TEL

Blog記事一覧 > 肩こりの記事一覧

筋肉の傷

2018.02.15 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
肩に重りがのっかている方はいませんか?

本日は「肩こり」についてお話ししていきたいと思います。

みなさんは長時間椅子に座ってパソコン作業や細かい作業をして肩が痛くなったり、パンパンに張ったといった経験はありますか?

特に最近はデスクワークの方が増えてきてこういう悩みを持つ方がとても増えてきました。

常に同じ姿勢で座っていると姿勢を保とうとする筋肉が肩周りにあるので、負担が集中してしまうのです。

結果、肩周りの筋肉が負担に耐えられずに徐々に傷がついていきます。

筋肉の傷は大抵は治ると言われています。

ただほとんどの方は、負担がかかって傷がついて治りきる前にまた次の日負担がかかっての繰り返しにより肩こりの症状が出てしまっています。

これを繰り返して治ると思いますか?
いいえ、悪化するだけなのです。

肩凝りはただの「コリ」ではなく「筋肉の傷」なのです!!

放っておくとどんどん悪化し、痛みを伴うようになってしまいます。
それではみなさんがつらいだけです。

そうなる前に一度葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨までご相談ください。
一緒に肩こりによる痛みや、つらさ、重だるさを取り除きましょう!

肩こりでお悩みの方必見

2018.01.31 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

肩こりでお悩みの方は、肩の筋肉のバランスが悪いかもしれません。
まずは筋肉を鍛えてみませんか?

肩のインナーマッスルを鍛えます。

肩こりの原因は首や肩に負担がかかり、筋肉が疲労したり、緊張状態にあることが肩こりの原因と言われています。
肩の筋肉を鍛えれば、首や肩への負担に耐えられるようになり、肩こりになりにくい身体をつくることができます!

肩の強化、柔軟性の向上に有効なエクササイズをお伝えします。
トレーニングチュウーブを使います。
ない場合は、バスタオルでも大丈夫です!

1.両手でチューブを持ちます。
2.幅を保ったまま、脚の付け根からお尻につくようにあたるように頭の上を通すように行います。
3.次に幅を短くして持ち、頭の上に挙げます。
4.身体はそのままで、腕だけ左右に動かしていきます。
5.これをトレーニングの前後に10回を2セット行いましょう。

座った状態で行う場合は
1.肘をわきに付け、小さな前ならえをします。
2.掌を上に向けます。
3.脇から肘を離さないように腕を広げていきます。
4.ゆっくり戻します。
5.10回2セット行います。

どちらのトレーニングも、ゆっくり行いましょう。
また、呼吸を止めないようにしましょう。

インナーマッスルを鍛えることは、肩を支える筋肉を鍛えることになります。
今までかかっていた首・肩の負担を軽減させることができます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨でしっかり痛みのでにくい身体を作りましょう。

肩甲骨改善

2018.01.30 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんの肩こりの原因を作っているのは、実は肩甲骨なのです!

次の症状に当てはまりますか?
・猫背といわれることが多い
・ブラジャーのホックを前側でつけてから後ろへ回すことが多い
・いつも背中の真ん中あたりにこりを感じる
・背中の対角線上で、自分の左右の手をつなげない
・直角に曲げた腕の両ひじをつけて、水平以上の高さに上げられない
・直立の状態で体の後ろで両手を握り、握った手を腰骨の高さまで上げられない
どれか1つにでも当てはまったら、肩甲骨の動きが悪くなっている可能性があります!

肩甲骨の動きが悪くなると、身体だけでなく顔にも影響が出てきてしまいます。
「たるみ」を及ぼしてしまいます!
原因は、肩甲骨が固まったことや姿勢の影響で猫背になってしまうと、顎も下に引っ張られてしまいます。
そのため、たるみにつながってしまいます。

肩甲骨の周りの筋肉がこり固まってしまうことにより、胸が締め付けられてしまい十分に呼吸をすることが出来なくなってしまいます。
これは締め付けられることにより、胸がスムーズな動きを失ってしまうからです。
肩甲骨の動きが出ることにより、自然な深い呼吸ができるようになります。

マッサージだけでなく、運動も一緒に行うことが大切です!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、トリガーポイントマッサージを行い症状の改善を行っています。

首肩つながっています

2018.01.30 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!
みなさんは肩に痛みを感じたことはありませんか?
お仕事中の姿勢を思い出してみてください。
首が前に出て背中が丸まっていませんか?
その肩の痛みは、もしかしたら姿勢からくるものかもしれません!
不良姿勢とは、猫背姿勢のことをいます。
猫背姿勢は、頭と肩が前に出て、背中が丸まっている状態をいいます。
デスクワークやスマートフォンの操作を長時間、同じ姿勢で行うことによって、だんだんとできてしまいます。
始めは良い姿勢でやっているのに気づいたら、首だけが前に出ているということはありませんか?
首にある筋肉が伸ばされることにより肩の筋肉にも負担がかかり、痛みの原因になります。
また、伸ばされた筋肉は固くなってしまい、血流が悪くなってしまうのです。
血流が悪くなると、なかなか痛みを改善できません。

肩に痛みがでているだけでなく、首にも影響はあります。
首にはたくさんの神経があります。
固くなった筋肉がその神経を圧迫することにより、痺れや、運動障害を起こしてしまいます。

そうならないためにも、運動やストレッチを日ごろからやることが予防に解消になります。
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨にお越しください。

痛い、重たい

2018.01.29 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

肩こりとは?
と思う方はいませんか?
肩が痛いことが肩こりなのでしょうか。

「肩が痛い」方はきっとたくさん調べていると思います。
原因について本日はお話ししていきたいと思います。

肩こりになる原因としては
・長時間による首や背中が緊張するような姿勢
・猫背、前かがみなどの姿勢の悪さ
・ショルダーバック
・冷房
などが原因とされています。

姿勢が影響していることは何となくわかると思います。
ショルダーバックや冷房はどうしてだと思いますか?

カバンを同じ方向にかけていませんか?
バランスを保とうとして、身体が歪んでしまうことや、肩から落ちないように力が入ってしまい、それが影響して筋肉が固くなてしまいます。
また、冷房は寒すぎると筋肉に力が入ります。さらに血流が悪くなってしまいます。

近年ではデスクワークやスマートフォンが普及しているため、会社でもご自宅でも、通勤でもずっと同じ姿勢で長時間にわたり画面を覗き込むような姿勢や、ずっと見続けるという姿勢が多くなってきているため、肩こりになりやすくなっています。

これらが原因で頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉である、肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋・板状筋・脊柱起立筋の持続的緊張によって筋肉が固まります。
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、お仕事中などにどのように負担がかかっているか、ご自宅でもできるストレッチもお伝えさせていただいています。

日常生活の見直しを

2018.01.23 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

みなさんの中で、「肩が痛い」「肩がだるい・重たい」と思う方はいませんか?

その肩の痛みの原因は普段の生活からくるものかもしれません。

テレビを見るときやお仕事中の姿勢、荷物の持ち方一つとっても痛みがでてしまうのです。

テレビを見るとき、どのような姿勢でみていますか?
椅子に座ってやソファーに座って、または、横になった状態でみていませんか?
姿勢よく椅子やソファーで見ているのは肩に負担がかかりしくいですが、背もたれによりかかるとき、姿勢が悪くなっていませんか?
その姿勢が、肩こりの原因になってしまうのです。
また、横になって見てているとき、どちらかの目が下になりますよね?
ヒトの情報は目や耳から情報が入ってきます。片目しか使わずテレビを長時間見ていることで、目に疲れがたまってきてしまいます。
そのことによって、肩にも疲れがたまってしまい、痛みやだるさにつながってしまうのです。

お仕事中の姿勢は、初めは良い姿勢でデスクワークを行っていると思いますが、段々と姿勢が崩れてしまうという経験があると思います。
ヒトの頭は5~6㎏あるといわれています。その頭を支えているのが、首の筋肉です。
じゃあ、首が痛くなるのでは?と思う方がいると思いますが、首の筋肉は肩につながります。
もちろん首にも負担はかかってしまいますが、肩にも負担がかかっているのです。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、肩こりの原因となるトリガーポイントマッサージを行いお仕事や日常生活に影響が出ないようにしています。

胸筋をほぐす

2017.12.28 | Category: 整骨院,未分類,肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

みなさんはどんな時に「肩がこった」と感じますか?
本日は、肩こりについてお話ししていきたいと思います。

肩こりの一番の原因は「猫背姿勢」です!
猫背の症状は肩こりを助長させるものがあります。

肩こりになってしまうと、肩周りの筋肉が固くなってしまうため、血行が悪くなります。
猫背姿勢の場合、デスクワークやスマートフォンの操作が多くなっているため、身体の前での作業が多く、背中の筋肉が伸ばされてしまいます。
そうなってしまうと、胸の筋肉である「胸筋群」が縮んでしまい固まってしまいます。
胸の筋肉が肩こりに影響あるの?と思う方もいると思います。
ですが、固くなってしまと、先ほども説明してように血流が悪くなってしまいます。
胸を開いて、血流をよくするために、胸周りのストレッチを行いましょう!!

胸筋群は大胸筋と小胸筋からできています。

このストレッチでは、壁を使います。
壁に腕と手をくっつけ、胸を開くようにして伸ばしていきます。
伸ばしているときは、呼吸を止めずに行いましょう!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、肩こりの原因になっている猫背姿勢の矯正を行っています。
今年のうちに猫背姿勢と肩こりにさようなら!しませんか?

ガチガチ肩甲骨

2017.12.21 | Category: 整骨院,肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

肩がズーンと重く感じる肩こりにとっても関係が深い筋肉があるのをご存知ですか?

それは肩甲骨です!!

肩こりになると、肩甲骨が背中に張り付いているような感覚がある人も多いと思います。

肩甲骨は本来、肋骨の上をすべるように動きます。
ですが、肩こりの症状がある方は、肩甲骨が肋骨に癒着したようになってしまい、動きが悪くガチガチになっていることが多いのです。
これは、筋肉が固くなっていることや、引っ張られてしまうことにより緊張していることにより起こります。

ガチガチ肩甲骨かどうかを調べる方法があります。

まず、背中を壁につけて立ちます。
次に腕を上げます。
これだけで分かることができます。

水平から45度までは、肩関節だけで腕をあげることができます。
ですが、それ以上あげるためには、肩甲骨の動きが必要になります。

つまり、45度まで上がらないと肩甲骨はガチガチというわけです!

肩甲骨のガチガチを取り除くためには運動やストレッチが必要になります。

ご紹介したいと思います。
肩に手を置きます。
肘を支点として、肩を回します。
この時肩甲骨を寄せるようにします。

この運動を外回し・内回しを10回2セット
お仕事の間やちょっとした休憩時間に行ってください!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨で肩甲骨のがちがちを治しましょう!

吐き気はありますか?

2017.12.07 | Category: 吐き気,整骨院,肩こり,肩の痛み,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!
本日は「肩こり」についてお話したいと思います。

みなさんは肩こりありますか?肩が痛い、重い、動かしにくいなどの症状が出ますか?

肩こりがひどくなった方ですと、頭痛や吐き気が出てしまう方もいるのです。
肩こりだけでもつらいのに、吐き気まであると仕事や家事などやる気がなくなってしまいますよね。
頭痛は何となく理解できると思います。
なぜ、吐き気?と思いますよね!

肩こりから吐き気につながる要因には、肩周囲の血流障害によるものがほとんどといわれています。
肩周囲の血流障害は、肩の筋肉の緊張状態が続き乳酸が溜まりやすくなります。
そうなると、硬くなった筋肉が血管を圧迫してしまい血液が流れにくくなり発症します。
その結果として、吐き気が生じます。

硬くなった筋肉が血流を悪くし、老廃物が溜まってしまうことで吐き気は現れます。
なので、血行を良くすることで吐き気の解消につながります!

多くの方が思いつくと思う肩、背中、首の筋肉の緊張をほぐす!
これは、メインの改善法になります。積極的に筋肉を動かすことで改善することが多いです。
ほかには、眼の疲れをとる、精神的な負担を和らげるなどがあります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、肩こりで吐き気がひどい方を治療したところその後でなく吐き気が出なくなったと喜びのお声をいただきました。