TEL

Blog記事一覧 > 2017 11月の記事一覧

腰痛は5種類に分かれます

2017.11.30 | Category: 整骨院,腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

腰痛ときいて単なる腰の痛みだと思っている方が多いと思います。

その腰の痛みは、スポーツ活動の多い学生にも起こるのです。

腰痛にはタイプがあり、伸展型・屈曲型・回旋型・安静型・不安定型の5つのタイプに分かれます。

安静型と不安定型は原因が突き止めにくいといわれています。

伸展型は、身体を後ろに反らす動作で痛みや違和感が強くなります。
身体の前にある、腸腰筋や大腿四頭筋などの股関節を曲げるときに使う筋肉の柔軟性の低下や伸ばすときに使うハムストリングスがうまく使えていないことなどが考えられます。
この時、慢性的に痛みが続いている場合は腰椎分離症も考えることがあります。

屈曲型は、身体を前に倒したときに痛みが強くなります。
腰背部や殿部の筋肉、ハハムストリングスの緊張が原因であることが考えられます。
この時、髄核が後方に飛び出てしまう、腰椎椎間板ヘルニアを疑うことも大切です。

回旋型は、身体を左右にひねったときに痛みが強くなります。
腹筋がしっかり働いていない、筋力不足、腰方形筋の柔軟性の低下などが原因と考えられます。

これらの症状が出た場合、痛みの軽減が最優先です。
体幹部の筋力アップ、筋持久力向上、股関節周りの柔軟性を出すことは、腰痛にとって一番いいことだといわれています。
また、腰痛に関係している筋肉のストレッチだけでなく、全身的に行いましょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院で、しっかり治療して、スポーツを楽しみましょう。

マウスピースの役目

2017.11.29 | Category: マウスピース,整骨院,肩こり・頭痛,肩の痛み,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

肩こりの原因の一つに噛み合わせが関係していることをご存知ですか?

本日はそんな、噛み合わせの改善法についてお話したいと思います。

そもそも噛み合わせと、肩こりがイコールで結び付きにくいですよね?

噛み合わせが悪いと、重心をずらしてバランスを取ります。
頭のバランスが崩れると、さらにバランスをとるために肩や腰に歪ませてバランスをとるようになります。
バランスをとるために、他の部位でバランスを崩しながらカバーしてしまうのです。
このようにして、噛み合わせのアンバランスが、さまざまなバランスの乱れ・歪みを生じ、姿勢を悪くしてしまいます。
よって、肩こりや、頭痛、腰の痛みなどにつながってくるのです。

改善方法としては、マウスピースの装着をお勧めしています。
寝ているときの歯ぎしりが噛み合わせを悪くします。
なのでマウスピースをつけるだけでもかなり変わってくるのです。

マウスピースは、顎まわりや、頸周りの筋肉の負担も減らしてくれます。
ドラッグストアなどでお湯を使ってできるマウスピースなどを買うことができます!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、肩こりの治療はもちろん、噛み合わせの治療も行っています。

保険は大切です

2017.11.28 | Category: 交通事故,整骨院,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

交通事故に遭ってしまって、「相手方が任意保険に入っていなかった」という経験はないでしょうか?

そんな時どうしたらいいか困ってしまいますよね。

今回は、「無保険事故」についてお話ししたいと思います。

保険に入っていないのに補償などはどうなるのか不安に思う方も多いと思います。

無保険事故とは、加害者が任意保険に入っていなくて、起きてしまった交通事故のこと言います。
自賠責保険に加入していない事故も無保険事故と呼ばれますが、一般的には任意保険未加入の事故のことを指します。

車を運転する人は必ず自賠責保険にはいります。
もし、交通事故のとき自賠責保険で足りない分は、加害者本人に請求することができます。
この場合任意保険には加入していません。ですが、被害請求額が少なくなるということはないです。

自賠責保険に加害者が加入していない場合、法律違反となります。ですが少なからず未加入者はいるといわれています。
このような場合は、加害者が基本的に全額払うことになります。

当院では交通事故に強い弁護士の方をご紹介することができます。
保険の対応など、難しいことの対応もしっかりすることができます。

事故の後で痛みもあり、仕事も休めないという状況だと精神的にも辛さが出てきてしまうと思います。

そうならないためにも、当院にご相談いただければ、弁護士の方を紹介し治療やお仕事にも集中していただける環境づくりをし、安心して生活を送っていただけるお手伝いをさせていただきます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院に交通事故についてのご相談はお任せください!

パターン別でみた骨盤

2017.11.27 | Category: 整骨院,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,骨盤矯正

こんにちは!

「骨盤の歪み」とは、骨自体が湾曲したり変形しているわけではないのです!!知っていましたか?

骨盤を構成している3つの骨(寛骨、仙骨、尾骨)がずれていることを、骨盤が歪んでいる状態といいます。

骨盤の歪みにはパターンがあり、前後に歪んでいるパターンと、左右に歪んでいるパターンがあります。
今回は、前後に歪んでいるパターンについてお話しします。

前後に歪んでいる状態は、骨盤が前に倒れている状態なので「前傾」といい、後ろに倒れているので「後傾」といいます。

骨盤が前傾することで起こる影響は、
・反り腰になりやすい
・腰痛が出やすい
・下腹部が出やすい
・出尻になりやすい
このようなものがあります。
脊柱は正常では緩やかなS字カーブを描いています。なので腰椎は前弯しています。
しかし骨盤が前傾してしまうとこの前弯をさらに強くしてしまい、反り腰に繋がっていきます。
反り腰になると腰椎にかなりの負担が集中してしまうため、腰痛になりやすいです。

骨盤が後傾することによって起こる影響には、
・猫背姿勢になりやすい
・ポッコリお腹になりやすい
・膝の痛みの原因になりやすい
猫背姿勢になってしまうと背中や肩の筋肉が引っ張られてしまい、肩の痛みや背中の痛みに繋がります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院で、どっちのパターンか診てもらいませんか?

運動したら

2017.11.26 | Category: シンスプリント,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

走ったり、ジャンプしたり、歩いたり、止まったり、スポーツの動作でも負担の生活でもこれらの動作って使いますよね。
日常生活でしたら、痛みは出ないと思います。ですが普段部活動などで動かしている学生はどうでしょうか?
そんな学生の皆さん足に痛みが出たら困りますよね?

今回は使いすぎで起きてしまう、「シンスプリント」についてお話しします。
シンスプリントとは、脛骨過労性骨膜炎、過労性頸部痛とも言います。
ランニング、ジャンプ、ターン、ストップ動作の際に足関節の底背屈を繰り返し行ったことにより、下腿後面内側筋群に疲労が起こり、これらの筋群が伸びるための力が低下したことによって、下腿後面内側筋群が引っ張られることによって脛骨骨膜に損傷や炎症が起きた状態をいいます。
また、足部の疲労によるショック吸収力の低下や足部の過回内も原因となっています。

下腿後面内側筋群とは、ヒラメ筋、後脛骨筋、長趾屈筋のことをいいます。
ここに沿った痛みや圧痛がみられます。
簡単な検査として、ストレッチング痛、抵抗運動時に痛みが出ます。

足や膝のアライメントの異常でもシンスプリントになりやすいです。

痛みが出てしまった時はすぐに運動をやめて、アイシングをしてください!
また、下腿後面内側筋群のストレッチをしっかり行うことも大切です!!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院で、アライメントから治しませんか?

酸素の量は大切です

2017.11.25 | Category: 猫背矯正,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

お仕事をしているときの姿勢って気になったりしますか?
最近デスクワークやスマートフォンの作業が多くなってきています。
その時の姿勢で、もしかしたら猫背になっているかもしれません!!

今回はそんな猫背が原因で起こる症状について書いていきたいと思います。

そもそも猫背とはどんな状態をいうと思いますか?

簡単な特徴として、
・背中が丸くなる。
・頭が前に出てしまう。
・腰が反ってしまう。
状態を言います。

この姿勢によって、肩こりや腰痛、頭痛、スポーツ障害、内臓系のトラブル、自律神経系のトラブルと様々な症状が起こりうる可能性があります!

首の筋肉は、頭の付け根から肩甲骨にくっついています。
重たい頭を首の筋肉で支えているので頭が前に出てしまうと、筋肉が伸びてしまうので頭痛が起こったりしてしまいます。

内臓系のトラブルとしては、肺の機能低下がよく言われています。
肺は呼吸をし、酸素と二酸化炭素の交換をしてくれる働きを持っています。
猫背になり丸まってしまうと、肺が小さくなってしまいます。
その状態で呼吸をしていると、100%入る酸素が半分しか入らなくなってしまいます。
なので、酸素が吸いにくくなってしまい、疲れやすかったり、眠くなりやすかったりします。

このような症状が出てしまってからだと、改善するのに時間が掛かってしまう人が多いです。

このような症状で苦しまないように、少しでも違和感があったり、姿勢の悪さが気になる方は、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院で、是非早めのご相談をオススメします!!

EMSのメリット

2017.11.24 | Category: EMS,インナーマッスル,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

「EMSってどんないいことがあるのか」と気になりませんか?

詳しい説明があった方が「やる気」になりますよね。

本日は、EMSを使うことによってのメリットをお話ししていきたいと思います。

まずは、EMSについてです。

起き上がるときに使う腹直筋と身体を捻るときに使う腹斜筋を鍛えるための電気です。
お腹にパットを8枚はり、30分寝ているだけで腹筋9000回をやったのと同じ効果があるといわれています。

お腹に電気を流すことで、身体を支えてくれる「インナーマッスル」を鍛えます。
インナーマッスルは皮膚から15㎝も下にあり、普段は鍛えにくいのですが、この電気は奥深くまで届きます。

また、3カ月続けることによって、痩せやすい身体に変わります。
代謝が6%、体温が1℃上がるといわれているので、冷え性の方や、むくみがある方にも効果的です!

EMSで身体を鍛えることで得られるメリットとしては、
・部分刺激でメリハリの付いたボディラインに!!
・内臓や骨盤の位置を修正し、バランスのいい身体に!!
・基礎代謝がアップし、痩せやすい体質に!!
ほかにもたくさんあります。

気になるお腹まわりや、太ももやお尻、二の腕を引き締めたいと思っても、
部分痩せはなかなか難しいですよね。

EMSなら痩せたい部分に集中して刺激を与えることができるので、痩せたい部分を集中的に鍛えられます!!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院で、一緒にトレーニングしませんか?

足の使い方

2017.11.23 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

腰が痛くなったら困ってしまいますよね?

その痛み、足の使い方が原因だってこと知っていましたか?

普段何気なく歩いている時の歩き方や立ち方、体重のかけ方で左右差が出てしまうと腰に痛みが出てしまいます。

ここでポイントになってくるのは、「利き足」と「軸足」です!

まずは利き足と軸足を見つけましょう。
椅子に座ったとき足を組みたくなる方はどちらですか?
組んだとき、上にきた足が利き足、下にくる足は軸足ということになります。

立っている時に、無意識に軸足に体重をかけていませんか?
この利き足と軸足の「左右差」をなくせば、自然と腰の痛みもなくなってきます。

片足だけに体重をかけないように日頃から心がけておくことが重要になってきます。

足首や膝周りの筋肉、関節をほぐし左右均等にします。

この利き足と軸足を知っておくと、普段の生活の中で役に立つことがあります!

オフィスなどで座っている時、すぐに腰に痛みが出てしまう場合、タオルを折りたたみ、軸足側のお尻の下に敷きます。
こうすることにより、利き足と軸足で不均等に流れていた血流がバランスよく流れてくれるようになります。
「足を組む」ということは左右の足の血液の流れのバランスが悪くなるため起こるので、左右の血流を整えることにより、腰の痛みがなくなっていきます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院ちょっとしたことでも気づくプロがいます!
痛みを抱え込まず、一度相談してください。

抱っこをしたくても

2017.11.22 | Category: 肩の痛み,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

みなさんは、お子さんに「抱っこしてー!」と言われたらどうしますか?
すぐに抱っこしてしまいますか?それとも、「肩が痛いからな…」と少しとどまりますか?
そんな時、この痛みさえなければ!!と思う方もいると思います。

本日はそんなお子さんがいらっしゃる方で肩が凝りやすい原因についてお話ししていきたいと思います。

肩凝りとは筋肉が何らかの原因で傷ついてしまい、それが治らずに筋肉全体が張っている状態のことをいいます。

特に女性の方に多いのですが、なぜかというと男性よりも筋肉自体の線維が細かったり弱かったりするため、
お子さんを抱っこしたり、前かがみ姿勢になった時に肩周りの筋肉に負担がかかってしまい、その負担に耐えられないため筋肉に傷がついてしまうので。

みなさんの中で痛みや重だるさを感じたことがある方はいらっしゃいますか?
もしかしたら、筋肉が傷ついてしまい治っていない状態かもしれません!

その状態を放っておくと、慢性的なものに変わってきてしまいます。

そうなる前に葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にご相談ください!
国家資格を持ったプロがそのつらい肩こりを治療し、抱っこできるようにします!!

治療はどこで?

2017.11.21 | Category: 交通事故,交通事故専門治療,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

交通事故に遭ってしまってケガをしたとき、治療はどこでやったらいいのか悩んでしまうかと思います。

交通事故に遭ってしまい、怪我に対して治療を行っていくとなったときに、
治療を受けることができる場は整形外科(病院)と整骨院の2カ所があります。

基本的には、まず医師の診断は必要になるので整形外科への受診はお勧めしています。

なぜかというと、「目に見えないケガ」をしている可能性もあるからです。
例えば、頸椎損傷、脳の損傷、骨折などいろいろなことが、交通事故では考えられるからです。

その後の治療に関しては、整形外科と併用して整骨院で治療をすることはできます。

どこで治療を受けるのかも、患者様の自由です。

ですが、保険会社から整骨院への通院が認められないという場合もあります。

どちらを受診するのかは患者様の自由です。
ですがこのようなケースの場合には弁護士に依頼、相談することがよいでしょう。

交渉次第では、整骨院への通院を認めてもらえる場合もありますし、自賠責保険に切り替えて被害者請求ができる可能性もあります。

なので、こういった場合は当院までご相談ください。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院ではこのように交通事故での困ったことに関しての相談をお待ちしております。