TEL

腰痛は多い?

2019.01.02 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などがありますが、その他、細菌感染やがん、臓器や血管などの病気が原因となり、腰椎を引き起こされます。一方、残りの85%は、レントゲンなどの検査をしても原因が特定できないといわれています。このような腰痛では、生活習慣、ストレスや不安、不眠など心の状態が影響していることもあります。また、見た目にはわからない神経の障害によって痛みが生じることもあります。

現在の腰痛がいつからなのか。急性腰痛だと比較的短期間で治る。体に異常が起きたことを知らせる警告信号。慢性腰痛だと3ヶ月以上痛みがある。治療が長引いている場合や、損傷や炎症が治った後も痛みが続く。長く続いていると腰痛は、筋肉や関節だけでなく、痛みを抑える神経が原因かもしれません。痛みの情報が伝わるのを抑える機能、痛みを抑える神経の働きが低下している。

腰痛とは男性では1番目、女性は肩こりの次に訴える症状とされています。その数は年々増加傾向にあります。腰は、腰椎と呼ばれる5つの骨がブロックのように積み上げられて構成されています。腰痛の多くは、腰椎に負担がかかったり障害が起きることで発症しますが、その他にもさまざまな要因が腰椎の発症に関係しています。原因が特定できるのはわずか15%程度と言われています。

このような腰痛にお悩みの方は、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお越しください!