TEL

脱臼とは?

2019.01.08 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

みなさんは怪我をしたことはありますか?
今回は、たくさんある怪我の中でも、脱臼という怪我についてお話していきたいと思います。
柔道整復師が取り扱える怪我が「骨折・脱臼・挫傷・捻挫・打撲」の5つになります。
この中の脱臼とは、本来つながっているはずの関節が完全、または、一部的に外れてしまっている状態を指します。原因として多いものは、ラグビーやアメリカンフットボールなどのスポーツに関連したものです。脱臼を認める関節は肩関節が多く、肘や顎なども脱臼を起こすことがあり、身体の関節であればどこでも生じる可能性があります。
一度脱臼を来してしまうと、脱臼を起こすことが癖になってしまうことも多く、症状が酷い場合には就寝中に大きな外力がないにも関わらず脱臼を起こすこともあります。 
脱臼は外力と共に発症することから、骨折との鑑別が必要になることもあります。脱臼か骨折かをご自身で判断するのは必ずしも容易ではないことも多く、脱臼が疑われる時には医療機関への受診が勧められます。その際、脱臼が疑われる部位に対して安静、冷却、圧迫、挙上を可能な範囲で行うことが重要です。

関節面との外れ方によって「完全脱臼」と「亜脱臼」に分類されます。すなわち、骨と骨の関節面が完全に外れているのが完全脱臼であり、関節が少し外れた状態であるのが亜脱臼です。さらに、脱臼が生じている方向から脱臼は分類されることがあり、前方脱臼・後方脱臼といったように分けることもあります。

怪我のないようにスポーツをやることが大切です!
もし、このように脱臼などありましたら葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお越しください。