TEL

Blog記事一覧 > 2017 10月の記事一覧

肩こり症状お任せください!

2017.10.31 | Category: 整骨院,肩こり・頭痛,肩の痛み,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,顎の痛み,首の痛み

肩こりの症状として、後頭部〜肩(肩甲骨、鎖骨)にいたる部分にある筋肉が異常に緊張する事によって起こる違和感や痛みなどの症状を言います。

 

単に肩まわりの筋肉が異常に緊張した場合以外にも顎や、頸にも原因がある場合もあります。
顎や頸周りに原因がある場合にも肩こりや違和感を感じます。

 

顎に原因がある場合は、歯の噛み合わせが悪くて食べ物を噛むときに下顎の骨がずれてしまい食べ物を噛むときに使う咀嚼筋という筋肉が異常に緊張してしまい、頸の周りに違和感を感じたり、肩こりに繋がる可能性があります。

 

歯ぎしりをする方は、側頭部や、顎まわり、頸周りの筋肉も異常に緊張してしまい肩こりの症状は出やすいです。

 

頸周りに原因がある場合は、人の頭は5.6キロあると言われています。
それを支えているのが頸の骨や筋肉です。

 

そのためストレートネックの人や、デスクワーク、スマートフォンを凝視することが多い人はどんどん頸が前に出てしまい、いわゆる猫背姿勢になってしまいがちです。
そうなる事により、頸周りの筋肉が異常に緊張した状態になってしまい違和感を感じ、肩こりに繋がります。

 

違和感を感じ始めたら葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院までお気軽にご相談ください!

腰痛症状の違い

2017.10.30 | Category: 整骨院,腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

腰痛とは、痛みが続く期間の長さにより、「急性腰痛」と「慢性腰痛」の2つに分けることができます。

 

また、それぞれ痛み方や痛みの大きさに特徴があります。

 

急性腰痛は「腰に痛みが生じてから、数時間で痛みが治まってしまうもの」をいいます。

 

特徴としては

 

①急激で激しい痛み

 

②安静にすると痛みが徐々に和らぐ

 

③自然に治る

 

④腰にははっきりとした異常がみられない

 

 

慢性腰痛は「腰の痛みが3カ月以上続くもの」をいいます。

特徴としては

 

①鈍痛がいつまでもしつこく続く

 

②いつの間にか痛み始める

 

③自然に治る可能性が低い

 

④完治しにくい

 

というもがあります。

 

腰痛を一つとってみても、急性と慢性があり、そこから更に分類もされてきます。

たかが腰痛、されど腰痛。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では腰痛の施術を数多くしてきました。

なので腰痛治療に自信があります。

長年続いた腰痛や急に痛みが出た腰痛などでお困りの方は、お気軽にご相談ください!

交通事故のことなら葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお任せください!

2017.10.29 | Category: ムチ打ち治療,レンタカー事故,交通事故専門治療,交通事故証明,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首の痛み

事故に遭われた方は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院までお気軽にご相談ください。

 

今日は交通事故に関してお伝えしたいと思います。

 

みなさんは今までに
自分自身・ご家族の方・親戚の方・お友達の方で交通事故に遭われたなどの経験はありますか?

 
交通事故で特に多いのが首の痛みです。

なぜ首の痛みが多いかと言いますと、、、
車で急ブレーキや衝突をした時に首が急に動かされたり、急に力が入ってしまい痛めることが多いのです。
そんな時みなさんはどういう対応を取られてますか?

 

まずは整形外科や整骨院でしっかりと治療をしてください。

ご存知ない方もいらっしゃるかと思うのですが、整骨院でも交通事故の治療が受けられるんです。

 

交通事故当日の痛みであればすぐに整骨院や整形外科などの病院に行かれますが、結構多いのが2〜3日経ってからまたは1週間くらい経ってから痛みが出るパターンです。

稀なケースではなく、多いケースです。
そんな時、皆さんは単なる肩凝りや疲れなどと勘違いされてませんか?
または時間が経ってしまったので治療することはできないと諦めていませんか?

諦める必要はありません。

 

それは筋肉による炎症や傷、神経の損傷かもしれません。

 

諦めて治療をしないとさらに症状が悪化したりする恐れもあります。

 

そのままにせずにまずは葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院までお気軽にご相談ください。

骨盤矯正のことなら国家資格を取得した葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお任せください!

2017.10.28 | Category: 姿勢,整骨院,肩こり・頭痛,肩の痛み,腰痛,膝痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首の痛み,骨盤矯正

骨盤矯正のことなら国家資格を取得した体のプロが検査から施術まで行うので安心して施術を受けていただけます。

 

今回は腰痛と骨盤との関係について書いていきたいと思います。

 

腰痛は筋肉だけでなく、骨格が原因で腰痛を引き起こす場合があります。

この場合だと、マッサージをしただけではよくならず、じっとしていても痛みを感じることがあります。骨盤が歪むことで、そこについている筋肉が引っ張られ続けると痛みを引き起こしてしまうので、骨盤矯正により歪みを改善することで痛みも引いてきます。

こういった症状でお悩みの方は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院までお気軽にご相談ください。

肩こりは肩だけが原因でなく、骨盤が原因となって起こることがあります。

この場合は肩や首だけをみていてもなかなか良くなってきません。

 

骨盤が歪むことで背骨が歪み、背骨から肩甲骨にくっついている筋肉が引っ張られ肩の筋肉に常に負担をかけ続けてしまいます。

骨盤矯正をすることで、この引っ張りを減らしていくことができれば肩の筋肉の負担も軽くなり肩こりの改善につながっていきます。
膝の痛みでお悩みの方、本当の原因は膝ではなく骨盤にあるかもしれません。

膝と骨盤は大腿骨という太ももの骨で繋がっています。

そのため、骨盤が歪んでしまうと体の重心が変わってしまい、その負担を支えるために膝に負担がかかるようになってしまいます。

 

ひどくなっていくと、ただの膝の痛みだけでなく変形性膝関節症にもつながってしまうので早い段階で体全体のチェックをすることが大切です。

 

上記の症状でお悩みの方は一度葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院までお気軽にご相談ください。

スポーツでの怪我は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお任せください!

2017.10.27 | Category: スポーツ障害・怪我,小中学生の野球・サッカーの怪我,整骨院,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院ではスポーツでの怪我の方が多く来院されています!

 

スポーツ外傷とは、転倒・衝突などの1回の外力により組織が損傷されることで、より一般的な言葉で言えば、「ケガ」に相当します。

 

外力には直接的な外力(直達外力)と間接的な外力(介達外力)があります。

 

スポーツの現場ですと、相手と接触してケガをしてします「接触性外傷」と切り返し動作などにより身体のバランスを崩すことによって起きる「非接触性外傷」に分けられます。

非接触性外傷の代表的な疾患としては、アキレス腱断裂、肉ばなれ、膝前十字靱帯損傷などがあげられます。

 

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では豊富な施術経験と全国常連校のトレーナーも行っているので安心して施術を受けていただけます。
スポーツ障害とは、スポーツ外傷と比較し比較的長期間に繰り返される過度の運動負荷により生ずる筋肉・腱・靱帯・骨・滑膜などの慢性炎症変化である。
特徴として、急性の局所的な炎症所見は少ないです。熱感・発赤・腫脹は軽微にみられます。

 

運動時の痛みは持続する傾向があり筋力低下や患部を押したときの痛みがあります。
治癒期間は外傷と比較して長時間を要してしまいます。

 

バーナー症候群はアメリカンフットボールを代表とするコンタクトスポーツや格闘技などで、頭や肩に強い衝撃を受けた際に首から上肢・指先にかけて激しい放散痛が生じることがあります。

バーナー症候群には

①ストレッチ損傷

②神経根圧迫損傷

③腕神経叢の直接圧迫

④脊柱管狭窄症による脊髄障害に分けられます。

 

①は左肩からタックルをし、頭部が右側へ、左肩が下方へ強く押され、腕神経叢に牽引力が生じ発生します。

②は頸椎が左側屈曲強制されることにより左神経根が圧迫をうけ、左上肢に放散痛を生じ発生します。

③はアメリカンフットボールのショルダーパットが腕神経叢を圧迫することにより発生するといわれています。

④を発症する競技者は脊柱管狭窄症をもともと持っている方に多いといわれています。

 

国家資格を取得した葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では安心して施術を受けていただけます。

猫背のことなら葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院まで!

2017.10.26 | Category: 下肢の痛み,姿勢,整骨院,猫背,猫背矯正,肩こり・頭痛,肩の痛み,腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首の痛み

猫背や姿勢が気になる、猫背で痛みがでる方は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお任せください!

 

猫背とは、簡単に言うと「背骨が丸まって頭が前に出ている状態」です。

よく耳にする言葉ですよね。

 

頭の重さがどれくらいあるかご存知でしょうか?

頭の重さは体重の1割と言われています。(体重50kgの人で5kg程度)
更に、猫背姿勢によって、頭を傾ける角度が増すにつれ、15度で12kg、30度で18kg、45度で22kgと首への負担が強くなっていきます。
知らず知らずのうちに首に掛かる負担が倍増しているんです。

 

そうすることにより、首への悪影響はもちろん、肩や腰への影響が出てきてしまいます!

 
猫背で気になっている方、多いのではないでしょうか?

ここで猫背の原因となる五大生活習慣を紹介します。
①デスクワークでの作業

 

②悪い座り姿勢

 

③体力系の作業姿勢やスポーツ姿勢

 

④スマホ姿勢

 

⑤一人で考え込みがちな性格

 

一つでも当てはまる方は、すでに猫背姿勢かもしれません!!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院の猫背矯正は姿勢分析からセルフケアまでしっかりと、お伝えします。

 

猫背姿勢は身体にいろいろな症状を及ぼします。

単に姿勢が悪いだけではないんです。

 

首、肩の痛みはもちろん、見た目が老けて見えたり、腰から下にも悪影響が出ます。

腰痛、ぽっこりお腹、垂れ尻、自律神経失調症やうつ病などの危険性もあります。

姿勢が改善されれば、このような症状も改善されるかもしれません!

 

そうなる前に葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院までお気軽にご相談ください!

コアトレのことなら葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院まで!

2017.10.25 | Category: EMS,姿勢,整骨院,猫背,産後,腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

トレーニングやインナーマッスルのことなら国家資格を取得した体のプロの葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお任せください!
今回は腰が痛い方は必見!!
腰痛がある方は、腹筋が弱い可能性があります。
もちろん腰の筋肉の緊張が強いのも1つですが、腹筋が弱くなってしまい、腰に負担がかかってる可能性があります。

腰自体が悪いのも一つですが、腹筋の可能性大です。
そこで、腹筋を鍛えることで、腰への負担を減らすことができ、人工的な骨盤ベルトの代わりになります。

そうです!天然の骨盤ベルトを自分で作るんです。
皆さんしっかり腹筋を鍛えて、ぎっくり腰を防ぎましょう!!!
インナーマッスルを鍛えることで、天然の骨盤ベルトを作るのはお話しましたが、姿勢を維持する筋肉がつきます。
猫背姿勢の方や、反り腰の方はしっかりこのインナーマッスルを鍛えることで姿勢を維持することが苦じゃなくなります。
インナーマッスルがない人は、自分の身体を自分では支えれない為に姿勢が崩れてしまいます。
そこで大活躍をするインナーマッスルを鍛えてあげるだけで姿勢を維持することができます。
産後で腰を痛めている方も多いのではないでしょうか?

 

産後の方はリラキシンといったホルモンが出ますそのホルモンが出ることで骨盤底筋といった筋肉が緩みます。
緩むことによって、骨盤のズレが生じたり、腰痛に繋がります。

 

そうなる前に、しっかり骨盤底筋を鍛えてあげ、引き締めた体づくりを目指しましょう。
お子さんが産まれて大変な時期に腰痛で悩まされると子育てにも集中できないかもしれません。
しっかり予防して、子育てに集中できる環境作りをしましょう!

 

わかっているけどご自身でトレーニングをできない方は、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にあるEMSが大活躍です。

当院では産後の方が多くEMSを活用しています。

 

EMSは横に30分間寝ているだけです。

一度体験してみてください!

肩こりといえば国家資格を取得した葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお任せください!

2017.10.24 | Category: つかれ,姿勢,整骨院,猫背,肩こり・頭痛,肩の痛み,腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,鍼灸治療

肩こりの治療は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院が得意とする治療の一つです。

 

肩こりの原因の一つとして歯ぎしりがあります。

意外と知られていない原因の一つかと思います。

そもそも何が悪いかというと、歯ぎしり・食いしばりの力は約300〜900kgもの力が加わります。

すると、顎周りの筋肉だけでなく首、肩、側頭部の筋肉も激しく収縮させる力があります。

 

歯ぎしりや食いしばりが原因で、慢性的な首こり・肩こり・片頭痛の症状が出てきてしまうのです。

 

長時間続く首や肩の慢性のこりは、自律神経を乱し様々な病気を引き起こすこともあります。

自律神経が乱れてしまうと肩こり以外にも様々な原因にも繋がってきてしまいます。

 

改善するためには、マウスピースをつけることが重要です。

装着することにより周りの筋肉への損傷を減らしてくれることと、くいしばり・歯ぎしりを減らしてくれます。

 

姿勢が悪いと肩こりになりやすいです。

体感されている方も多いのではないでしょうか?

 

人間の頭の重さはどれくらいかご存知でしょうか?

人間の頭の重さは体重50kgの人で約5kgあると言われています。

 

それを人間は首だけで支えようとしていますので、姿勢が悪いだけで首や肩にもろに負担がかかってしまいます。

特に、パソコンを見ている時などです。

姿勢が前かがみになり、顎が前に出ているとストレートネックという状態になります。

 

慢性的に肩こりが起こりやすくなってしまいます。
肩こりはストレスによる緊張で起きることもあります。

ストレス社会なので大なり小なり、ストレスはかかっていると思います。

 

肉体や精神にストレスを受けると、筋肉を緊張させる自律神経の働きが活発になります。

そのために、肩周辺の筋肉が緊張し、肩こりが起こります。

 

一時的なものであれば問題はありませんが、連日ストレスにさらされた筋肉に過剰な緊張状態が続くと、肩こりが慢性化することがあります。

この慢性的なものは厄介です。

 

また、寒さにより筋肉が緊張してしまう場合もあります。

寒さにより自律神経の乱れが引き起こり筋肉の緊張が強まり肩こりになってしまうのです。

これからの時期は特に気をつけたいですね。

 

もし肩の不調でお困りの方は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院までお気軽にご相談ください!

腰痛治療といえば国家資格を取得した葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお任せください!

2017.10.23 | Category: スポーツ障害・怪我,整骨院,腰椎分離症,腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

腰痛治療といえば国家資格を取得した葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお任せください!

 

腰痛の原因はいろいろあります。例えば、過度の運動、姿勢の悪さ、筋肉の衰えなどが原因にあげられます。
過度の運動では、急激な運動や、過度の運動の繰り返しで腰への負担が大きくなっていきます。
姿勢の悪さでは、猫背の姿勢になってしまい腰は反り腰が強くなって、腰への負担が大きくなります。
筋肉の衰えでは、腰回りの筋力が低下し、姿勢を維持できず結果的に姿勢の悪さに繋がってしまいます。
このようなことが原因で腰痛へと繋がっていきます。

 

 

スポーツ選手に多い腰の痛みの1つは、「腰椎分離症」です。
これはスポーツをしている10歳代の学生に多く発生します。
分離症が起こる原因は、身体の柔らかい時期である中学生の時期に、ジャンプをしたり、腰を回旋させる動きを繰り返し起こすと腰椎分離症に繋がっていきます。
長期間腰の痛みが続くようでしたら一度、国家資格を取得した葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお気軽にご相談下さい。

もしかしたら分離症を起こしている場合があります。

 

腰椎分離症はレントゲン検査では判断することができません。
MRI検査で早期診断、早期治療をすることが重要です。
腰椎分離症とは、腰椎の疲労骨折です。

レントゲン写真を斜めから見たときに、「スコッチテリア」という犬の陰影の首の部分に亀裂が走ります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では腰痛の治療を得意としています!

腰痛のことなら葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院まで!

2017.10.22 | Category: ギックリ腰,姿勢,整骨院,腰椎分離症,腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

腰痛治療といえば国家資格を取得した葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお任せください!

 

腰痛の原因はいろいろあります。

例えば、過度の運動、姿勢の悪さ、筋肉の衰えなどが原因にあげられます。
過度の運動では、急激な運動や、過度の運動の繰り返しで腰への負担が大きくなっていきます。
姿勢の悪さでは、猫背の姿勢になってしまい腰は反り腰が強くなって、腰への負担が大きくなります。
筋肉の衰えでは、腰回りの筋力が低下し、姿勢を維持できず結果的に姿勢の悪さに繋がってしまいます。
このようなことが原因で腰痛へと繋がっていきます。

スポーツ選手に多い腰の痛みの1つは、「腰椎分離症」です。
これはスポーツをしている10歳代の学生に多く発生します。
分離症が起こる原因は、身体の柔らかい時期である中学生の時期に、ジャンプをしたり、腰を回旋させる動きを繰り返し起こすと腰椎分離症に繋がっていきます。
長期間腰の痛みが続くようでしたら一度ご相談下さい。

もしかしたら分離症を起こしている場合があります。

育成年代の腰痛は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院が得意とする治療の一つです。

 

また子供の腰痛の一つとして挙げられるのは腰椎分離症です。

腰椎分離症はレントゲン検査では判断することができません。
MRI検査で早期診断、早期治療をすることが重要です。
腰椎分離症とは、腰椎の疲労骨折です。レントゲン写真を斜めから見たときに、「スコッチテリア」という犬の陰影の首の部分に亀裂が走ります。

病院で腰椎分離症と診断された方は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお気軽にご相談ください。