TEL

Blog記事一覧 > 腰痛の記事一覧

テリアの首輪

2018.04.23 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

腰痛でお困りの方はいませんか?
腰痛の原因にはいろいろあると言われています。

筋肉のケガでの痛みや骨に起きる痛みな度たくさんあります。

今回は最近当院に多い「腰椎分離症による腰の痛み」についてお話ししていきたいと思います。

腰椎分離症とは簡単に説明すると、腰の骨の一部が骨折した状態のことを言います。
多くは若いころスポーツなど長期間の繰り返しにより起きてしまった「疲労骨折」です。

分離症に最もなりやすいのは中学生と言われています。

なぜかというと、成長期段階で骨も出来上がってない時期に部活動やスポーツ活動などで
・体を捻じる
・ジャンプする
・転倒する
・腰を反らす
など負担をかけ続けるとその負荷が、腰椎の棘突起にかかってしまい、疲労骨折を起こしてしまうのです。

そして分離症は見つからないことも多く、骨折を起こしているにも関わらず、誰も気づくことなく運動を続けていることが多いです。

分離症の診断にはレントゲンが必要になります。
ただ普通に撮っただけでは見えませんが、斜めから撮ることによって骨折線を確認することができます。
この時の写った姿を「テリアの首輪」と言われています。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、腰椎分離症を悪化させないために、お腹に筋力つけるような運動をおすすめしています。

急性と慢性症状

2018.04.16 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんは腰痛には急性と慢性の腰痛があることをご存知ですか?

腰痛とは、痛みが続く期間の長さにより、「急性腰痛」と「慢性腰痛」の2つに分けることができます。
本日は「急性腰痛」についてお話ししていきます。
急性腰痛とは「腰に痛みが生じてから、数時間で痛みが治まってしまうもの」をいいます。

特徴としては
①急激で激しい痛み
②安静にすると痛みが徐々に和らぐ
③自然に治る
④腰にははっきりとした異常がみられない
などがあげられます。

急性腰痛の原因としては
・腰の使いすぎによる筋肉疲労
→腰の負担が大きい姿勢や動作、激しい運動を続け、筋肉に疲労がたまることにより筋肉痛、肉離れ、捻挫などを起こします。また、ぎっくり腰のように突然強い痛みを生じる場合もあります。筋肉疲労による腰痛を「筋・筋膜性腰痛」と言います。
・腰椎の変形
→骨や椎間板が老化して形や質が変化し炎症や神経の圧迫がおきます。
腰椎椎間板ヘルニアが代表的な症状です。
・腰のケガ
→腰に一度に大きな衝撃が加わることによって組織が傷つき発生します。
骨折、捻挫、挫傷などが多くあります。また骨粗鬆症によって骨がもろくなった場合、転倒や、咳・くしゃみなどの軽い衝撃でも骨折することがあります。
・内臓の病気や精神的なストレス
→腰以外でも痛みが生じたり、安静にしていても痛みが軽くならないのが特徴です。
不安やストレスで起きる腰痛を心因性腰痛症と言います。

ただの腰痛ではなく病院での検査が必要になってしまう病気があります。
胆石症・尿路結石・化膿性脊椎炎・脊髄腫瘍・子宮内膜症・子宮筋腫・子宮頸管炎などです。

このような病気になってしまう前に葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお越しください!

中から出てきます。

2018.04.09 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

今回は腰痛を起こす疾患についてお話ししていきたいと思います。

腰椎椎間板ヘルニアを知っていますか?
腰痛や坐骨神経痛の中で、特に多い疾患が腰椎椎間板ヘルニアです。

青年期、実年の時期に多発します。
突然発生するタイプと、慢性的にじわじわと生じる場合があります。

「ヘルニア」とは、飛び出す、脱出するという意味があります。
椎間板は、線維輪と髄核からなっています。
その繊維輪が外傷や変性で損傷すると、中から髄核が出て、背中にある神経を圧迫してしまうのです。

イメージとしては、大福を思い浮かべてください。
かじって大福をつぶすと、中からあんこが出てきます。
これが、ヘルニアの飛び出るということです。

椎間板ヘルニアになりますと、後方にある神経が圧迫されてしまい、腰痛や足の痛みが起こったりします。
場合によっては脚の麻痺、しびれ、足の冷たさ等々を起こすこともあります。

また、腰を動かすときは、後屈よりも前屈で痛みが増します。

ヘルニアは中の髄核が出きってしまうことで、痛みがなくなりますが、なくなるまでには時間がかかるので、放っておかずしっかり治療しましょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、腰痛の治療を行っています。
腰を前にまげて痛みがでる場合は、ご相談ください。

昔からの痛み

2018.04.02 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは。

みなさんの中で、昔から腰が痛いといっている方はいませんか?

今回は「昔からの起きる腰痛」についてお話ししていきたいと思います。

昔からの腰痛があってどこにいっても治らないなどで悩まれている方はいませんか?

その原因は股関節や骨盤の動きにあるかもしれません…!!

普段の生活であまり歩かなかったり、ストレッチをしないなどのことがあると股関節周りの筋肉が固まってしまい、股関節自体の動きが悪くなってしまうのです。

股関節や骨盤の動きが固かったり悪くなってしまうと股関節と骨盤が動かない分、動きがある、腰で動きをカバーしてしまうのです。
腰を支えているのは、骨が一番支えているのですが、その補助の役割をしている筋肉なのです。
筋肉は20代からだんだん減ってくると言われています。
そのため、お腹の筋肉をしっかり鍛えることによって筋肉も一緒に支えてくれるため、腰の負担が徐々に減ってきます。

もし皆さんの中で長い間、腰痛で悩まれている方は是非股関節や骨盤の動きを見てください。

ほとんどの方は動きが悪いはずです。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、身体の歪みチェックを行っています。
気になる方はご連絡ください。

ぎっくり腰になってしまったら

2018.03.26 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

もしぎっくり腰になってしまったらどうしますか?

ギックリ腰になった場合、腰痛の原因には様々なものがありますが急な腰の痛みには特に注意が必要です。

「温めた方が良いのか、冷やした方が良いのか分からない。」と言った声をよく耳にすることがあります。

急性の症状の場合炎症反応が起こっている可能性が高いため、「ズキズキ」や「刺すような」鋭い痛みの場合は氷で患部を冷やして炎症反応を抑える事により痛みを感じにくくすることができます。
冷やすデメリットとしては血流の流れが悪くなる為、傷の治りが遅くなる事が挙げられますが、痛みが増強する事を考えればどちらか迷った場合は冷やす事をオススメ致します。

この時、保冷剤や湿布などは使わないよにしましょう。
なぜかというと、保冷剤で冷やすことによって凍傷になってしまったり、冷えすぎてしまうということがあります。
氷で冷やすことで、氷は0℃までしか下がらないので、凍傷の心配はありません。
また、氷が溶けてくれることで、熱を奪ってくれるので炎症症状も治まります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、ぎっくり腰や、しつこい腰の痛みの治療を得意とするスタッフがいます!

心因性の腰痛

2018.03.19 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

暖かくなりましたね!動きやすくなってきて身体も喜んでいると思います。
また、血流がよくなるので痛みなども冬に比べたら和らいでいると思います。

ですが頑固に残ってしまう「腰痛」があります。

本日はそんな腰痛についてお話ししていきたいと思います。

みなさんはここ最近腰が痛むようなことはありませんか?
腰痛は現代人で最も多い症状でもあります。
また日本人にとっては肩こりと同じように国民病ともいわれています。
ちなみに、腰痛は症状であって病名ではありません!!

腰痛と言ってもいろいろな原因があり、骨や筋肉、軟部組織が原因で起こるものがあります。
それ以外にも心因性の腰痛もあります。
1.侵害受容性疼痛
2.神経障害性疼痛
3.心因性疼痛

大きくわけるとこの3つになり、
1の侵害受容性疼痛とは筋肉や骨、靱帯、内臓などに原因があるものです。
2の神経障害性疼痛とは神経が障害を受けて正常に機能しなくなり痛みが出ているものです。
3の心因性疼痛とは心理的影響て痛みを感じるものです。
これらは、ストレスなども関わってきます。

原因の分かりにくい腰痛については、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にご相談ください!

腹筋の力が大切です

2018.03.12 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

腰痛が起きる原因にhたくさんあります。

まずは、みなさんご自身の「腰の構造」を知っていただきたいと思います!

私たちの姿勢を維持している骨の中心となるのが脊椎です。
この脊椎から数多くの骨格が広がり、身体を構成しています。
脊椎は24個の骨の結合体でその間に椎間板と呼ばれる衝撃を吸収するためのクッションの役割をする軟部組織があります。
腰の構造はこの脊椎の一部になっています。

腰部の骨は5つの骨からできています。
頸椎、胸椎にくらべると骨の一つ一つが大きくしっかりとしています。
前屈後屈の動きに特化しています。よく腰を捻ると聞いたことがあると思いますが、腰椎はひねる動きができません。
どこがひねる動きをしているのかというと、胸椎が担っています。

腰椎の構造分かっていただけましたか?

腰痛が起きてしまう原因には、
・先天的に骨格に異常がある人
・骨の形、配列に問題がある人
・椎間板ヘルニア
・華奢な人
・筋肉のアンバランス
・腰に負担のかかる動作が多い人
・座りっぱなし、立ちっぱなしなど同じ姿勢が長時間続く習慣がある人
などです。
これらの原因には少なくとも「筋肉」が関係しています。
もちろん他にも原因はあると思いますが、筋肉の中でも、腹筋を強化することで、腰痛が和らいできます!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、腰痛の治療を得意とするスタッフがいます!

水が溜まってしまったら?

2018.03.07 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩

こんにちは!

膝の関節に炎症が起きると、膝の内側に水が溜まることもあります。

膝の筋肉を鍛えようとして無理に歩くと変形性膝関節症はどんどん悪化します。

病院などでブロック注射や薬を渡される方がいると思いますが、その時はよくても、段々時間がたってしまうと痛みに変わってきてしまいます。

膝を伸ばして痛みが和らぐなら、膝伸ばし体操が、曲げた方が楽だと感じたら膝曲げ体操が適しています。
椅子など少し高いところに足を乗せて行うストレッチを1日に数回行ってください。

膝に水が溜まり腫れてしまう原因としていくつかあります。

転ぶなどして膝を強く打ち付けることにより、腫れが生じます。
膝の内部で出血がおきてしまうためと言われています。
また、初めは幹部が赤く腫れますが、徐々に青や紫に変化することもあります。

症状は数日で治まることがほとんどです。
もし、打撲により膝が腫れてしまったときは、どうすればよいのでしょうか。
ライス処置が一番早く治る方法となります。
リンパ節にも老廃物が溜まってしまうと腫れがなかなか腫れがひかない場合もありますので見極めが必要となります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、打撲ぼ症状を改善させるために、鍼の治療なども行っています。

季節に関係ない腰の痛み

2018.03.05 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!
腰痛ってつらいですよね?
最近は暖かい日もあるので、だんだん痛みが和らいでくる方もいると思います。
ですが、気温など関係なし痛みがでてしまっている方が多いと思います。

知っていましたか?腰痛になったことの人が急に発症するのは季節の変わり目などに多いんです!
痛と多くの人は言いますが、医学的には「腰痛症」と言います。
腰部って正確にどこのことだと思いますか?
痛みがあったとしてもそこは背部だったり、臀部だったりします。
脊椎は4つの部位に分かれます。
・7個の頸椎(C1-C7)
・12個の胸椎(T1-T12)
・5個の腰椎(L1-L5)
・仙骨と尾骨(脊椎最下部の癒合した骨のグループ)
腰椎の部分で起きる痛みを腰痛症と言っています。
また、腰部は上半身の体重を支えており、最も痛みを発生する部分です。
ほとんどの方が一時的な腰痛を経験したことがあると思います。
一般的に30~50歳の方に多いといわれています。
理由としては、加齢性の変性が影響しています。また、運動不足や過剰の運動を伴った座位を強いられる生活習慣でも起きてしまいます。
加齢性の変性とは、椎間板の病変や脊椎の変性による腰背部の痛みなどが含まれます。
原因としては、「何か重たいものを持ち上げた」「過度のストレッチをして腰部を伸ばした」「腰部の筋肉や靱帯に収縮、緊張、痙攣などが起きた」これらが痛みの原因になります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨で腰痛治療を!

慢性化しています

2018.02.26 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

腰痛でお困りの方は沢山いると思います。
その中でも、腰痛が慢性化してしまっている方がほとんどだと思います。
いつまでたってもよくならない方は多くいると思います。

なぜ、慢性化してしまうのでしょうか?
慢性の腰痛とは、筋肉の炎症による痛みと神経の痛み、また、心理・社会的要因などが複雑に合わさった状態です。
腰痛によって身体を動かさないでいると、それが精神的ストレスとなります。

それが続いてしまうと、痛みを抑制する脳のシステムが機能しなくなり、神経が過敏になり、更に腰痛を感じるようになってしまいます。

また姿勢の悪さや長時間の同一姿勢が一つあります。

前かがみや直立した姿勢が多かったり、長時間のパソコン作業などが多いと腰にかかる負担が多くそのため腰痛につながってしまうのです。

ほかにも更に激しいスポーツや肉体労働などで筋肉を酷使した過度の運動も大きな原因です。
運動不足や加齢などによる筋肉の衰えもあります。

腰は、身体の中心にあり、痛みが出ると日常動作や仕事に影響が出てしまします。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨でそのつらい腰痛を早期に治療しませんか?
腰痛の治療を得意とするスタッフがいます!