TEL

Blog記事一覧 > 首痛の記事一覧

放っておいていませんか?

2019.01.28 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首痛

みなさんこんにちは!

首の痛みでお困りの方はいませんか?
どんな痛みですか?
その痛みを放っておいたら痛みがひどくなる場合があります!!

首の痛みといっても痛み方や痛みの原因はたくさんあります。

よく耳にしたことがある「ストレートネック」は現代社会で生活をしているほとんどの方がなっています。
ストレートネックとはゆるやかにカーブをしている頚椎が首を前に出し続けた姿勢を続けたことによってまっすぐになってしまった状態です。
レントゲン検査を行えばすぐにわかることができます。
ストレートネックになるとボーリングの球ほどの重さがある頭が前にいくことになり、首まわりの筋肉や神経に大きな負担がかかります。
この負担が筋肉の疲労となり、肩こりや首の痛みにつながります。

また、頚椎椎間板ヘルニアも首の痛みに影響をしています。
椎間板にはゼリー状の物質が真ん中に詰まっていてクッションの役割をしています。
加齢により椎間板の柔軟性が低下するもの、不良姿勢で椎間板が変形してしまったものなど原因は様々ありますが、この椎間板が神経や脊髄を圧迫することによって手や腕が痺れる、感覚異常、首や肩の痛みに繋がります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、首の痛みを根本から治療して治していきます。
姿勢の矯正をすることが一番はベストです。

どんなお仕事をされていますか?

2019.01.11 | Category: 未分類,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首痛

みなさんこんにちは。

みなさんは普段、なんのお仕事をされていますか?
デスクワーク・立ち仕事・細かい作業はたまた、家事が多いという方もいらっしゃるのではないのでしょうか?
これらのお仕事から痛みがでてしまうのはなぜなのでしょうか?

今回は、「首の痛みの原因」となるものの「疲れ目」についてお話していきたいと思います!!

疲れ目とは長時間パソコンや車の運転、読書など集中して目を使った時に痛みや重く感じるようになったり、ひどくなると頭痛や肩凝りへと症状が進行していきます。

そんな場合は目の周りの筋肉が目を使ったことで硬くなってしまっているので目の周りの筋肉をほぐしてあげることで症状が軽快します。

例えばまぶたを強くつぶったり開いたりすること、目玉を動かすことをやっていくと目の周りの筋肉がほぐれてくれます。

また温アイマスクなどを寝る時につけてことで目の血流を良くなるこれも疲れ目には有効です。

仕事などでパソコンを使う方や長時間車を運転する方は1時間くらいに一回目を動かしたりしていきなるべく目を疲れさせないようにケアをしていきましょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、頑固な痛み治療を行っております。

ストレートネック

2018.12.01 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首痛

みなさんこんにちは!

首や肩こりの原因ともなる「ストレートネック」
実際に当てはまる方は多いのではないのでしょうか?

ストレートネックとは主に、悪い姿勢の習慣や加齢により、頚椎が本来持つ「ゆるやかなカーブ」が失われた状態のことを意味します。

全体重の約10%と言われる(約6キロ)重い頭を1日中ずっと支えるために、人の首はこのカーブ構造をもつようになりました。

しかし、生活の中で前かがみの姿勢が頻繁になると、このカーブが失われていき、右の人のように真っ直ぐになってしまい、ストレートネックと呼ばれる状態になります。

ストレートネックを作る主な原因として
・不良姿勢(スマホ、パソコンを使用中のうつ向き姿勢)
・生活習慣(読書、料理中のうつ向き姿勢)
・スポーツ障害
・加齢

またスマホを使っている時の顔のうつむき加減でも頭の重さが変わります。
うつ向き0度:4.5~5.5kg
うつ向き15度:12kg
うつ向き30度:18kg
うつ向き45度:22kg
うつ向き60度:27kg

1日のうちに数時間も10~20kgもの負荷を脊椎にかけていたら、首が悪くなるのも納得できますね。ストレートネックの大きな要因と言われるのも理解できます。

普段から首は頭を支えているのにスマホをいじっている時にまで負担をかけていては首の痛みは続いてしまいます。
なるべく顔の前でスマホを使用するなど首のことを考えてあげましょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院で、首の痛みを改善しませんか?

首の痛みは枕から?

2018.11.06 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首痛

みなさんこんにちは!

首の痛みを感じる方は多いのではないでしょうか?
首の痛みは、姿勢や枕からくるといわれています。

本日は、「枕の高さ」による首の痛みについてお話していきたいと思います。

枕を普段から使っていますか?
中には、使わずに寝る方や、バスタオルを枕の代わりに使っている方がいます。

そもそも枕の一番いい高さを知っていますか?
あおむけで寝たときに、首の後ろと床または布団の間が穿るぐらいの高さでいいといわれています。

あまりに高すぎたり、頭の重みで沈んでしまうのは、首に大きな負担をかけていることになります。
これが原因で首の痛みを引き起こすです。

寝ている時が一番リラックスしている状態と言われています。
そこで、高さが合わない枕をずっと使って寝ていると首の筋肉が緊張状態になりだんだんこり固まってしまい痛みに代わっていきます。

この首の痛みをとるためには、枕を変えるのも一つですが、傷のついてしまった筋肉の治療をすることが、完治への近道です!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、首の痛みをとるためにトリガーポイントの治療をメインに行っております。
興味のある方、しっかり治したい方は当院にお越しください。

首の痛みは姿勢から

2018.09.18 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首痛

みなさんこんにちは!

本日は首の痛みについてお話ししていきたいと思います。
皆さんは首に違和感や動かしたときに痛みを感じることはありませんか?
お仕事中や育児、家事をしている時にこのようなことがあるとおつらいですよね。
痛みを伴うものだと首を動かすのも怖くなってしまいますよね。
ではなぜ首の痛みが起きてしまうのでしょうか。

第一に姿勢不良から起こるものが多いです。
ご自身の普段の姿勢を思い浮かべてみてください。
前かがみの姿勢や肩が内側に入ったりしていませんか?
この状態はいわゆる猫背姿勢です。
とくにお仕事がデスクワークの方には非常に多いです。
当院に来られる患者様にもデスクワークの方が多く首の痛みを訴える方が多いです。
デスクワークだとパソコンであったり机上での作業が多く自然と前かがみになってしまうからです。

前かがみの姿勢が続くと頭が前に傾きそれに伴って背骨も弯曲します。
この状態だと首から肩にかけてついている僧帽筋という筋肉が引き伸ばされます。
筋肉はゴムのような性質がありますが、引き伸ばされ続けると亀裂がはいります。
この亀裂が治る修復過程で硬い硬結を形成ししこりのようなもの、凝りというものになります。
この凝りが悪化してしまうと痛みを伴います。
痛みを伴っているかたは凝りが悪化している状態だと言えます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、この姿勢不良を治すための治療を行っております。

首痛には体操

2018.09.05 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首痛

みなさんこんにちは。

本日は首の痛みについてお話します。

みなさん、ここ最近首の痛みが出ることはありませんか?
徐々に痛みが出るケースや、突然痛みが出るケースなんかありますよね。

首の骨は、重さが5〜6キロある頭を支え、上下左右に動かしたり、回転させたりと、複雑な動きをコントロールしています。それだけで首には日ごろから大きな負担がかかりますが、加齢によって首の筋肉が弱ったり、運動不足で首をあまり動かさないでいると、首の筋を違えたり、こりから筋肉痛を起こしたりします。
首の痛みの多くはこうしたタイプで、日常の習慣を見直したり、首の筋肉を鍛えることで改善されます。

突然痛みが出るケース
寝違え
朝眠りから覚めて起き上がってみると首に痛みがあることはありませんか。
それは寝違えの可能性があります。
疲労が溜まっていて寝返りが多く、一定方向に首が向いたまま身体が捻られてしまうと寝違えてしまうことがあります。
または枕が合わなくて寝違えになるケースもあります。

徐々に痛みが出るケース
不良姿勢
姿勢が悪いことによって首の痛みに発展するケースです。
猫背姿勢などで頭が前に落ちて背中の筋肉が伸びて常に緊張してしまう状態です。
常に首や背中の筋肉が緊張状態が続くとそこが次第にこりとなり、こりがひどくなると神経などを圧迫してしまって痛みに変わります。
結果的にはその痛みが身体にストレスを感じまた緊張状態を引き起こしと、身体の中に悪いサイクルができます。

そうならないためにも、普段から首周りや背中、肩甲骨にストレッチを行うようにしましょう。
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、ストレッチのやり方などもお伝えしております。

首の痛み

2018.08.31 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首痛

みなさんこんにちは!

首の痛みは、およそ7割の人が一生に一度は経験するといわれるほど、よくみられる症状です。
首の骨は、重さが6~8キロもある頭を支え、上下左右に動かしたり、回転させたりと、複雑な動きをコントロールしています。それだけに首には日ごろから大きな負担がかかりますが、加齢によって首の筋肉が弱ったり、運動不足で首をあまり動かさないでいると、首の筋を違えたり、こりから筋肉痛を起こしたりします。
首の痛みの多くはこうしたタイプで、日常の習慣を見直したり、首の筋肉を鍛えることで改善されます。
しかし、加齢によって頚椎そのものも老化します。頚椎がすり減ったり、クッションとなっている椎間板の変形が生じると、慢性的な痛みやしびれを起こすようになります。
頚椎の中央には、神経幹である脊髄がとおり、脊髄から枝分かれした神経が肩や腕へとつながっています。そのため頚椎が変形すると、首の痛みだけでなく首の痛みや手のしびれ、あるいは脚のしびれによる歩行障害、さらに排尿障害まで起こすこともあります。
こうした症状が起こるようになると、本人もつらく、また、治療にも長い時間がかかり、ケースによっては手術が必要となります。
できれば初期段階(首のこりや筋肉痛)で、早めに対処することが望まれます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院で早期治療を行いましょう

寝違えや首、肩からの痛み

2018.07.21 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首痛

みなさん、こんにちは今回は首の痛みに関してお話し致します。

寝違え時の痛み
無理な姿勢で寝ている際、首周辺の筋肉が引っ張られる状態が長時間続くことで筋肉に炎症反応が起こります。これはいわゆる筋肉痛のような症状で、発痛物質により痛みが脳に伝えられます。この状態で首を動かそうとすると炎症反応が出ている筋肉が引き伸ばされより発痛物質が出ることで、痛みを強く感じるようになります。

寝違え時の対処法
首の筋肉に炎症反応が起こっているため、患部(痛みのある部分や熱を持っている部分)をアイスノンや氷のうなどで冷やしてあげることで痛みが軽減されます。しかし寝違えの場合は首の筋肉の固さが影響し、首の可動域が少なくなっている可能性があるため、肩こりなどでお困りの方は特に注意が必要です。

肩こり、首こりによる痛み
肩こりや首こりとは肩甲挙筋や胸鎖乳突筋、僧帽筋や棘上筋などの周囲の筋肉が長時間の緊張(収縮や引っ張られて筋肉に負荷がかかっている状態)により固まり、血行不良が起こった結果、老廃物などが溜り、症状がひどくなると痛み刺激として脳に伝達されることもあります。そのため、筋肉のこりが強い方や、こりが出来やすい生活習慣(デスクワークや首を前かがみにする姿勢が長時間続く)をしている方はマッサージなどでこりを緩めることをお勧めします。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、首の痛みをみなさんの症状に合わて治療を行っています。

首の痛みはなぜ起こるか

2018.07.13 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首痛

みなさんこんにちは!

みなさんは、朝起きたとに首が痛い、肩が痛くて動かせない!
といった経験をされたことありますか?

それはもしかしたら寝違え症状かもしれません!!

寝違えとは、一過性の筋痛といわれるものです。
起こる原因としては、寝る姿勢が悪くなってしまうことが1つとして考えられます。
また、ご自身にあっていない寝具の使用も寝違え症状の原因になります。

症状としては、脇の下に通ってる神経を圧迫してしまい筋肉に影響が出たり、血管を圧迫してしまい筋痛が生じたりします。

寝違え症状が出た場合まずは冷やしましょう。
急性症状なので、48時間以内であれば冷やすことをお勧めします。

また、そのままにせず治療を受けることをお勧めしますが、できる範囲で良いので肩をゆっくりと少し大きめに回しましょう。
血流が良くなり、圧迫されていた神経の興奮を抑えられます。

寝違えを起こさないようにするためにも、枕や敷布団を自分にあった高さ、固さにすることや、普段から肩や首の筋肉を緩ませておくことが寝違え症状を出さないようにするために必要です。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、寝違えによるくびの痛みを取る治療を行っています。

首の痛み

2018.07.07 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首痛

みなさんこんにちは。

首の痛みでお困りの方はいませんか?
また、周りで困っている方はいませんか?
今回は首の痛みについてお話ししていきたいと思います!

首の痛みと漠然と言っても様々あります。
ストレートネックや頚椎ヘルニア、寝違えなど、痛みの出る原因は様々です。
これまで悪いとしてきた「パソコン姿勢」は、まだ腕や上体を動かす余地があるのでましですが、スマホ姿勢では、目はおろか、顔さえ動かさず、動いているのは人差し指1本だけなのです。
このような姿勢でいると、頭蓋骨と頚椎の境目である「後頭窩(こうとうか)」といわれる個所ががちがちに固まってしまいます。
首の後ろの「僧帽筋」や「頸板状筋」、背骨に沿う「脊柱起立筋」といわれる筋肉は、前に傾いた頭によってピンと引き伸ばされてこれ以上引っ張られないようにと悲鳴を上げます。これらの筋肉は、頭が真っすぐ乗っていて適度に収縮できるものです。強く引っ張られっぱなしになることによって、損傷や炎症を起こし、首に痛みがでます。
首には大切な神経や血管があります。
そのため、目の痛みや頭痛といった神経的な痛みにつながってしまうのです。
この首の痛みを取り除くために必要なのが、「姿勢の改善」です!
当院では、首の痛みを根本的に解決するために、矯正治療なども行なっております!
首の痛みでお困りの方、ぜひ一度葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にご相談ください!