TEL

Blog記事一覧 > 葛飾区奥戸の記事一覧

国民病です

2018.06.25 | Category: 未分類,腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

腰痛で普段からお困りの方はいませんか?

腰痛とは男性では1番目、女性は肩こりの次に訴える症状とされています。
その数は年々増加傾向にあります。
腰は、腰椎と呼ばれる5つの骨がブロックのように積み上げられて構成されています。
腰痛の多くは、腰椎に負担がかかったり障害が起きることで発症しますが、その他にもさまざまな要因が腰椎の発症に関係しています。
原因が特定できるのはわずか15%程度と言われています。
これだけ、たくさんの方が悩まれています。
今では、腰痛は国民病ともいわれています。

では、どんな人がなりやすいと思いますか?
ライン製造など、その場に立ったままで長時間作業する人は、筋肉が疲労してしまい、椎間板にも負担がかかるので、腰痛が起こりやすくなります。
座っている方が楽に見えますが、座りっぱなしの体勢は立ちっぱなしよりも椎間板にかかる負担が大きくなり、やはり腰痛を起こしやすい体勢と言えます。
動かないまま継続的に筋肉を使っていると、知らず知らずに筋肉疲労が蓄積され、最終段階で初めて『腰痛』として症状が表れます。

何気なく貼っている湿布も貼り方を間違えると効果がありません。温湿布・冷湿布の違いも理解しておく必要があります!
急に痛くなってしまった場合は氷でしっかり冷やしてくださん。
慢性的な痛みはあっためることによってお民の軽減につながります。

腰痛ベルトもつける場所によっては効果がありません。腰のどこにどんな巻き方をすればいいのか事前にチェックしておきましょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、腰痛治療を得意とするスタッフがいます。

全身矯正とは

2018.06.23 | Category: 全身矯正,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

全身矯正のことが気になるけれど、どんなメリットがあるのはよく分からない、という人もいるのではないでしょうか?

全身の歪みは大きく分けて、むくみや冷え性、腰痛などの症状を伴う体質面と、身体のバランスや姿勢などの美容面に影響を与えます。

それぞれ、全身矯正を行うと具体的にどのようなメリットがあるのかご紹介していきたいと思います。

全身矯正のメリットは次のような効果が期待できます。
・むくみ
・冷え性
・腰痛
・肩こり
・生理痛
・生理不順
などです。
これらの症状は、身体の歪みが原因となっていることがあります。

もともとの体質だから……と諦めず、矯正を施せば、症状が緩和されるかもしれません!!
もちろん、歪み以外が原因になっている可能性もありますが、これらの症状に悩んでいるなら、まず身体が歪んでいるかどうかをチェックしてみることです。

身体の歪みが複数の症状を起こしていれば、一気に悩みが軽減されるケースもあるでしょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では身体の状態を写真を撮ってわかりやすいように説明しながら全身矯正を行っております。
興味のある方はぜひ受けてみてください!
まずはご連絡をお待ちしております。

腹筋を鍛える

2018.06.22 | Category: EMS,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

EMSをご存じですか?
EMSとは「Electrical Muscle Stimulation」の略で、電気刺激を直接筋肉に与えることで、筋肉を動かし、トレーニングを行う機械、という意味です。
少し難しいですね…簡単に言うと、パットをつけて電気を流せば勝手に筋肉が
動いてくれるということです!

EMSの特徴としては次の2つがあります。1つ目は自動的に筋肉を動かすため、非常に楽です!2つ目は30分を週2回行うだけなのでちょっとした時間で効率良く筋トレが可能です。EMSを使うと何もしなくても寝ているだけで勝手に筋肉が刺激され、機械的に動きます。その回数はなんと30分で9000回です。自分でトレーニングをするとなるとこの回数は難しいですよね…。一定のリズムで規則正しく働くので普通のトレーニングでは難しいような、負荷を筋肉に与えることができるのです。
面倒な着替え、スペースの確保が要らない、そして好きな時にやるだけでトレーニング効果が得ることができます。読書をしながらも可能です。そのため続けてトレーニングを行う人が大半います。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨で、一緒にEMSでトレーニングをしましょう!

下腿の痛み

2018.06.21 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

シンスプリントとは、運動の開始後に痛みが出て、動いていると痛みは治まってきます。しかし、運動が終わるとまた痛みが出てくるのが特徴になります。
シンスプリントは「脛骨過労性骨膜炎」とも呼ばれ、下腿にある脛骨の内側に沿って痛みが出ます。
ピンポイントで痛みが出るのではなく、筋肉が骨に付着するラインに沿って痛みが出ます。

シンスプリントはどのスポーツ競技でも起こりやすいですが、陸上をやっている人に発生しやすいです。
この理由は、硬い地面の上を走ることで足への負担がかかり続けるためです。
走ることによりつま先を上げる筋肉を過剰に使い過ぎてしまうことで、脛骨の内側の筋肉に負担がかかり骨膜に炎症を起こし痛みが発生します。
痛みを我慢し続けてスポーツを続けていると、疲労骨折を起こしてしまうリスクが高くなるので、痛みを我慢してやり続けないほうがいいです。

シンスプリントの痛みは、症状の重さで4つに分類されます。
Ⅰ:痛みはあるが、少し動けば気にならなくなる。
Ⅱ:少し動けば痛みがなくなるが、運動終了近くにまた痛くなる。
Ⅲ:日常生活に影響はないが、運動中常に痛い
Ⅳ:痛みが常時あり、日常生活にも影響がある

シンスプリントの痛む原因は、骨膜に炎症が起こるからだと言われています。
シンスプリントになっている人は脛骨を押すと骨が痛む感じがしますが、骨が痛むのはなく、骨膜に痛みを感じているのです。筋膜と骨膜は繋がっていて、走ったりジャンプしたりした時に筋肉が収縮し、一緒に骨を覆っている骨膜も引っ張られてしまいます。
この時に筋肉の柔軟性があれば大丈夫なのですが、筋肉が硬くなってしまっていると骨膜を引っ張る力が強くなり、炎症を起こしてしまいます。

シンスプリントを起こしてしまったら急性期は運動量を制限したり、アイシングを行ったりします。
初期は安静を徹底しますが、この時では股関節、アキレス腱、足首周りのストレッチをして、関節の可動域などが広がるようにしていきます。
自発痛や歩いた時の痛みがなくなってきたら徐々に足でタオルを握る運動などを行ってトレーニングをしていきます。
両足ジャンプしても痛みが出なくなったら、硬い地面を避けてランニングを始めていきます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、スポーツ疾患に強い先生がいます!

肩こりの症状

2018.06.20 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
本日は肩こりについてお話ししたいと思います。

肩こりに対する原因は諸説あるものの、確定的な診断方法や治療法はなく、腰痛などと並んで不明な点がとても多い疾患となっています。

長時間、首や背中が緊張するような姿勢を取り続けたり、猫背、前かがみなどの姿勢の悪さ、ショルダーバッグ、冷房などが原因とされています。
みなさんの中でもこのような症状でお悩みの方は多いのではないのでしょうか?

これらが原因で頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こります。
それによって酸素や栄養分が末端まで届かず、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられております。

普段の生活での肩こり改善法としては
・姿勢を良くする…猫背など姿勢が悪い状態を続けていると肩こりが治らないため、普段からできるだけ意識して、背筋を伸ばすように心がけてみて下さい。

・荷物の持ち方を意識…カバンをかける肩や、買い物袋を持つ手が、左右で常にどちらかに偏っていませんか?
身体のバランスが崩れると、体の歪みから肩こりを引き起こし、悪化させる場合もあります。

・適度な運動を取り入れる…運動不足も筋肉疲労の要因になります。ウォーキングなど適度な運動で筋力をつけたり、ストレッチで凝り固まった筋肉をほぐしてあげるのもおすすめです。

肩こり治療は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨まで!

交渉次第で

2018.06.19 | Category: 交通事故専門治療,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

雨が多い季節になりました。
また、事故の多い季節でもあります。

本日は、交通事故の示談交渉についてお話ししていきたいと思います。

交通事故では、受けた被害について補償を請求する際、「示談」という形で加害者と交渉を行います。
この時、全てに法律が関係してきます。

そして、受け取る補償額も、「示談交渉」次第で変わってきます。
法律が関係するので、間に弁護士さんが入ることがほとんどです。

「示談交渉」というのは、治療期間、補償額に大きく関わる事項です。非常に大切なことですが、よくわからない方が多いと思います。
それだと、損をしてしまう可能性も出てきてしまうのです。

なので、弁護士の先生に相談することがいいと思います!
弁護士の先生を紹介することもできます。

また、交通事故の治療は病院や整形外科でもできますが、整骨院でも治療をうけることができます。

その際、治療を受ける場合は「診断書」が必要になります。
また、窓口負担金は0円で行ております。
事故にあうということは、普段の何倍もの衝撃が身体にかかります。
なのでしっかり治療をしましょう。

交通事故について、わからない事があれば少しの事でも葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にご相談ください。

腰痛の3種類

2018.06.18 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こなさんこんにちは!

今回は腰の痛みについてお話していきたいと思います。

腰の痛みである腰痛には3種類あります。
・屈曲型腰痛
・進展型腰痛
・回旋型腰痛
となります。

・屈曲型腰痛
体幹の筋力低下で、体幹と背筋のバランスが崩れてしまう。
ハムストリング、臀筋群(主に股関節の伸展筋群)
の短縮により、骨盤の前傾が制限される。
椅子に座った状態や、前屈運動時に痛みが出ます。
予防として、
臀部、ハムストリングの筋緊張緩和。ストレッチ!
腹筋の強化することが予防となります。

・伸展型腰痛
腸腰筋、大腿筋膜張筋(主に股関節の屈曲筋)の短縮により、骨盤の過前傾、腰椎の過前傾がみられる。
同じ姿勢が続き立ち上がる際に痛み増強される。
股関節の屈曲筋の筋緊張緩和。ストレッチ!
腹筋の強化。
ハム、臀筋群の強化。

・回旋型腰痛
腹筋の筋力低下により偽回旋動作の繰り返しにより骨盤が前傾し、回旋伸展ストレスが加わるため起こります。
野球やテニスの回旋動作を多用するスポーツに
多いとされています。
予防として、腹筋の強化。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、ストレッチ方法や予防法などをお伝えしております。
お困りの方は一度ご相談ください。

夏に向けて!

2018.06.16 | Category: EMS,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

みなさん!!
・筋トレはしたいけど時間がない
・ダイエットには筋肉が必要と知ってるけどめんどくさい
・インナーマッスルは大切らしけど何をしたらいいのかわからない
・年齢を重ねるごとに筋肉が落ちてきた気がする
・医者に筋トレするように口酸っぱく言われているが気が進まない
このようなことをいわれた、思っている方はいませんか?

この中のお悩みをまるっと解決をしてくれるのが、「ラクトレ」ことEMS(Electrical Muscle Stimulation)なのです!

EMSトレーニングとはEMSの電気の刺激で、通常の運動より手軽に、筋肉のトレーニングをする事をいいます。
この EMSトレーニングの中のEMSとは、電気的筋肉刺激(Electrical Muscle Stimulation)の事を言います。 すでに欧米 諸国では、スポーツ選手(ジャンルを問わず)の筋トレや一般の人の筋肉トレーニングなどに、幅広い分野で 活用されています。

もともとは医療現場で手術後の寝たきりの方に向けて寝ていてもトレーニングができるというのでリハビリとして使われていました。

効率よく筋肉を鍛えるには週2回で行うのがいいペースとなります。
さらに生理学的に細胞が生まれ変わるには3ヶ月かかると言われています。
以上のことから『週2回を3ヶ月=24回』
個人差はありますが、効果を実感するためには最低3ヶ月かかります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院で夏に向けてトレーニングをしませんか?

足首の痛み

2018.06.14 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

足関節捻挫はスポーツでも多く起こりますが、スポーツをやっていない人でも、日常生活の中でも多く発生します。
階段を踏み外してしまったり、ヒールを履いていて捻ってしまったなど、様々な場面で足関節捻挫は発生します。
スポーツでは、どの競技でも最も多く発生する怪我になります。
ジャンプの着地時、スライディングをした際、急に止まった際など、こちらも様々な場面で発生します。

足関節捻挫で最も多いのは、足首を内側に捻ってしまうものです。
足首を内側に捻ると足首の外側の靭帯を損傷します。
外側の靭帯には、前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靭帯があります。
この3つの靭帯は足首が内側にいかないように足関節を補強しています。
靭帯の損傷の他に、外くるぶしの前方に腫れが出ます。また、外くるぶしの前や下に
圧痛が見られます。

足関節は外反より内反方向に可動性が高い関節です。
逆に言うと、外反方向には可動性が低いです。外反捻挫を起こしたときは、骨折を起こしたりと、内反捻挫よりも重症になりやすいです。
外反捻挫の場合は、足首の内側の靭帯である、三角靭帯を損傷します。
この靭帯の損傷とともに、剥離骨折などが起こりやすくなっています。
捻挫を起こした際は、骨折を合併していないか判断するために、レントゲンチェックをしたりしましょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院に治療はお任せください。

入浴がいい

2018.06.13 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

肩こりの原因についてですが、原因はいろいろとあります。
中でもデスクワークなどで同じ姿勢を長時間強いられる方やパソコンをじっと見つめているような方がなりやすい傾向にあります。
筋肉の緊張が慢性的になると肩こりになるのです。
また精神的に緊張しやすい、さまざまなストレスに常時さらされている人も肩こりを発症しやすいタイプといえます。

体を緊張させる交感神経の働きが優位になり、体の筋肉が強張ってしまうためです。
基本的にはお風呂に入ること自体が肩こりには良薬です。副交感神経が優位になり、血流がよくなり、筋肉も弛緩して症状がやわらぐのです。

みなさんが1日の疲れをいやす入浴が肩こりにはよいそうです!

■肩こりには40℃のお湯に10分
肩こりがある場合は、基本は肩まで浸かって温めてあげることです。肩まで浸かったら、肩や首を回すなど運動をして筋肉をほぐすとさらに効果的です。
肩こりは肩の周辺の筋肉である僧帽筋などが緊張で硬くなってしまうことによって、血流が悪くなることから生じます。
肩まで温められるくらいのお湯を張り、肩まで浸かって温めます。肩こりの方に効果が高いのは40℃のお湯に10分くらい浸かることです。
これはややぬるめのお湯にじっくりと浸かることで、自律神経の中でも副交感神経に働きかけ、心身のリラックス効果を生みだすためです。

■入浴中の肩こり解消ストレッチ
肩を温めたら、もっと積極的に肩こりを解消していくために周辺をストレッチします。
肩を前まわし、後ろまわしに回し、硬くなった肩甲骨をほぐしていきましょう。肩甲骨を後ろでぐっと寄せるように回します。
前後にほぐれたら、上下にもほぐしていきます。肩をぐっと上に引き上げ、息を吐きながら、一気に力を抜いて、肩を落とします。
これを2~3回繰り返し、肩周りの血流をアップさせます。

スマートフォンやパソコン、長い時間読書をするなど、日常生活では肩は内側に入りやすいので、胸を張り、肩を正しい位置に戻すようにストレッチしていきます。
肩が凝っている人は首や腰など全身の筋肉にもこわばりが生じていることが多いので、肩周辺のストレッチに加えて首や腰のストレッチやマッサージも取り入れるとなお良いでしょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、頑固な肩こりの痛みを根本から治療しています。