TEL

Blog記事一覧 > 腰椎分離症の記事一覧

腰痛治療といえば国家資格を取得した葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお任せください!

2017.10.23 | Category: スポーツ障害・怪我,整骨院,腰椎分離症,腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

腰痛治療といえば国家資格を取得した葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお任せください!

 

腰痛の原因はいろいろあります。例えば、過度の運動、姿勢の悪さ、筋肉の衰えなどが原因にあげられます。
過度の運動では、急激な運動や、過度の運動の繰り返しで腰への負担が大きくなっていきます。
姿勢の悪さでは、猫背の姿勢になってしまい腰は反り腰が強くなって、腰への負担が大きくなります。
筋肉の衰えでは、腰回りの筋力が低下し、姿勢を維持できず結果的に姿勢の悪さに繋がってしまいます。
このようなことが原因で腰痛へと繋がっていきます。

 

 

スポーツ選手に多い腰の痛みの1つは、「腰椎分離症」です。
これはスポーツをしている10歳代の学生に多く発生します。
分離症が起こる原因は、身体の柔らかい時期である中学生の時期に、ジャンプをしたり、腰を回旋させる動きを繰り返し起こすと腰椎分離症に繋がっていきます。
長期間腰の痛みが続くようでしたら一度、国家資格を取得した葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお気軽にご相談下さい。

もしかしたら分離症を起こしている場合があります。

 

腰椎分離症はレントゲン検査では判断することができません。
MRI検査で早期診断、早期治療をすることが重要です。
腰椎分離症とは、腰椎の疲労骨折です。

レントゲン写真を斜めから見たときに、「スコッチテリア」という犬の陰影の首の部分に亀裂が走ります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では腰痛の治療を得意としています!

腰痛のことなら葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院まで!

2017.10.22 | Category: ギックリ腰,姿勢,整骨院,腰椎分離症,腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

腰痛治療といえば国家資格を取得した葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお任せください!

 

腰痛の原因はいろいろあります。

例えば、過度の運動、姿勢の悪さ、筋肉の衰えなどが原因にあげられます。
過度の運動では、急激な運動や、過度の運動の繰り返しで腰への負担が大きくなっていきます。
姿勢の悪さでは、猫背の姿勢になってしまい腰は反り腰が強くなって、腰への負担が大きくなります。
筋肉の衰えでは、腰回りの筋力が低下し、姿勢を維持できず結果的に姿勢の悪さに繋がってしまいます。
このようなことが原因で腰痛へと繋がっていきます。

スポーツ選手に多い腰の痛みの1つは、「腰椎分離症」です。
これはスポーツをしている10歳代の学生に多く発生します。
分離症が起こる原因は、身体の柔らかい時期である中学生の時期に、ジャンプをしたり、腰を回旋させる動きを繰り返し起こすと腰椎分離症に繋がっていきます。
長期間腰の痛みが続くようでしたら一度ご相談下さい。

もしかしたら分離症を起こしている場合があります。

育成年代の腰痛は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院が得意とする治療の一つです。

 

また子供の腰痛の一つとして挙げられるのは腰椎分離症です。

腰椎分離症はレントゲン検査では判断することができません。
MRI検査で早期診断、早期治療をすることが重要です。
腰椎分離症とは、腰椎の疲労骨折です。レントゲン写真を斜めから見たときに、「スコッチテリア」という犬の陰影の首の部分に亀裂が走ります。

病院で腰椎分離症と診断された方は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお気軽にご相談ください。