TEL

Blog記事一覧 > 眼精疲労の記事一覧

目の痛みや疲れ

2018.10.02 | Category: 眼精疲労,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!
本日は眼精疲労についてお話ししたいと思います。

眼精疲労とはいったい何なのでしょうか?
目が痛い、頭が重く痛い、圧迫感がある、目がかわく、物が見えにくくなるなどの症状として現れます。
肩こりやめまい、胃部不快感が伴う場合もあり非常につらいもののことです。
従来だと目を使うといえば、テレビや読書程度でした。
しかし現代では携帯電話の普及、パソコンやゲームなど常に目を酷使している状態が増えました。
これにより眼精疲労を訴える方も増加傾向にあります。

原因としては
・メガネやコンタクトが合っていない
・細かい活字を長時間見続けた
・パソコン作業や車の運転を長時間続けた
・目に異常がある(屈折異常、老眼、ドライアイ)
・体調が悪い(過労、睡眠不足、内科疾患、更年期障害)
・ストレス
などが挙げられます。
いかがでしょうか、当てはまるものはありましたか?
当てはまる項目が多いほど眼精疲労になる確率は高くなります!

このつらい目の痛みや疲れを葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院で改善しませんか?
目のまわりに鍼をして血行の改善や、首や肩のコリを取り除くことで改善につながります。
お困りの方は一度ご相談、ご連絡ください!!

瞳孔の疲労

2018.09.21 | Category: 眼精疲労,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

目の奥が痛いとお悩みの方はいませんか?

眼精疲労は現代社会においてパソコンを使用して仕事をする方はとても多いと思います。
パソコンから強い光を受けて筋肉が硬くなり、頭痛、肩コリの症状を強めたり引き起こしてしまったりもします。

長時間のパソコン・携帯電話の使用は、目を酷使する原因の1つです。
人間の目は、瞳孔と呼ばれる器官によって目の中に入る光の量を調整しています。
パソコンや携帯電話を長時間使うと、パソコンや携帯電話のディスプレイから放たれる可視光線を長時間見続けることになります。
人間には、可視光線を長時間見る能力が備わっていないため、可視光線を長時間見続けていると瞳孔や自律神経の緊張状態が続きます。
その結果、瞳孔を動かしている目の筋肉が疲労してしまいます。

この瞳孔の疲労をとるために、
1、睡眠をとる
2、休憩の時間を作る
3、目のあたりをマッサージするようにする
などを行いましょう!

また、ブル―ライトカットのできる眼鏡やシートを使って目に負担をかけないようにすることも対処の一つと考えられます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、眼精疲労の治療も行っていますので、当院を使っていただくこともいいと思います!