TEL

Blog記事一覧 > 肩こりの記事一覧

家事による肩の痛み

2018.04.18 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

普段お家でのお仕事をしているときに肩が痛くなったりしませんか?
今回は家事による肩こりについてお話ししていきたいと思います。

みなさんのなかで「家事」ときくと、炊事・洗濯・掃除を主に思い浮かべると思います。
これらの共通点として手指や腕をよく使うという点があります!!

手指や腕を酷使してなぜ肩こりが起こるのか?

それは、肩が腕の支持起点になっているからです。
腕の重みがあるため、その重さを維持しなければなりません。
そのため腕に負担がかかると肩にも負担がかかり痛みが出てしまうのです。
維持するためには肩周りの筋肉の強化が必要になります。
筋肉をつけることによって、腕の重さを支えることができます。

肩周りの筋肉をつけるためにはペットボトルを使って行いましょう!
500mlのペットボトルを2つ用意し、水を入れます。
これを両手に持って肩を上げ下げします。

肩をしっかりあげて、ストンと下ろします。
これを10回繰り返し行い方を上げるときに使う僧帽筋をきたえることができます。

腕を支えるだけのために筋肉を付けるのもそうですが、筋肉が付くことで、血流がよく流れるようになります。

もし心当たりがある方は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院に一度ご相談ください!

肩こりには猫背矯正

2018.04.06 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

肩こりの原因の1つに「猫背姿勢」というものがあります。
猫背姿勢は、首に負担がかかり続け、慢性的な肩こりになります。
肩こりを治すためには、マッサージや運動もそうですが、まずは姿勢を治しましょう。

猫背の姿勢は、なぜ起こるのかというと、デスクワークやスマートフォンの操作が多くなった最近よく首を下に向けたり顎を突き出す状態でることが多くなってしまい、首や肩に負担がかかってしまいます。
また、猫背になってしまうと肩が段々前に出てきます。そうすると胸筋が硬くなってしまいます。肩甲骨周りの筋肉は引っ張られてしまい、肩こりにつながります。

座ってできる解消法!
1:肛門を閉める
2:息を長く吐く
3:息を吸う
肛門を閉めることによって、下腹部に力が入り、背筋がのびます。
また、息を長く吐き吸うことで交感神経が優位になり肩こりの解消につながります。
また、猫背の改善にもつながります。
下腹部にある丹田に力を入れるイメージで座っていることが大切です。
ただこれだけのことで、姿勢が解消されます!

他にも、運動で治すことができます。
手のひらを広げて、大きく前にのばします。
肩甲骨を使って腕を開き背の肉をしぼるように腕を動かします。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、肩こりの症状をよくするために姿勢の改善を行ったりしています。

肩こりには筋トレ!

2018.03.30 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!
肩こりでお悩みの方!はいませんか?

今日は肩こりについてお話ししていきたいとおもいます。

皆さんは肩こりはどんな状態かご存知ですか?

筋肉全体が張っている状態のことをいいます。

筋肉トレーニングやランニングをした時、筋肉がパンパンになりませんか?

その状態が肩の周りの筋肉に起こるのが肩こりなのです。

ですが、本当に筋肉が張っているだけでしょうか?

ただ張っているということではなく、もしかしたら、筋肉自体に傷などが付いている可能性もあります!!

その傷のせいで今の方の症状が出ているのかもしれません。

張っているだけなのか、傷が付いてしまっているかを調べるにはわたくしたちにお任せください!

今は、肩こりがないという方もそうでない方も、筋肉が張ってしまうのは筋力が足らないからだと思います!
筋肉が足りないと、筋肉に対してかかる負担に耐えられないのです。

トレーニングをして筋力をつけた方が肩こりになりやすいのでは?と思う方がいると思います。
そんなことはありません!!
筋力は身体を支えるために重要な役割をしています。

みなさん!トレーニングをして肩こり知らずの身体を目ぜしましょう!!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、肩こりの治療を得意とするスタッフがいます。
安心して施術を受けてください。

肩こりがよくなるには?

2018.03.17 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは。

本日は肩こりについてお話します。

みなさんここ最近、肩が重だるいことやずーんと痛む、常に肩に岩が乗っかっているような感じがするなどを感じることはありませんか?

それは肩こりかもしれません。

肩こりの原因として様々です。
1.仕事や家事などの心身的なストレス
2.肉体労働やスポーツなどによる筋肉疲労
3.偏食など栄養不足
4.長時間のパソコン作業
5.夜更かしや睡眠不足などの不規則な生活
6.内臓疾患からくるもの
7.不良姿勢
などがあります。

肩こり1つにしてもその人の生活習慣によって原因は様々です。

まずは心身の疲労から取るようにしましょう!

症状として多いのは、目が疲れやすい、頭が重い、食欲がない、記憶力、集中力に欠ける、イライラなど、内因的なことが挙げられます。
これが出ている人は仕事や日常生活に影響が出てより過ごし辛くなってくると思います。

まずは休養を取るようにしましょう。

ただ、現代はなかなか休める時間はないと思うので、日常のちょっとした時間に休養を上手にとり、栄養補給と疲れを溜めない身体作りをしましょう。

まずは睡眠が一番大切です。十分な睡眠をとりましょう。
続いて栄養補給や軽めの運動、ストレッチ、入浴などが上がってきます。

筋肉に柔軟性をつけておくことで肩のハリ感だったり、コリ感はだいぶなくなって肩の症状も落ち着いてくると思います。

少しめんどくさいですが、騙されたと思って行ってみていただくと違いが徐々にですがみえてくると思います!

ご自身でやっても取れない頑固な肩の痛みは葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨まで!

血行改善法

2018.03.09 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!
肩こりの原因はいろいろあります。
中でも、血流の流れが一つポイントになってきます!

ご自宅でもできる血行改善法をご紹介していきたいと思います!

肩こりは肩周りの血行不良が原因と言われています。
血行を改善させるためには、マッサージを行うことで、筋肉がほぐれて血液の流れがよくなります。
老廃物は血液の流れにのせて押し流すことができます。

どんなことがあると思いますか?
1電子レンジで温めたタオルを両肩と首元にかかるように乗せ首の後ろで手を組みます。
2「温まった」、「ほぐれた」と感じるまで行いましょう。
肩と首元を温めることにより、肩の血行が改善されます。
筋肉がほぐれ、肩こりがとても楽になります。
また、筋肉をほぐすことで、マッサージをしたときと同じ効果が表れます。

蒸しタオルを乗せたままで首の後ろにある窪みをご自身の指を使ってゆっくり押してみてください。
押した後は、つまむように刺激します。
このことで、血流の改善やリンパをほぐすことになります。
温めて行うことで、マッサージ効果の増大につながります。

温めた後は、首を右左交互にゆっくり3回ずつ回し、首周りのリンパ節をほどよく刺激します。肩甲骨を意識しながら、前後に大きくゆっくり3回ずつ回します。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨で肩こりをよくして楽なりませんか?

悪い姿勢による肩こり

2018.03.02 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

姿勢が肩こりをつくっているということをご存知ですか?

今回は「悪い姿勢による肩こり」についてお話ししていきたいと思います。

座っている時などに、猫背のような背中が丸くなり、顔だけが前に突き出してしまう姿勢になると、前に傾いた頭を支えるために、
首や肩の筋肉には大きな負担がかかってしまいます。
この負担が大きければ大きいほど、肩こりの原因になるのです。

また、足を組んで座るのもおすすめできません!
一見、足と肩は離れているので無関係だと思われがちですが、足を組んで座ると骨盤が歪みやすく、背骨や首に負担がかかります。
骨盤の歪みや腰痛に影響を及ぼしますが、肩こりを招く恐れもあるのです!

ほかにも、肘をついて机に座る姿勢や、手の平を顎の下において、肘を机の上に置く姿勢も良くありません。
この姿勢は、きっと授業中の姿勢ではないでしょうか?

このことにより、腰から上半身がねじれた状態となるため、身体のバランスが崩れて肩こりの大きな要因のひとつになるとも言われています。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、身体の歪みを治して肩こりの症状をよくしています。
また、姿勢の矯正を行うことで、今後に痛みを残さないような治療も行っています。

肩こりの原因

2018.02.24 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

肩こりの原因は何だと思いますか?

長年肩こりに悩まされている方はたくさんいます。
当院に治療に来ている方も、肩こりの症状でお困りの方がたくさんいます。

ただ、肩に痛みがあっても肩自体に原因がないこともあります。
ではどこにあるのでしょう?

肩が痛くなると、首や肩甲骨の周りも痛くなったりしませんか?
これが原因の一つになるのです!

首の筋肉は頭の付け根から肩甲骨についています。
肩の筋肉も同じような所からついています。
重たいものをずっと片方に持っていたり、不良姿勢でテレビなどを見ていることによって肩の筋肉が段々緊張してきてしまいます。
それと伴い首の筋肉も緊張してきます。
肩には、僧帽筋、棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋、大円筋、三角筋などたくさんの筋肉がついています。
これらは、腕をあげたり、横に伸ばしたり、肩を引いたりするときに使います。
筋肉が緊張状態になってしまうと動きが悪くなってしまいます。
動きが悪い、動かすと痛いなどの症状があると、動かさなくなってしまい、血流が悪くなってしまいます。
そのため、肩こりにつながるのです。

長年の肩の痛みでお困りの方!!
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨で楽になりませんか?

筋肉の傷

2018.02.15 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
肩に重りがのっかている方はいませんか?

本日は「肩こり」についてお話ししていきたいと思います。

みなさんは長時間椅子に座ってパソコン作業や細かい作業をして肩が痛くなったり、パンパンに張ったといった経験はありますか?

特に最近はデスクワークの方が増えてきてこういう悩みを持つ方がとても増えてきました。

常に同じ姿勢で座っていると姿勢を保とうとする筋肉が肩周りにあるので、負担が集中してしまうのです。

結果、肩周りの筋肉が負担に耐えられずに徐々に傷がついていきます。

筋肉の傷は大抵は治ると言われています。

ただほとんどの方は、負担がかかって傷がついて治りきる前にまた次の日負担がかかっての繰り返しにより肩こりの症状が出てしまっています。

これを繰り返して治ると思いますか?
いいえ、悪化するだけなのです。

肩凝りはただの「コリ」ではなく「筋肉の傷」なのです!!

放っておくとどんどん悪化し、痛みを伴うようになってしまいます。
それではみなさんがつらいだけです。

そうなる前に一度葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨までご相談ください。
一緒に肩こりによる痛みや、つらさ、重だるさを取り除きましょう!

肩こりでお悩みの方必見

2018.01.31 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

肩こりでお悩みの方は、肩の筋肉のバランスが悪いかもしれません。
まずは筋肉を鍛えてみませんか?

肩のインナーマッスルを鍛えます。

肩こりの原因は首や肩に負担がかかり、筋肉が疲労したり、緊張状態にあることが肩こりの原因と言われています。
肩の筋肉を鍛えれば、首や肩への負担に耐えられるようになり、肩こりになりにくい身体をつくることができます!

肩の強化、柔軟性の向上に有効なエクササイズをお伝えします。
トレーニングチュウーブを使います。
ない場合は、バスタオルでも大丈夫です!

1.両手でチューブを持ちます。
2.幅を保ったまま、脚の付け根からお尻につくようにあたるように頭の上を通すように行います。
3.次に幅を短くして持ち、頭の上に挙げます。
4.身体はそのままで、腕だけ左右に動かしていきます。
5.これをトレーニングの前後に10回を2セット行いましょう。

座った状態で行う場合は
1.肘をわきに付け、小さな前ならえをします。
2.掌を上に向けます。
3.脇から肘を離さないように腕を広げていきます。
4.ゆっくり戻します。
5.10回2セット行います。

どちらのトレーニングも、ゆっくり行いましょう。
また、呼吸を止めないようにしましょう。

インナーマッスルを鍛えることは、肩を支える筋肉を鍛えることになります。
今までかかっていた首・肩の負担を軽減させることができます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨でしっかり痛みのでにくい身体を作りましょう。

肩甲骨改善

2018.01.30 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんの肩こりの原因を作っているのは、実は肩甲骨なのです!

次の症状に当てはまりますか?
・猫背といわれることが多い
・ブラジャーのホックを前側でつけてから後ろへ回すことが多い
・いつも背中の真ん中あたりにこりを感じる
・背中の対角線上で、自分の左右の手をつなげない
・直角に曲げた腕の両ひじをつけて、水平以上の高さに上げられない
・直立の状態で体の後ろで両手を握り、握った手を腰骨の高さまで上げられない
どれか1つにでも当てはまったら、肩甲骨の動きが悪くなっている可能性があります!

肩甲骨の動きが悪くなると、身体だけでなく顔にも影響が出てきてしまいます。
「たるみ」を及ぼしてしまいます!
原因は、肩甲骨が固まったことや姿勢の影響で猫背になってしまうと、顎も下に引っ張られてしまいます。
そのため、たるみにつながってしまいます。

肩甲骨の周りの筋肉がこり固まってしまうことにより、胸が締め付けられてしまい十分に呼吸をすることが出来なくなってしまいます。
これは締め付けられることにより、胸がスムーズな動きを失ってしまうからです。
肩甲骨の動きが出ることにより、自然な深い呼吸ができるようになります。

マッサージだけでなく、運動も一緒に行うことが大切です!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、トリガーポイントマッサージを行い症状の改善を行っています。