TEL

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

野球肘に多いのは?

2018.09.12 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

学生のみなさんこんにちは!

野球肘は、野球の投球による肘部の障害、特に「上腕内側上顆炎」を野球肘ということが多いですが、ゴルフやテニスなどのスポーツでも発症する中部の疼痛性運動障害のことをいいます。
また、成長期(少年期)の過酷な投球動作などにより発生する野球肘は「リトルリーガー肘」とも呼ばれています。
野球肘は
1.内側型(内側上顆、前腕回内屈曲筋群、内側側副靱帯、尺骨神経)
2.外側型(上腕骨小頭、橈骨頭)
3.後方型(肘頭)
の3つに分類されます。
この3つはそれぞれ発生する機序が変わってきます。
・内側型
多くはこの内側型がみられます。
投球動作のコッキング期から加速期にかけて肘にかかる強い外反力に対して、前腕回内屈筋群(長掌筋、橈側手根屈筋、尺側手根屈筋、浅指屈筋、円回内筋)が強く縮み、内側側副靱帯により強い引っ張る力が肘の内側に働くため起きます。
症状としては、内側上顆部の疼痛、腫脹、圧痛、少しの肘伸展障害、投球時に疼痛、内側上顆炎、内側上顆裂離骨折、前腕回内屈筋群・内側側副靱帯損傷やその引っ張りによる裂離骨折などが起きると考えられます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、野球肘でお困りの学生の味方です!!
なんでもご相談ください。

人身事故

2018.09.11 | Category: 交通事故専門治療,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
今回は交通事故の中で「人身事故」について書いていきたいと思います。

交通事故において人身事故は、歩行者対車だけではなく、車に乗っていてもむちうちなどのけがを負った場合も適用可能になります。

交通事故の直後では体も気持ちも興奮状態にあり、その場で痛めていても痛みがわからない場合が多くあります。
なので、体の痛みがなくても整形外科や整骨院などの医療機関で検査を受けることを強くお勧めします。

物損事故だけで終わってしまうと、車の修理費や服の費用だけで終わってしまい、10万~20万円とその金額も人身事故に比べ大幅に下がってしまいます。

その後体の痛みが出始め日常生活に支障が出てきてもその後の治療などは自己負担になってしまう可能性があります。

物損事故から人身事故への切り替えも可能ですが、警察への届け出を7~10日以内に行う必要があります。

なので、早期に対応していかなければなりません。

むちうちになってしまってから、首の痛みで悩ませる方、ひどければ頭痛、吐き気で悩ませる方も多くいます。

早期に治療し症状を改善していくことが今後の生活のためにも重要になってきます。
当院ではむちうちなどの治療に特化したトリガーポイント治療は関節調整法も行っています!

痛みで悩まないためにも是非一度葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院までご相談ください!

腰の痛みのメカニズム

2018.09.10 | Category: 未分類,腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

腰痛ときくとどんなことを思い浮かべますか?

腰痛が起こる原因についてみていきましょう。
腰痛には
1、筋肉の痛み
2、病気
3、疾患
4、心因性
などがあります。

今回は「筋肉による痛み」についてお伝えしていきたいと思います。
筋肉の痛みは腰にかかる負担が重なっていくことで痛みが出てしまいます。
筋肉の緊張がおこると筋肉事態が固くなります。
筋肉は酸素や血液を全身に運んでくれる役割があります。

その筋肉が延ばされるとどうなると思いますか?
酸素や血液が行きにくくなりますよね。
はじめはその状態で「コリ」というものになります。
だんだんとそのコリが大きくなっていき、神経を圧迫することで「痛み」というものに変わってしまうのです。
その痛みが大脳皮質を刺激することにより、皆さんがいつも感じる「腰が痛い」に代わっていくのです。

痛みのメカニズムはわかっていただけたでしょうか?
この痛みが出やすいのが、骨と筋肉がついている付着部と言われているところです。
小さな傷がだんだん大きくなることで痛みに代わっていきます。

このように小さな傷の時、違和感を感じた時に葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にご相談ください!

整形外科と整骨院の違い

2018.09.06 | Category: 交通事故専門治療,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

みなさんが整形外科に行くときはどんな時ですか?
整形外科に行く人の大半は骨折、捻挫、腰痛等があると行くと思います。

レントゲンやMRIは専門的な病院でしかみることができないので大きな怪我などでは一度行かれたほうがいいでしょう。
接骨院では骨折、脱臼、捻挫、打撲等を見ることができます。

整形外科と違い、状態を確実に把握することはできませんが後療法として様々な施術を整骨院ではすることができます。

整形外科では電気のみでも、当院ではその損傷部位をかばってしまって二次損傷を起こさないようにします。

自宅でのケア、学生では復帰後も筋力を落とさずにプレーができるように指導をするなど患者さんに合わせて施術を行わしていただいています。
また、交通事故でも整形外科で体の状態を把握した後に後療法として接骨院にて通院して頂くことができます。

整骨院で交通事故の治療を行う場合は、整形外科や病院で診断書を書いてもらってください。
その診断書をもとに治療を行っていきます。
治療費は窓口負担額0円で行っております。

治療、事故の件等でお困りのかたは是非気軽に葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお越し下さい!!

首痛には体操

2018.09.05 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首痛

みなさんこんにちは。

本日は首の痛みについてお話します。

みなさん、ここ最近首の痛みが出ることはありませんか?
徐々に痛みが出るケースや、突然痛みが出るケースなんかありますよね。

首の骨は、重さが5〜6キロある頭を支え、上下左右に動かしたり、回転させたりと、複雑な動きをコントロールしています。それだけで首には日ごろから大きな負担がかかりますが、加齢によって首の筋肉が弱ったり、運動不足で首をあまり動かさないでいると、首の筋を違えたり、こりから筋肉痛を起こしたりします。
首の痛みの多くはこうしたタイプで、日常の習慣を見直したり、首の筋肉を鍛えることで改善されます。

突然痛みが出るケース
寝違え
朝眠りから覚めて起き上がってみると首に痛みがあることはありませんか。
それは寝違えの可能性があります。
疲労が溜まっていて寝返りが多く、一定方向に首が向いたまま身体が捻られてしまうと寝違えてしまうことがあります。
または枕が合わなくて寝違えになるケースもあります。

徐々に痛みが出るケース
不良姿勢
姿勢が悪いことによって首の痛みに発展するケースです。
猫背姿勢などで頭が前に落ちて背中の筋肉が伸びて常に緊張してしまう状態です。
常に首や背中の筋肉が緊張状態が続くとそこが次第にこりとなり、こりがひどくなると神経などを圧迫してしまって痛みに変わります。
結果的にはその痛みが身体にストレスを感じまた緊張状態を引き起こしと、身体の中に悪いサイクルができます。

そうならないためにも、普段から首周りや背中、肩甲骨にストレッチを行うようにしましょう。
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、ストレッチのやり方などもお伝えしております。

全身矯正

2018.09.04 | Category: 全身矯正,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは。
本日は全身矯正についてお話しします。

骨盤が歪む原因については生活習慣や日常的な癖などが考えられます。
・座るときは足を組む。
・立っているときに片足に重心をかける。
・カバンをいつも同じ肩にかけている。
・長い時間おなじ姿勢でいることが多い。
このような癖がある人は骨盤が歪んでいる恐れがあります。

ほかにもゆがみが出る原因があります!
1、背骨の歪み(猫背など)
猫背の方は見た目が悪いだけでなく、カラダにもさまざまな影響があります。たとえば、背中が丸くなっていると胃や腸などを圧迫して消化不良になったり、姿勢が悪いことで血行不良になり首や背中、肩の凝りがひどくなったり、腰痛が悪化することもあります。

2、骨盤の歪み
骨盤は体の中心にあり、「体を支える土台」の役割を担っています。ところが、普段の姿勢や間違った生活習慣、運動不足などによって骨盤はゆがんでいきます。骨盤のゆがみは、全身の骨格に悪影響を及ぼし、腰痛・膝痛・肩こり・首の痛み・頭痛・冷え性・便秘・生理痛・生理不順といった不快症状や、胃腸障害・高血圧といった生活習慣病を招く原因になります。また、猫背や下腹が出るといった体系の悪化も招きます。

3、筋肉の歪み
私たちの身体は骨と筋肉で支えられていますが、日常生活などの生活習慣で筋肉は左右非対称になっていき、骨の位置を少しずつ変えてしまいます。骨の位置が変わると、身体のバランスを整えるために、一部の筋肉だけが負担を受けて、その結果疲労感へと変わり、なかなか疲れが取れないようになってしまうのです。
特に肩こりや腰痛に悩まされている方は歪みの影響を大きく受けている可能性が高く、歪みを直すだけで症状が改善することもあるようです。

このようにゆがみを起こす要素はたくさんあります!
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、ゆがみに対しての治療を行っております。

女性に多い骨盤のゆがみ

2018.09.03 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

女性なら一度は耳にしたことのある「骨盤のゆがみ」。
じつは「骨盤のゆがみ」は腰痛を引き起こす大きな原因のひとつなのです。どんよりと重いイヤ~な腰痛の原因を探るなら、まずは自分の骨盤の状態を知ることからはじめましょう。骨盤のゆがみからくる腰痛のメカニズムから、腰痛改善のためのストレッチ、さらには予防法までしっかりとレクチャーします!骨盤はからだの中心に位置し、内臓や生殖器を包み込む構造になっています。
つまり骨盤は全骨格の中心!
骨盤の主な役割を見てみましょう。
歩くとき、骨盤は足からの衝撃を吸収し上半身を支える
座るとき、坐骨(骨盤の下部分)を支点としてからだを支える
立っているとき、骨盤が上半身と下半身のバランスをとっている
つまり寝ているとき以外、からだを起こしている間は常に骨盤があなたのからだを支えてくれているわけですね。骨盤がいかに重要な部位かわかりますよね腰のあたりにある5つの骨を「腰椎」と呼びます。腰椎がズレて周辺の神経が圧迫されることで腰痛が起こります。腰椎自身の病気やギックリ腰をのぞけば、腰椎だけがズレるということはほとんどありません。腰椎のズレの大きな原因となるのが、そう、「骨盤」のゆがみです!それもそのはず、腰椎は骨盤の真上で直結しているんです。骨盤がゆがむとそのまま腰椎へとゆがみが伝わり、腰椎のズレを引き起こします。つまり腰痛や腰の不調はほとんどの場合、「骨盤のゆがみ」と深い関係があるというわけです。
オフィスワーカーのみなさん、デスクワークで1日中座りっぱなしなんて人も多いのではありませんか?

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、骨盤のゆがみをととの根本的に腰痛の出ない身体にしていきます!

足の裏の痛み

2018.09.01 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

長く歩くと足の裏が痛くなることはありませんか?
休んだりお風呂に入ることのよって症状の改善ができます。
ですがなかには頑固に症状が残ってしまうものがあります。
それは一体何なのでしょうか?

そんな今回はそんな「足底筋膜炎」という疾患についてお話していきたいと思います!

足底腱膜炎とは、かかとの骨の下側から指の付け根に及ぶ足底腱膜と呼ばれている密度の高い帯状の組織に痛みが生じる状態です。
かかとと指の付け根の間にある結合組織が、損傷して痛むことがあります。
・かかとの下側に痛みを感じ、朝起きた後や長時間の安静の後、最初に体重をかけたときにしばしば悪化します。
・診断は足の診察と画像検査の結果に基づいて下されます。
・ストレッチ運動や、氷をあてること、靴を変えること、靴の中にインソールを入れること(かかとを、サポートし、位置を高くし、衝撃を和らげる)、ときにコルチコステロイドの注射が役立ちます。

足底腱膜は、かかとの骨の下側と指の付け根をつないでおり、歩いたり走ったりする際に、バネを与えるのに欠かせないものです。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、足底筋膜炎の方に対しての治療やインソールなどの提案を行っております。

首の痛み

2018.08.31 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首痛

みなさんこんにちは!

首の痛みは、およそ7割の人が一生に一度は経験するといわれるほど、よくみられる症状です。
首の骨は、重さが6~8キロもある頭を支え、上下左右に動かしたり、回転させたりと、複雑な動きをコントロールしています。それだけに首には日ごろから大きな負担がかかりますが、加齢によって首の筋肉が弱ったり、運動不足で首をあまり動かさないでいると、首の筋を違えたり、こりから筋肉痛を起こしたりします。
首の痛みの多くはこうしたタイプで、日常の習慣を見直したり、首の筋肉を鍛えることで改善されます。
しかし、加齢によって頚椎そのものも老化します。頚椎がすり減ったり、クッションとなっている椎間板の変形が生じると、慢性的な痛みやしびれを起こすようになります。
頚椎の中央には、神経幹である脊髄がとおり、脊髄から枝分かれした神経が肩や腕へとつながっています。そのため頚椎が変形すると、首の痛みだけでなく首の痛みや手のしびれ、あるいは脚のしびれによる歩行障害、さらに排尿障害まで起こすこともあります。
こうした症状が起こるようになると、本人もつらく、また、治療にも長い時間がかかり、ケースによっては手術が必要となります。
できれば初期段階(首のこりや筋肉痛)で、早めに対処することが望まれます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院で早期治療を行いましょう

頭痛の種類

2018.08.30 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,頭痛

みんさんこんにちは!

頭痛は、痛みの起こり方によって、大きく「日常的に起こる頭痛」、「慢性頭痛」、「脳の病気に伴う頭痛(危険な頭痛)」に大別できます。

日常的に起こる頭痛
・風邪や二日酔いなどが原因の頭痛
・原因が解消されれば自然に治る

慢性頭痛
・原因となる他の病気がなく、繰り返し起こる頭痛
・いわゆる「頭痛持ち」の頭痛で、頭痛全体の約80%はこのタイプ。
大きく「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3つに分けられる
・頭痛自体が治療の対象となる

脳の病気に伴う頭痛
・(危険な頭痛)
くも膜下出血や脳出血など他の病気が原因で起こる頭痛
・急激に激しい痛みがあらわれることが多く、生命にかかわることもあるので注意が必要

突然見舞われる強い頭痛はもちろんのこと、安静にしていても治まらない、あるいは繰り返し起こる頭痛が徐々にひどくなるような場合など、「いつもの頭痛と違うな」と思った場合には、必ず医師の診察を受けましょう。

市販の鎮痛薬を服用しても一向に改善しない、あるいは鎮痛薬を飲む回数や量が増えてきた場合には、薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)という頭痛の可能性もあります。いずれの場合も、医師の診察を受けるようにしましょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、頑固な頭痛にたいしての治療も行っております。