TEL

Blog記事一覧 > 肩こりの記事一覧

肩こりの症状

2018.06.20 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
本日は肩こりについてお話ししたいと思います。

肩こりに対する原因は諸説あるものの、確定的な診断方法や治療法はなく、腰痛などと並んで不明な点がとても多い疾患となっています。

長時間、首や背中が緊張するような姿勢を取り続けたり、猫背、前かがみなどの姿勢の悪さ、ショルダーバッグ、冷房などが原因とされています。
みなさんの中でもこのような症状でお悩みの方は多いのではないのでしょうか?

これらが原因で頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こります。
それによって酸素や栄養分が末端まで届かず、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられております。

普段の生活での肩こり改善法としては
・姿勢を良くする…猫背など姿勢が悪い状態を続けていると肩こりが治らないため、普段からできるだけ意識して、背筋を伸ばすように心がけてみて下さい。

・荷物の持ち方を意識…カバンをかける肩や、買い物袋を持つ手が、左右で常にどちらかに偏っていませんか?
身体のバランスが崩れると、体の歪みから肩こりを引き起こし、悪化させる場合もあります。

・適度な運動を取り入れる…運動不足も筋肉疲労の要因になります。ウォーキングなど適度な運動で筋力をつけたり、ストレッチで凝り固まった筋肉をほぐしてあげるのもおすすめです。

肩こり治療は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨まで!

入浴がいい

2018.06.13 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

肩こりの原因についてですが、原因はいろいろとあります。
中でもデスクワークなどで同じ姿勢を長時間強いられる方やパソコンをじっと見つめているような方がなりやすい傾向にあります。
筋肉の緊張が慢性的になると肩こりになるのです。
また精神的に緊張しやすい、さまざまなストレスに常時さらされている人も肩こりを発症しやすいタイプといえます。

体を緊張させる交感神経の働きが優位になり、体の筋肉が強張ってしまうためです。
基本的にはお風呂に入ること自体が肩こりには良薬です。副交感神経が優位になり、血流がよくなり、筋肉も弛緩して症状がやわらぐのです。

みなさんが1日の疲れをいやす入浴が肩こりにはよいそうです!

■肩こりには40℃のお湯に10分
肩こりがある場合は、基本は肩まで浸かって温めてあげることです。肩まで浸かったら、肩や首を回すなど運動をして筋肉をほぐすとさらに効果的です。
肩こりは肩の周辺の筋肉である僧帽筋などが緊張で硬くなってしまうことによって、血流が悪くなることから生じます。
肩まで温められるくらいのお湯を張り、肩まで浸かって温めます。肩こりの方に効果が高いのは40℃のお湯に10分くらい浸かることです。
これはややぬるめのお湯にじっくりと浸かることで、自律神経の中でも副交感神経に働きかけ、心身のリラックス効果を生みだすためです。

■入浴中の肩こり解消ストレッチ
肩を温めたら、もっと積極的に肩こりを解消していくために周辺をストレッチします。
肩を前まわし、後ろまわしに回し、硬くなった肩甲骨をほぐしていきましょう。肩甲骨を後ろでぐっと寄せるように回します。
前後にほぐれたら、上下にもほぐしていきます。肩をぐっと上に引き上げ、息を吐きながら、一気に力を抜いて、肩を落とします。
これを2~3回繰り返し、肩周りの血流をアップさせます。

スマートフォンやパソコン、長い時間読書をするなど、日常生活では肩は内側に入りやすいので、胸を張り、肩を正しい位置に戻すようにストレッチしていきます。
肩が凝っている人は首や腰など全身の筋肉にもこわばりが生じていることが多いので、肩周辺のストレッチに加えて首や腰のストレッチやマッサージも取り入れるとなお良いでしょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、頑固な肩こりの痛みを根本から治療しています。

肩こりの概念

2018.05.30 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

肩こりの概念を知っていますか?
肩こりとは、項頚部から僧帽筋エリアの諸筋に生じる主観的に詰まったような、こわばった感じや不快感・こり感・重苦しさや痛みにいたる症候の総称のことをいいます。
個人差はありますが、肩こりによって、頭痛や吐き気を伴うことがあります。
日本では「肩こり」という名称により「肩」を指す表現が用いられていますが、これは日本独特のもので同症状を諸外国では首や背中の疾患として示していることが多数と言われています。
また頚肩腕症候群の初期症状である場合もあります。

日本では、「肩こり」と言われていますが、欧米諸国では「肩こり」というものがありません。
肩の損傷となってしまうのです。
外国では肩が肩関節というくくりになります。
そのため、日本で肩こりの説明すると「私は、肩こりだ」という外国人の方は言います。

肩こりにならに為に、
1、普段から睡眠をしっかりとる
2、栄養のある食事をとる
3、筋肉をつける
4、ストレッチをする
5、ストレスをためない
など予防をすることが大切です。

また、現在肩の痛み、肩こりでお困りの方は、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にご相談ください!

肩甲骨を動かす

2018.05.24 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
肩こりを解消するためには、肩甲骨をほぐしましょう!

肩こりと肩甲骨は昔から深い関係があると言われています。
マッサージで何ともならない頑固な肩こりには、肩甲骨を動かすための運動をしましょう!
今回は運動をお伝えしていきたいと思います。

1.起きてすぐと寝る前に行いましょう。
・両腕を点状に突きあげます。
・その状態から、肩甲骨を下に引くように肩を下ろします。
・おろした状態で10秒キープします。
・これを10回行いましょう。
この運動のポイントは、呼吸を止めずに自然に口から吐く、鼻から吸うを繰り返しましょう。

2.立って行います
・脚を大きく開いて立ちます。
・つま先を外に向けます。
・腰を落として、肩を中に入れるように動かします。
・10秒くらいキープして反対も行いましょう。
この時も呼吸は止めずに腹式呼吸を心掛けましょう。

これらは、肩甲骨を下に動かす運動になります。
このような運動のほかに、道具を使って行うことができます!

テニスボール2個をストッキングに入れて、背中の下にいれます。
こり固まっている部分に押し当てます。
肩甲骨から腰の方へとテニスボールを順々も移動させながらこっている部分に当てていきます。
こうすることで、筋肉が段々緩んできます。
ストッキングがない場合はテーピングなどのテープで止めてもできます。

肩こりでお悩みの方は、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院まで!

肩こりを解消

2018.05.16 | Category: 未分類,肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

肩こりを解消するためには、肩甲骨をほぐしましょう!

肩こりと肩甲骨は昔から深い関係があると言われています。
マッサージで何ともならない頑固な肩こりには、肩甲骨を動かすための運動をしましょう!
今回は運動をお伝えしていきたいと思います。

1.起きてすぐと寝る前に行いましょう。
・両腕を点状に突きあげます。
・その状態から、肩甲骨を下に引くように肩を下ろします。
・おろした状態で10秒キープします。
・これを10回行いましょう。
この運動のポイントは、呼吸を止めずに自然に口から吐く、鼻から吸うを繰り返しましょう。

2.立って行います
・脚を大きく開いて立ちます。
・つま先を外に向けます。
・腰を落として、肩を中に入れるように動かします。
・10秒くらいキープして反対も行いましょう。
この時も呼吸は止めずに腹式呼吸を心掛けましょう。

これらは、肩甲骨を下に動かす運動になります。
このような運動のほかに、道具を使って行うことができます!

テニスボール2個をストッキングに入れて、背中の下にいれます。
こり固まっている部分に押し当てます。
肩甲骨から腰の方へとテニスボールを順々も移動させながらこっている部分に当てていきます。
こうすることで、筋肉が段々緩んできます。
ストッキングがない場合はテーピングなどのテープで止めてもできます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、運動の仕方を教えています!気になる方は、一度訪ねてください。

噛み合わせを治す

2018.05.12 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさん噛み癖はありますか?
肩こりの原因に噛み癖も影響してきます。

「歯列接触癖」というものがあります。
これは、普段無意識のときでも波をかみしめてしまう癖のことをいいます。
日本人の4人に1人はこの噛み癖があるそうです。
通常、身体は「歯根膜広筋反射」という上下の葉が当たると離れるようにできています。
それが何らかの理由で常に擦れている状態になってしまった症状をいいます。

この癖を長時間にわたり上下の歯を接触し続けると、様々な問題が起こってきます。

症状としては、頭痛や首の凝り、肩こり、腰痛、耳鳴り、めまいなどの症状がみられます。
原因不明の耳鳴りや頭痛などは、この癖が原因となっている可能性があると言われています。

上下の歯の接触時間が長くなってしまうと、筋肉の緊張や疲労、顎関節への負担が増えてしまいます。
起床時症状や顎関節症などの不定愁訴に関わっている可能性があります。

みなさんは大丈夫でしょうか?
簡単なチェック法をお伝えします!
1.姿勢を正しくして、正面を向いて立ちます。
2.唇は力を込めずに、上下を軽く接触させます。
3.その状態で上下の歯が接触しないように軽く離していきます。
この時、変な感じがするや落ち着かないなどの違和感がある場合は歯列接触癖の可能性があります。
いかがでしたか?

この癖は息を吐くことで改善されることが言われています。
気づいたときに息を吐いて歯を離しましょう!

癖を葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院で治して肩こりを解消しましょう!

家事による肩の痛み

2018.04.18 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

普段お家でのお仕事をしているときに肩が痛くなったりしませんか?
今回は家事による肩こりについてお話ししていきたいと思います。

みなさんのなかで「家事」ときくと、炊事・洗濯・掃除を主に思い浮かべると思います。
これらの共通点として手指や腕をよく使うという点があります!!

手指や腕を酷使してなぜ肩こりが起こるのか?

それは、肩が腕の支持起点になっているからです。
腕の重みがあるため、その重さを維持しなければなりません。
そのため腕に負担がかかると肩にも負担がかかり痛みが出てしまうのです。
維持するためには肩周りの筋肉の強化が必要になります。
筋肉をつけることによって、腕の重さを支えることができます。

肩周りの筋肉をつけるためにはペットボトルを使って行いましょう!
500mlのペットボトルを2つ用意し、水を入れます。
これを両手に持って肩を上げ下げします。

肩をしっかりあげて、ストンと下ろします。
これを10回繰り返し行い方を上げるときに使う僧帽筋をきたえることができます。

腕を支えるだけのために筋肉を付けるのもそうですが、筋肉が付くことで、血流がよく流れるようになります。

もし心当たりがある方は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院に一度ご相談ください!

肩こりには猫背矯正

2018.04.06 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

肩こりの原因の1つに「猫背姿勢」というものがあります。
猫背姿勢は、首に負担がかかり続け、慢性的な肩こりになります。
肩こりを治すためには、マッサージや運動もそうですが、まずは姿勢を治しましょう。

猫背の姿勢は、なぜ起こるのかというと、デスクワークやスマートフォンの操作が多くなった最近よく首を下に向けたり顎を突き出す状態でることが多くなってしまい、首や肩に負担がかかってしまいます。
また、猫背になってしまうと肩が段々前に出てきます。そうすると胸筋が硬くなってしまいます。肩甲骨周りの筋肉は引っ張られてしまい、肩こりにつながります。

座ってできる解消法!
1:肛門を閉める
2:息を長く吐く
3:息を吸う
肛門を閉めることによって、下腹部に力が入り、背筋がのびます。
また、息を長く吐き吸うことで交感神経が優位になり肩こりの解消につながります。
また、猫背の改善にもつながります。
下腹部にある丹田に力を入れるイメージで座っていることが大切です。
ただこれだけのことで、姿勢が解消されます!

他にも、運動で治すことができます。
手のひらを広げて、大きく前にのばします。
肩甲骨を使って腕を開き背の肉をしぼるように腕を動かします。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、肩こりの症状をよくするために姿勢の改善を行ったりしています。

肩こりには筋トレ!

2018.03.30 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!
肩こりでお悩みの方!はいませんか?

今日は肩こりについてお話ししていきたいとおもいます。

皆さんは肩こりはどんな状態かご存知ですか?

筋肉全体が張っている状態のことをいいます。

筋肉トレーニングやランニングをした時、筋肉がパンパンになりませんか?

その状態が肩の周りの筋肉に起こるのが肩こりなのです。

ですが、本当に筋肉が張っているだけでしょうか?

ただ張っているということではなく、もしかしたら、筋肉自体に傷などが付いている可能性もあります!!

その傷のせいで今の方の症状が出ているのかもしれません。

張っているだけなのか、傷が付いてしまっているかを調べるにはわたくしたちにお任せください!

今は、肩こりがないという方もそうでない方も、筋肉が張ってしまうのは筋力が足らないからだと思います!
筋肉が足りないと、筋肉に対してかかる負担に耐えられないのです。

トレーニングをして筋力をつけた方が肩こりになりやすいのでは?と思う方がいると思います。
そんなことはありません!!
筋力は身体を支えるために重要な役割をしています。

みなさん!トレーニングをして肩こり知らずの身体を目ぜしましょう!!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、肩こりの治療を得意とするスタッフがいます。
安心して施術を受けてください。

肩こりがよくなるには?

2018.03.17 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは。

本日は肩こりについてお話します。

みなさんここ最近、肩が重だるいことやずーんと痛む、常に肩に岩が乗っかっているような感じがするなどを感じることはありませんか?

それは肩こりかもしれません。

肩こりの原因として様々です。
1.仕事や家事などの心身的なストレス
2.肉体労働やスポーツなどによる筋肉疲労
3.偏食など栄養不足
4.長時間のパソコン作業
5.夜更かしや睡眠不足などの不規則な生活
6.内臓疾患からくるもの
7.不良姿勢
などがあります。

肩こり1つにしてもその人の生活習慣によって原因は様々です。

まずは心身の疲労から取るようにしましょう!

症状として多いのは、目が疲れやすい、頭が重い、食欲がない、記憶力、集中力に欠ける、イライラなど、内因的なことが挙げられます。
これが出ている人は仕事や日常生活に影響が出てより過ごし辛くなってくると思います。

まずは休養を取るようにしましょう。

ただ、現代はなかなか休める時間はないと思うので、日常のちょっとした時間に休養を上手にとり、栄養補給と疲れを溜めない身体作りをしましょう。

まずは睡眠が一番大切です。十分な睡眠をとりましょう。
続いて栄養補給や軽めの運動、ストレッチ、入浴などが上がってきます。

筋肉に柔軟性をつけておくことで肩のハリ感だったり、コリ感はだいぶなくなって肩の症状も落ち着いてくると思います。

少しめんどくさいですが、騙されたと思って行ってみていただくと違いが徐々にですがみえてくると思います!

ご自身でやっても取れない頑固な肩の痛みは葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨まで!