TEL

Blog記事一覧 > 2018 6月の記事一覧

膝の内側の痛み

2018.06.29 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

膝の内側が痛いと学生の皆さんの中でいますか?

もしかしたら「鵞足炎」という疾患化もしれません。

鷲足とは膝の「縫工筋」、「薄筋」、「半腱様筋」と呼ばれる3つの筋の総称のことです。

「縫工筋」、「薄筋」、「半腱様筋」の付着部に衝撃が繰り返しかかると炎症が生じ、膝の内側に痛みを感じるものです。酷い場合は鷲足部分が腫れて熱を持つ場合もあり、歩くことも困難となるケースもあります。 膝関節の屈伸運動が多いスポーツを行う人に多くみられ、特にジョキングやマラソンをしている選手に多いといわれています。

・オーバーユーズ(使いすぎ)→付着部に繰り返し負担。
・筋力不足
が原因と言われています。

アイシングや湿布薬の塗布をし、安静にすることで炎症症状はおちついてきます。
急に痛みが発生した「急性」の場合は、患部を氷のうなどで冷やし、テーピングで固定するようにします。
また症状が長く続いて慢性化している場合は、患部を冷やしたり固定・圧迫する行為は血行が悪くなり逆効果なので、患部を温めたり積極的に動かして血行を促進するのが正解です。

葛飾区水元、東水元、金町にある、まつなが鍼灸整骨院では、鵞足の治療を行っております。

脛の痛み

2018.06.28 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

今回は「シンスプリント」についてご紹介します。
シンスプリントとはすねの骨である「脛骨」の内側に痛みが出るスポーツ障害です。
人によっては脛骨の外側に痛みが出る場合がありますが、最も多いのは内側に痛みが出るケースです。
シンスプリントを引き起こす原因は、「使い過ぎ」「筋力不足」「スポーツ初心者」と言われています。しかし実際は使い過ぎてもシンスプリントにならない人もいますし、トップアスリートでもシンスプリントに悩まされている人は多くいます。

シンスプリントを引き起こす1番の原因は筋肉にあります。
すねの周りには「前脛骨筋」「後脛骨筋」「ヒラメ筋」「腓腹筋」など、様々な筋肉が付着しています。
これらの筋肉は脛骨を覆っている骨膜という膜に付着します。
スポーツなどで走ったり、ジャンプしたりすると、その度に筋肉はギュッギュッと収縮します。収縮すると骨膜は筋肉によって引っ張られます。
この負荷が繰り返し骨膜にかかると骨膜が炎症を起こし、痛みを引き起こします。
これがシンスプリントの1番の原因です。

シンスプリントは運動しているとだんだんと痛みが弱くなってきます。そのため痛みがあっても始めだけ我慢していれば普通に運動できる、といって放置しておくひとが多いです。
しかし、先程説明したように、繰り返しの負荷で痛みを引き起こしているので負荷は蓄積しています。この状態のまま放置して運動を続けると、最悪の場合疲労骨折を起こしてしまいます。
骨折を起こしてしまったら半年の間は運動ができなくなってしまいますし、日常生活にも支障が出てきてしまいます。
このような状態になってしまう前に予防と日々のケアがとても大切になってきます。

シンスプリントにならないために何をしたらいいのかというと、ストレッチを毎日欠かさずに行うことです。
最初に説明したようにシンスプリントの原因は筋肉にあり、さらに言うと、「筋肉の硬さ」が原因であります。
筋肉が硬いと、走ったりジャンプしたりした時に骨膜を引っ張る力が大きくなり、骨膜への負担がかなり大きくなってしまいます。
そのため毎日欠かさずストレッチを行い、筋肉をほぐしてあげることが大切です。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院に治療はお任せください。

下半身の冷え

2018.06.27 | Category: 冷え性,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

冷え性でお困りの方はいませんか?

冷え性にはタイプがあります。今回は「下半身型冷え症」についてお話していきたいと思います。

下半身型冷え症とは足などの腰から下の部位に冷えを感じることが特徴で、ふくらはぎが重くなったり、午後になると足がむくんだりする傾向が見られます。
この時期にデスクワークを行っている女性の方に多いのではないのでしょうか?

また、下半身は冷えているにもかかわらず、上半身は熱く感じる「冷えのぼせ」が生じ、上半身に汗をかきやすくなったり、冷たいものが欲しくなったりすることもあるのです。
他にも、めまいが起きたり、生理不順や生理痛が悪化したりといった症状が出ることもあります。

これらの症状が起きる原因の1つが加齢です。
一般的に、年齢を重ねると血管は細くなり、体の筋肉量は落ちていく傾向があります。
血管が細くなり筋肉量が減少すると、血液の流れが滞って、基礎代謝が低下してしまうのです。

このような原因によって引き起こる下半身型冷え性は中高年に多く見られる傾向があります。

この冷え性を改善するために、基礎代謝を上げるのがベストだと思います!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院で代謝アップのトレーニングを行いませんか?

過失割合とは?

2018.06.26 | Category: 交通事故専門治療,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

今回は交通事故の「過失割合」について書いていきたいと思います。

交通事故における過失割合とは?事故に対する責任の割合のことを言います。
交通事故に関わった方の両方の保険会社の担当者が話し合ってこれを決定します。

その決定の基準となるのが過去の判例です。

例えば自動車同士の事故で信号のない交差点での右折車と直進車の事故だった場合、右折車側が8、直進車が2の過失割合となる可能性があります。

また、赤信号停止中に後ろから追突された、といった場合は10:0となるので、どのような状況で事故が発生したのかが大切になってきます。

当事者同士の意見では食い違うことが多いので、目撃者などの第3者の意見が重要になってきます。
事故現場を自分の携帯などに写真で残しておいたり、相手側との会話を録音しておくことも後々の際に重要になってきます。

過失割合によっても今後受取るこのできる保障の金額にもかかわってきます。
過失割合を決めるのは警察ではありませんが、しっかり現場の状況を把握し、保険会社に正しく判断してもらうことが大切です。

その後の身体の痛みの治療は当院にお任せください!
保険会社との対応に疑問を感じる方は交通事故に強い弁護士を紹介することもできるのでお気軽に葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にご相談ください!

国民病です

2018.06.25 | Category: 未分類,腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

腰痛で普段からお困りの方はいませんか?

腰痛とは男性では1番目、女性は肩こりの次に訴える症状とされています。
その数は年々増加傾向にあります。
腰は、腰椎と呼ばれる5つの骨がブロックのように積み上げられて構成されています。
腰痛の多くは、腰椎に負担がかかったり障害が起きることで発症しますが、その他にもさまざまな要因が腰椎の発症に関係しています。
原因が特定できるのはわずか15%程度と言われています。
これだけ、たくさんの方が悩まれています。
今では、腰痛は国民病ともいわれています。

では、どんな人がなりやすいと思いますか?
ライン製造など、その場に立ったままで長時間作業する人は、筋肉が疲労してしまい、椎間板にも負担がかかるので、腰痛が起こりやすくなります。
座っている方が楽に見えますが、座りっぱなしの体勢は立ちっぱなしよりも椎間板にかかる負担が大きくなり、やはり腰痛を起こしやすい体勢と言えます。
動かないまま継続的に筋肉を使っていると、知らず知らずに筋肉疲労が蓄積され、最終段階で初めて『腰痛』として症状が表れます。

何気なく貼っている湿布も貼り方を間違えると効果がありません。温湿布・冷湿布の違いも理解しておく必要があります!
急に痛くなってしまった場合は氷でしっかり冷やしてくださん。
慢性的な痛みはあっためることによってお民の軽減につながります。

腰痛ベルトもつける場所によっては効果がありません。腰のどこにどんな巻き方をすればいいのか事前にチェックしておきましょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、腰痛治療を得意とするスタッフがいます。

全身矯正とは

2018.06.23 | Category: 全身矯正,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

全身矯正のことが気になるけれど、どんなメリットがあるのはよく分からない、という人もいるのではないでしょうか?

全身の歪みは大きく分けて、むくみや冷え性、腰痛などの症状を伴う体質面と、身体のバランスや姿勢などの美容面に影響を与えます。

それぞれ、全身矯正を行うと具体的にどのようなメリットがあるのかご紹介していきたいと思います。

全身矯正のメリットは次のような効果が期待できます。
・むくみ
・冷え性
・腰痛
・肩こり
・生理痛
・生理不順
などです。
これらの症状は、身体の歪みが原因となっていることがあります。

もともとの体質だから……と諦めず、矯正を施せば、症状が緩和されるかもしれません!!
もちろん、歪み以外が原因になっている可能性もありますが、これらの症状に悩んでいるなら、まず身体が歪んでいるかどうかをチェックしてみることです。

身体の歪みが複数の症状を起こしていれば、一気に悩みが軽減されるケースもあるでしょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では身体の状態を写真を撮ってわかりやすいように説明しながら全身矯正を行っております。
興味のある方はぜひ受けてみてください!
まずはご連絡をお待ちしております。

腹筋を鍛える

2018.06.22 | Category: EMS,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

EMSをご存じですか?
EMSとは「Electrical Muscle Stimulation」の略で、電気刺激を直接筋肉に与えることで、筋肉を動かし、トレーニングを行う機械、という意味です。
少し難しいですね…簡単に言うと、パットをつけて電気を流せば勝手に筋肉が
動いてくれるということです!

EMSの特徴としては次の2つがあります。1つ目は自動的に筋肉を動かすため、非常に楽です!2つ目は30分を週2回行うだけなのでちょっとした時間で効率良く筋トレが可能です。EMSを使うと何もしなくても寝ているだけで勝手に筋肉が刺激され、機械的に動きます。その回数はなんと30分で9000回です。自分でトレーニングをするとなるとこの回数は難しいですよね…。一定のリズムで規則正しく働くので普通のトレーニングでは難しいような、負荷を筋肉に与えることができるのです。
面倒な着替え、スペースの確保が要らない、そして好きな時にやるだけでトレーニング効果が得ることができます。読書をしながらも可能です。そのため続けてトレーニングを行う人が大半います。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨で、一緒にEMSでトレーニングをしましょう!

下腿の痛み

2018.06.21 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

シンスプリントとは、運動の開始後に痛みが出て、動いていると痛みは治まってきます。しかし、運動が終わるとまた痛みが出てくるのが特徴になります。
シンスプリントは「脛骨過労性骨膜炎」とも呼ばれ、下腿にある脛骨の内側に沿って痛みが出ます。
ピンポイントで痛みが出るのではなく、筋肉が骨に付着するラインに沿って痛みが出ます。

シンスプリントはどのスポーツ競技でも起こりやすいですが、陸上をやっている人に発生しやすいです。
この理由は、硬い地面の上を走ることで足への負担がかかり続けるためです。
走ることによりつま先を上げる筋肉を過剰に使い過ぎてしまうことで、脛骨の内側の筋肉に負担がかかり骨膜に炎症を起こし痛みが発生します。
痛みを我慢し続けてスポーツを続けていると、疲労骨折を起こしてしまうリスクが高くなるので、痛みを我慢してやり続けないほうがいいです。

シンスプリントの痛みは、症状の重さで4つに分類されます。
Ⅰ:痛みはあるが、少し動けば気にならなくなる。
Ⅱ:少し動けば痛みがなくなるが、運動終了近くにまた痛くなる。
Ⅲ:日常生活に影響はないが、運動中常に痛い
Ⅳ:痛みが常時あり、日常生活にも影響がある

シンスプリントの痛む原因は、骨膜に炎症が起こるからだと言われています。
シンスプリントになっている人は脛骨を押すと骨が痛む感じがしますが、骨が痛むのはなく、骨膜に痛みを感じているのです。筋膜と骨膜は繋がっていて、走ったりジャンプしたりした時に筋肉が収縮し、一緒に骨を覆っている骨膜も引っ張られてしまいます。
この時に筋肉の柔軟性があれば大丈夫なのですが、筋肉が硬くなってしまっていると骨膜を引っ張る力が強くなり、炎症を起こしてしまいます。

シンスプリントを起こしてしまったら急性期は運動量を制限したり、アイシングを行ったりします。
初期は安静を徹底しますが、この時では股関節、アキレス腱、足首周りのストレッチをして、関節の可動域などが広がるようにしていきます。
自発痛や歩いた時の痛みがなくなってきたら徐々に足でタオルを握る運動などを行ってトレーニングをしていきます。
両足ジャンプしても痛みが出なくなったら、硬い地面を避けてランニングを始めていきます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、スポーツ疾患に強い先生がいます!

肩こりの症状

2018.06.20 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
本日は肩こりについてお話ししたいと思います。

肩こりに対する原因は諸説あるものの、確定的な診断方法や治療法はなく、腰痛などと並んで不明な点がとても多い疾患となっています。

長時間、首や背中が緊張するような姿勢を取り続けたり、猫背、前かがみなどの姿勢の悪さ、ショルダーバッグ、冷房などが原因とされています。
みなさんの中でもこのような症状でお悩みの方は多いのではないのでしょうか?

これらが原因で頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こります。
それによって酸素や栄養分が末端まで届かず、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられております。

普段の生活での肩こり改善法としては
・姿勢を良くする…猫背など姿勢が悪い状態を続けていると肩こりが治らないため、普段からできるだけ意識して、背筋を伸ばすように心がけてみて下さい。

・荷物の持ち方を意識…カバンをかける肩や、買い物袋を持つ手が、左右で常にどちらかに偏っていませんか?
身体のバランスが崩れると、体の歪みから肩こりを引き起こし、悪化させる場合もあります。

・適度な運動を取り入れる…運動不足も筋肉疲労の要因になります。ウォーキングなど適度な運動で筋力をつけたり、ストレッチで凝り固まった筋肉をほぐしてあげるのもおすすめです。

肩こり治療は葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨まで!

交渉次第で

2018.06.19 | Category: 交通事故専門治療,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

雨が多い季節になりました。
また、事故の多い季節でもあります。

本日は、交通事故の示談交渉についてお話ししていきたいと思います。

交通事故では、受けた被害について補償を請求する際、「示談」という形で加害者と交渉を行います。
この時、全てに法律が関係してきます。

そして、受け取る補償額も、「示談交渉」次第で変わってきます。
法律が関係するので、間に弁護士さんが入ることがほとんどです。

「示談交渉」というのは、治療期間、補償額に大きく関わる事項です。非常に大切なことですが、よくわからない方が多いと思います。
それだと、損をしてしまう可能性も出てきてしまうのです。

なので、弁護士の先生に相談することがいいと思います!
弁護士の先生を紹介することもできます。

また、交通事故の治療は病院や整形外科でもできますが、整骨院でも治療をうけることができます。

その際、治療を受ける場合は「診断書」が必要になります。
また、窓口負担金は0円で行ております。
事故にあうということは、普段の何倍もの衝撃が身体にかかります。
なのでしっかり治療をしましょう。

交通事故について、わからない事があれば少しの事でも葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にご相談ください。