります。

また、できれば胸部のプロテクターなどの着用も安全性を高めることができます。

 

  • 保険について

バイク事故では、通常の自動車事故とは保険の取り扱いが異なります。

なので、自動車保険に加入していてもバイク事故の損害はカバーすることが出来ません。

バイクに乗られる方は万が一の事故に備え特別にバイク用の保険に加入することをお勧めします。

 

事故に遭った時の慰謝料は?損害賠償請求は?と思われると思います。

バイク事故に遭った場合、損害賠償金の計算方法は、基本的に自動車事故と同じになります。

バイクの破損や物損が発生したら、相手に対しその修理代などの支払い請求ができます。

ケガをした場合、傷害結果(人身損害)についての損害賠償請求ができます。

具体的に、病院での治療費、交通費、付添看護費、休業損害、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益などの支払いを請求することが出来ます。

これらも自動車事故の場合と計算方法は同じになります。

 

損害賠償金の計算方法は自賠責基準と任意保険基準、弁護士・裁判基準の3種類があり、この中で弁護士・裁判基準が最も高額になります。

 

また請求方法も自動車事故の場合と同じになります。

手順としては

  • 症状固定まで通院を継続します。

  • 相手方の任意保険会社との間で示談交渉を開始します。

交渉においては慰謝料などの各損害の項目を検討し具体的にいくらの損害が発生しているのかを明らかにします。

  • 過失相殺を行い、最終的に定まった惨害賠償金の支払いを受けます。

  • 最終的に損害賠償請求訴訟において裁判所が損害賠償額について判決があれば、その内容に従って相手方任意保険会社から損害賠償金の支払いを受けることができます。

このような手順で行われます。

 

バイクでの事故をおこさないためにも、自身での対策や周りの方も気を付けることが必要となってきます。

今一度交通ルールの確認と、安全運転が必要となってきます。

交通事故の保険関係でお悩みの奥戸・立石・東新小岩の方はまつなが鍼灸整骨院まで!

2017.09.01 | Category: ムチ打ち治療,交通事故専門治療,整骨院,病院,葛飾区奥戸

こんにちは!まつなが鍼灸整骨院の西田です!

 

今回は 「自賠責保険」についてです。

まず、交通事故に遭ったら警察に連絡し、
保険会社に連絡してください!

その後、当院に受診していただくと
サポートさせていただきます!

今日は、保険のことについて説明させていただきます。

自賠責保険と任意保険がありますが

自賠責保険とは、自動車を運転する人が必須として加入する強制加入保険となります。

交通事故によって負傷した被害者は、法令で決められた金額を限度として自賠責保険により補償を受けることができます。

同乗者の方は、補償を受けれないと思われがちですが、基本同乗者の方も補償を受けることができます!

治療費の負担は0円で受診することができるので、しっかり後遺症が出ないうちに受診することをオススメします!

むちうちでお悩みの奥戸、立石、東新小岩の方 まつなが鍼灸整骨院まで!

2017.08.31 | Category: ムチ打ち治療,交通事故専門治療,整骨院,病院,肩こり・頭痛,肩の痛み,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!まつなが鍼灸整骨院の西田です!

今回は「むちうち」についてご紹介します。

むちうちは、車に衝突された際に頸に不自然な力が加わり、頸の筋肉が緊張してしまうことが原因で、「首が痛い・首が回らない」などといった症状が現れます。

この症状は個人によって様々な症状があります。

むちうち症状は交通事故後すぐに現れるのではなく、数日後、数か月後に症状が現れる場合があります。

症状として、首が痛い・首が回らないというだけでなく、めまいや吐き気、だるさなど、関連のなさそうな症状も出てきます。

交通事故後いつもと違う身体の異変を感じたら一度医療機関へ受診してみましょう。

私たち、接骨院の柔道整復師はむちうちなどの急性外傷の専門家です。交通事故に遭ってしまったら一度ご相談ください。