TEL

Blog記事一覧 > 2018 9月の記事一覧

ヘルニアの種類

2018.09.29 | Category: ヘルニア,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!
今回は腰椎ヘルニアについてお話させて頂きたいと思います。
腰痛や坐骨神経痛の中で、特に多い疾患が腰椎椎間板ヘルニアです。
青年期・実年の時期に多発します。突然発生するタイプと、
慢性的にじわじわと生じる場合があります。
正常椎間板の場合にはその後にある神経は自由に動くことができます。
体の曲げ伸ばしによって神経は障害物なく脊柱管内を痛みもなくスムーズに滑ることができます。
椎間板ヘルニアになりますと、後方にある神経は圧迫されて
上下に動くことができなくなってしまいます。
この動きにくい神経に歪みの力が加わる結果、腰痛や足(脚)の痛みが
起こったりします。
場合によっては脚の麻痺、しびれ、足の冷たさ等々を起こすこともあります。

単にヘルニアとはいえ大きくわけて3つの原因があり分けられます。

1つ目は、
椎間板突出による神経圧迫です。一番の痛みの発生原因は、
椎間板に体重等の圧が加わり、椎間板が強く押され、突出した部分が後ろにある神経を圧迫してしまうからです。
突出したヘルニア部分が、大きく硬いと痛みが強くなります。
骨と骨の間にはクッション材のような椎間板というものがあります。
その椎間板の中心には髄核という柔らかい弾力性のものがあります。
その髄核が豊富に存在しており、後方部が風船のように緊満膨隆した結果、
神経の痺れや痛みが発生します。

2つ目は神経周囲の癒着です。
痛み発生の原因は、膨隆した靭帯もしくは脱出髄核が、
神経と線維性癒着を生じ、神経のすべりが悪くなってくるからです。
長い間、神経がヘルニアと接触していると、粘性の高い
フィブリン(ネバネバした液体状の物)等が出現し、線維性癒着が増強し、
擦れ合い神経は動けなくなってきます。
それで摩擦などで傷付いてしまい本来、脊柱管内で自由に動くべく神経の
滑走性は低下し、神経に引きつれやゆがみが起こってきます。

3つ目は神経の炎症または機能低下です。
痛み発生の原因は、神経の周囲が充血炎症したり、神経の機能が低下して、
神経麻痺・しびれ等を生じている場合が挙げられます。
充血炎症は初期の急性疼痛であり、疼痛化学物質の出現によります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、症状にあった治療法で行っております。

腰痛の原因とは

2018.09.28 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは。
本日は腰痛についてお話ししたいと思います。
皆さんは長時間座っていて腰が痛くなることや朝起きる時に腰が痛むなんてことはありませんか?
動いたりかがんだりする時に痛みがあるとかなりつらいですよね。

腰の痛みの原因は様々ですが、なりやすい人には共通の傾向があります。
立ったままその場での作業は、筋肉疲労と不良姿勢(腰の反り返り)によって椎間板にかなりの負担がかかるために腰痛になりやすく、またずっと座っている姿勢も、立っている状態より椎間板にかかる負担は大きく、不良な姿勢から腰痛になりやすいといえます。
他にも、
・同じ姿勢を長時間続けている
・運動不足により足腰の筋力の低下
・重労働や運動のしすぎで筋肉疲労がある
・身体がかたく、筋肉が緊張しやすい

いかがでしょうか。
当てはまる項目はありますか?

また軽い腰痛、原因がはっきりしない腰痛などをまとめて、いわゆる「腰痛症」といいます。中腰で重いものを持ったりしたときなど、急に腰が痛くなり動けなくなった状態を一般的に「ぎっくり腰」といいます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、ぎっくり腰にならないように予防のための治療を行っております。

スポーツでの疲労骨折

2018.09.27 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

ジョーンズ骨折とは、第5中足骨骨折の中でも骨幹部というややつま先側に起こる疲労骨折です。
ジョーンズ骨折は治りが悪く再発も多いことで厄介な怪我と考えられています。
全治で3か月くらいかかることが多いですが、1年以内に再発して再び全治3か月ということもあります。
ジョーンズ骨折とは、足の小指の骨である第5中足骨の骨折の一種です。
この第5中足骨の骨折は、サッカー選手に非常に多い怪我の1つです。
このジョーンズ骨折です。ジョーンズ骨折は第5中足骨の骨幹部という骨の真ん中あたりで起こる骨折です。ジョーンズ骨折の名前の由来は、この症例を発表した人の名前から来ています。ジョーンズ骨折は難治性の骨折と言われ、非常に治りが悪いのが特徴です。ジョーンズ骨折は日本語で言えば第5中足骨骨幹部骨折ですが、第5中足骨基幹部骨折とも言われ、名前が複数ある骨折と言えます。
ジョーンズ骨折の症状としては、痛みがまず起こります。
ただ、そこまで強い痛みではなく、徐々に痛みが出ていき異常を感じてレントゲン検査をして初めて骨折と分かるような怪我です。
骨折にはいろいろな種類がありますが、ジョーンズ骨折は疲労骨折です。
疲労骨折とは、度重なる骨へのストレスで骨が蓄積したダメージに耐え切れず骨折してしまうもので、スポーツ障害の一種です。
疲労骨折の場合は、1回の強い衝撃で起こる骨折に比べて最初の痛みは軽いです。
その為、怪我をした直後は大した怪我ではなさそうですが、実際は骨折しているので大きな怪我ということになります。
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、骨折の治りが早くなる酸素カプセルなどの治療があります!

肩こりには矯正

2018.09.24 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

肩こりは「日本の国民病」と呼ばれることもあるほど、男女とも悩まされている人がたくさんいます。
原因は、頸や肩の血流が滞りその部分に疲労物質がたまり引き起こります。
長時間同じ姿勢やデスクワークでパソコン作業をしている時の姿勢を思い浮かべてみてください。
猫背姿勢になってはいませんか?
良い姿勢とは横から見たときに耳・肩・股関節の3つの位置が全て同じ一直線上にある状態をいいます。
ご自身で一度、座った姿勢で横からの写真を撮ってみてください。
多くの方が猫背姿勢をとっていると思います。
特に頭が前に傾いている方は要注意です。
頭と首は骨でつながっていますので、前に傾いていると首や肩周りの筋肉が支えようとして常に緊張状態になります。
筋肉は一定以上の負担がかかると傷ついてしまいます。
その傷が修復する過程でしこりとなり、いわゆる“こり”となります。
逆を言えば姿勢を正すだけで肩こりは改善できるのです!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院で行っている全身矯正をぜひ受けてみてください!!
終わった後の感覚が全然違うと思います。

ビフォーアフターの写真もお撮りするので、ご自身でも姿勢の変化を見ることもできます!

骨盤のゆがみを矯正

2018.09.22 | Category: 骨盤矯正

みなさんこんにちは!

骨盤のゆがみ気になりませんか?
本日は骨盤矯正の効果についてお半死していきたいと思います。

骨盤矯正をしたときに期待できる効果についても紹介していきます。
・便秘が解消される…血流の改善、冷えの改善、大腸や直腸の圧迫が改善することによって便秘が解消されやすくなります。
・肩こりや腰痛が改善される…骨盤の歪みによって起こる関節のズレや筋肉の捻じれが解消されることによってスムーズに体が動くようになり、肩こりや腰痛になりにくくなります。
・リンパの流れが良くなる…骨盤の歪みがあると筋肉に余計な負担がかかってしまい、筋肉の力でリンパ液を運ぶ力も低下してしまいますが、歪みが解消すれば、リンパの流れが良くなって体に老廃物が溜まりにくくなります。

骨盤矯正は1回通ったからといって骨盤の歪みは一時的な改善にしか過ぎず、効果が得られるわけではありません。
骨盤は矯正前の歪んだ位置に何度でも戻ろうとしてしまいます。
骨盤が安定するには平均的に2~3ヶ月程度かかる方が多く、歪みが大きい人はさらに長い期間がかかることもあります。
なので、骨盤矯正は継続して、定期的に行えるのが理想的だと思われます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、骨盤矯正を行っております。

瞳孔の疲労

2018.09.21 | Category: 眼精疲労,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

目の奥が痛いとお悩みの方はいませんか?

眼精疲労は現代社会においてパソコンを使用して仕事をする方はとても多いと思います。
パソコンから強い光を受けて筋肉が硬くなり、頭痛、肩コリの症状を強めたり引き起こしてしまったりもします。

長時間のパソコン・携帯電話の使用は、目を酷使する原因の1つです。
人間の目は、瞳孔と呼ばれる器官によって目の中に入る光の量を調整しています。
パソコンや携帯電話を長時間使うと、パソコンや携帯電話のディスプレイから放たれる可視光線を長時間見続けることになります。
人間には、可視光線を長時間見る能力が備わっていないため、可視光線を長時間見続けていると瞳孔や自律神経の緊張状態が続きます。
その結果、瞳孔を動かしている目の筋肉が疲労してしまいます。

この瞳孔の疲労をとるために、
1、睡眠をとる
2、休憩の時間を作る
3、目のあたりをマッサージするようにする
などを行いましょう!

また、ブル―ライトカットのできる眼鏡やシートを使って目に負担をかけないようにすることも対処の一つと考えられます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、眼精疲労の治療も行っていますので、当院を使っていただくこともいいと思います!

交通事故で多い怪我

2018.09.19 | Category: 交通事故専門治療,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

交通事故で多い怪我には何があると思いますか?

むちうちは、車に衝突された際に頸に不自然な力が加わり、頸の筋肉が緊張してしまうことが原因で、「首が痛い・首が回らない」などといった症状が現れます。この症状は個人によって様々な症状があります。
むちうち症状は交通事故後すぐに現れるのではなく、数日後、数か月後に症状が現れる場合があります。症状として、首が痛い・首が回らないというだけでなく、めまいや吐き気、だるさなど、関連のなさそうな症状も出てきます。交通事故後いつもと違う身体の異変を感じたら一度医療機関へ受診してみましょう。
私たち、接骨院の柔道整復師はむちうちなどの急性外傷の専門家です。交通事故に遭ってしまったら一度ご相談ください。

事故後の後遺障害が確定され、ドクターから症状固定を言い渡されるのは一般的に事故から6ヶ月ほどが経過してからで、この時期が示談交渉を始めるタイミングと考えておくといいと思います。しかし、症状が安定せずに症状固定を遅らせたいとしても、損害賠償請求権には3年の時効がありますので注意しましょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、交通事故に強い弁護士の先生を紹介しています。

首の痛みは姿勢から

2018.09.18 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首痛

みなさんこんにちは!

本日は首の痛みについてお話ししていきたいと思います。
皆さんは首に違和感や動かしたときに痛みを感じることはありませんか?
お仕事中や育児、家事をしている時にこのようなことがあるとおつらいですよね。
痛みを伴うものだと首を動かすのも怖くなってしまいますよね。
ではなぜ首の痛みが起きてしまうのでしょうか。

第一に姿勢不良から起こるものが多いです。
ご自身の普段の姿勢を思い浮かべてみてください。
前かがみの姿勢や肩が内側に入ったりしていませんか?
この状態はいわゆる猫背姿勢です。
とくにお仕事がデスクワークの方には非常に多いです。
当院に来られる患者様にもデスクワークの方が多く首の痛みを訴える方が多いです。
デスクワークだとパソコンであったり机上での作業が多く自然と前かがみになってしまうからです。

前かがみの姿勢が続くと頭が前に傾きそれに伴って背骨も弯曲します。
この状態だと首から肩にかけてついている僧帽筋という筋肉が引き伸ばされます。
筋肉はゴムのような性質がありますが、引き伸ばされ続けると亀裂がはいります。
この亀裂が治る修復過程で硬い硬結を形成ししこりのようなもの、凝りというものになります。
この凝りが悪化してしまうと痛みを伴います。
痛みを伴っているかたは凝りが悪化している状態だと言えます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、この姿勢不良を治すための治療を行っております。

骨盤

2018.09.17 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

腰痛の原因に骨盤が関係していることはご存知ですか?
今回は、「骨盤の開閉」についてお話していきたいと思います!

PMSや生理不順は、女性ホルモンの分泌が影響しています。その女性ホルモンの分泌を正常に行うには、生理時の「骨盤の開閉」をスムーズにすることが重要です。

骨盤の開閉は、生理中の血流や神経伝達に影響します。正常な開閉を行えないと、生理不順やPMSを引き起こす原因になってしまいます。骨盤は生理周期に合わせ開閉します。黄体期に開き始め、生理開始2日目に最も開きます。この頃に色の濃い血がたくさんでるのは、骨盤が開いて汚血とともに老廃物を排出させているためなんです。

反対に、排卵期には最も骨盤が閉まっている状態です。この時、エストロゲンの分泌が最も多くなります。

骨盤の開閉力が落ちると汚血の排出力も弱まり、生理が長引きます。生理周期が40日と長い場合は、目や頭の緊張によって骨盤が開きにくくなっている可能性があります。

骨盤の開閉力の低下の原因には、冷え、長時間の座ったままの姿勢、腹筋力の低下、など日頃の使い方によって骨盤が歪んでしまう事にあります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、骨盤を締め込み腰痛の予防や痛みの軽減を行っております。

日常生活での肩こり

2018.09.13 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

日常生活で肩こりに悩まされてる方も多いのではないでしょうか?
神田はオフィス街も多く肩こりの方も多いと思います。
そこで肩こり予備軍のチェックをしてみましょう。

1.仕事で毎日パソコンを使う

2.猫背姿勢になってしまう

3.冷えを感じることが多い

4.枕が高い、低いなど高さがあっていない

5.長時間同じ姿勢でいる事が多い

6.運動不足

7.重い荷物を持ち歩く事が多い

8.寝転がってテレビを見る事が多い

上記に当てはまる方は、肩こりになりやすい方です。
もう肩こりの方もいるのではないでしょうか?
単なる肩こりかもしれませんが、その肩こりを放置してしまうと今後痛みでねれなかったり、手に痺れが出てきたり、肩が上がらなくなったり。。。
肩の痛みや、痺れが出ると仕事に集中できなくなり、仕事にも支障がでてしまいますよね。
自分だけではなく周りの方にも迷惑がかかる恐れがあったりと…

単なる肩こりだと思って放置しないようにしましょう!
違和感を感じ始めたら黄色信号です。
今のうちにしっかり改善しておきましょう。
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では国家資格を取得したスタッフが治療するので安心して施術を受けていただけます。