TEL

脱臼肢位

2018.02.08 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
肩をケガしたことはありますか?
肩のケガには、脱臼が多くあります。

今回はそんな「肩関節脱臼」についてお話ししていきたいと思います!

肩関節の構造についてご説明します。
肩関節は股関節と似た構造をしていて、簡単に言うとボールと受け皿(関節窩)のような構造をしています。
ですが、肩関節の方が関節窩が浅い構造になっています。
そのため、股関節よりも大きな動きができます。
ですが、股関節よりも、受け皿が小さくゴルフのピンの上にゴルフボールがのっている状態です。
なので股間節よりも、肩関節の方が外力がかかることで外れやすい構造になっています。

肩関節は関節の固定を筋肉や靭帯に頼っているため、筋肉や靭帯を損傷すると脱臼しやすく、全身の中で肩関節が最も脱臼しやすい関節と言われています。

肩関節脱臼が多いスポーツとしては、ラグビーやアメリカンフットボール、柔道などのコンタクトスポーツに多いと言われています。
脱臼をしやすい肩のポジションがあります!
それは、「外転、外旋」です。
投球動作でもあり、ピッチャーの方は脱臼肢位をとっているため、その状態で外力が加わってしまうと、脱臼をしてしまいます。

肩関節脱臼についてお困りの方は、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨にお越しください。

腰を捻る

2018.02.07 | Category: 卓球怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

みなさんはどんな部活に入っていますか?
最近オリンピックなどで卓球が活躍していますよね!
中学・高校の部活動でも卓球部に入っている学生の方が多くなっています。

そこで今回は卓球で起きる怪我についてお話ししていきたいと思います。

卓球では、ボールの衝突や転倒などで怪我をすることは、他のラケット競技と比べると比較的少ないですが、左右の身体のひねりなど卓球の動きが原因で傷害が発生してしまいます

「腰」を痛めてしまう方が多くいらっしゃいます。
卓球で起こる怪我の中で一番多いと言われています。
筋肉の疲労からくる軽い腰痛から、腰椎分離症や腰椎椎間板ヘルニアといった、重い怪我になってしまうこともあります。

軽い腰痛には、日々の練習からくるもので、同じ方向にのみ腰を捻ります。身体のバランスが崩れてしまいます。
この崩れたバランスを治そうとして、腰に負担がかかってしまうのです。
そうならないために、トレーニングのときに動かさない方向もしっかり動かすことが必要になります。
また、ストレッチをしっかり練習の前後にしましょう!

椎間板ヘルニアは、椎間板は線維輪と髄核で構成されています。
これが運動などによって椎間板に負荷がかかってしまい、髄核が後方に出てしまい、神経を圧迫して痛みを発生させてしまいます。
ヘルニアは腰を前に曲げたときに痛みがでます。

腰椎分離症は、腰椎の疲労骨折とも言われています。
腰を反る動きが加わってしまうことで、椎弓が折れてしまい前方に偏位して血管や神経を圧迫してしまい痛みがでてしまいます。
これは腰を反ってしまうと痛みが強く出てしまいます。

卓球をしていて腰が痛い!という学生の皆さん。
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨で治療しませんか?

話合いが必要です

2018.02.06 | Category: 交通事故,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
交通事故に遭ってしまった方はいませんか?

交通事故の示談交渉とはどのようなものなのでしょうか?
本日は「示談交渉」についてお話ししていきたいと思います。

交通事故では、相手側との話し合いを「示談」といいます、。
また、そのやり取りのことを「示談交渉」といいます。
実際に示談交渉をする時はどのように進めたらいいのでしょうか?

交通事故が発生したとき、誰がどのような賠償を行うのか、その具体的な内容を被害者と加害者とで、話し合いをして解決へと向かうようにしていきます。

交通事故の専門的な知識がないまま示談交渉してしまうと、交渉が難航したり、実際の過失割合より不利な状況になることも考えられます。

この時、全てに法律が関係してきます!

そして、受け取る補償額も、「示談交渉」次第で変わってきます!

法律が関係するので、間に弁護士さんが入ることがほとんどです。
当院でも交通事故に強い弁護士の先生をご紹介することができます。

「示談交渉」というのは、治療期間、補償額に大きく関わる事項です!

ここまでの事を聞くとすごく大切なんだ!と思いませんか?

よくわからない方が多いと思いますが、それだと、損をしてしまう可能性もあります。

交通事故の際にケガをしてしまった時は、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨にお越しください!

本の読み方

2018.02.03 | Category: 寝違い,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

本日は「本の読みすぎが原因で起こる寝違え」についてお話ししていきたいと思います。

本を読むことが好きな方はたくさんいらっしゃると思いますが、長時間続けて読んでいると寝違えを起こしてしまうかもしれません。

本を読んでいるときの姿勢はほぼ、頭が肩の位置より前に出ています。
そうなることで首の後ろの筋肉は常に伸ばされている状況が続きます。

常に伸ばされていると筋肉は今度は縮もうとする力が働きます。

その力が働き続けると筋肉は疲労し、固くなってしまいます。
筋肉が固まっている状態で寝てしまうと寝返りをうった際に首が思うように動かず、筋肉が伸ばされ続けて寝違えてしまいます。
睡眠はリラックスして寝ることが一番大事です。
なので、首の筋肉や肩の筋肉が緊張状態で寝ないようにしましょう。

そうならないためにも本は休み休み読むようにして、長時間読むことがあるようであれば定期的に軽く肩を回したりしましょう。
また、読むときの姿勢に気を付けましょう。

もし寝違えてしまった場合、冷やしましょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、寝違えの際の対処法や治療を行っています。
お困りの方は、一度ご連絡ください。

外側は切れやすい

2018.02.02 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,足関節

こんにちは!

本日は「足関節捻挫」についてお話ししていきたいと思います。

足関節捻挫とは、スポーツの急性外傷の中で、最も発生頻度の高い外傷です。

また、スポーツだけではなく、普段の生活の中でも起こりやすい怪我でもあります。

足関節は脛骨・腓骨・距骨から構成され、外側と内側は靭帯で補強されています。

外側は前距腓靭帯・後距腓靭帯・踵腓靭帯で補強されています。
また内側は三角靭帯という強い靭帯で補強されています。
外側の靱帯は切れやすいですが、内側の靱帯は密集しているため切れにくい構造になっています。

スポーツでは、バレーボールやバスケットボールで足関節捻挫の頻度が多くなっています。
ジャンプして着地した際に捻ってしまうことが多いです。

サッカーやラグビーなどの接触プレーをはじめ、野球のスライディング時、テニスのターン時にも多く発生します。

また、日常生活では階段を踏み外すことや、ヒールなどで歩いているときなど、バランスを崩した際に足関節捻挫を起こします。
ヒールをはいている方は足関節捻挫と共に二分靱帯を損傷することがあります。

この時、内側に捻ってしまう(内反捻挫)ことが最も多いです。この内反捻挫では、前距腓靭帯を損傷することが最も多いです。
時に外側に捻ってしまう(外反捻挫)こともあり、三角靭帯の損傷を起こします。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、足関節捻挫の際は損傷した靱帯によってずれてしまった骨を整復して固定しています。

身体を支える土台

2018.02.01 | Category: 全身矯正,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

骨盤の歪みが気になる方はいますか?

骨盤は身体の中心にあり「体を支える土台」の役割を担っています。

ところが、普段の姿勢や間違った生活習慣、運動不足などによって骨盤はゆがんできてしまいます。
骨盤の歪みは、全身の骨格に悪影響を及ぼし、腰痛・膝痛・肩こり・首の痛み・頭痛・冷え性・便秘・生理痛・生理不順といった不快症状や、胃腸障害・高血圧といった生活習慣病を招く原因になります。
また、猫背や下腹が出るといった体系の悪化も招きます。

私たちの身体は骨と筋肉で支えられていますが、日常生活などの生活習慣で筋肉は左右非対称になってしまいます。
また、骨の位置を少しずつ変えてしまいます。

骨の位置が変わると、身体のバランスを整えるために、一部の筋肉だけが負担を受けて、その結果疲労感へと変わります。
なので、なかなか疲れが取れないようになってしまうのです。

特に肩こりや腰痛に悩まされている方は骨盤の歪みの影響を大きく受けている可能性が高く、歪みを直すだけで症状が改善することもあるようです。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、全身矯正といって筋肉の捻じれを取るための矯正を行っています。

緊張性頭痛とは

2018.02.01 | Category: 肩こり・頭痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

季節の影響もありますが、生活習慣などで、肩こりからくる頭痛に悩んでいる人が増えています。
頭痛をこじらすと大変です!
この症状どうしたらいいのでしょうか?

緊張性頭痛のお話しをしていきたいと思います。

肩こりから頭痛が起こります。
この症状でお悩みの方は多くいます。

肩こりなどの筋肉の疲れと深い関係があるのが、「緊張性頭痛」なのです。

そもそも緊張性頭痛とはいったいなんなのでしょう。
突然始まり、だらだらと長引く頭痛のことをいます。
「頭が重く、絞めてけられるような痛み」が特徴といわれています。
よくヘルメットをかぶっているみたいという言い方をする方が多いそうです。

症状としては、肩や首の強いこりや、痛み、めまい、ふらつき、全身のだるさなどをともなうこともあります。

精神的ストレスや長時間のデスクワークなどの同じ姿勢を続けたことにより、血行が悪くなり首や頭の筋肉が緊張してしまうことが原因と言われています。

血流が悪くなることによって、酸素や栄養分の供給が不十分になってしまうため、首や肩の筋肉が緊張します。
肩こりや首の痛みから頭痛が起こるのです。

ストレスをためないことが一番の予防・改善法になります。
また、長時間の同じ姿勢をとるときは時間を決めたり、仕事の進み具合を見ながらこまめに動くようにしましょう。

頭痛を治すために葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、肩こりの治療もおこないながら頭痛の治療も行っています。

目に見えない症状

2018.02.01 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

腰痛にはさまざまな原因があります。
目に見える原因だけでなく、目に見えない原因もあることをご存知ですか?

腰痛に潜む病気があります。
まず腰の構造を説明します。
腰椎は骨が重なってできています。
骨の間には、椎間板という軟部組織がありクッションの役割をしています。

では病気とはいったい何でしょう?
・腰椎椎間板ヘルニア
椎間板は線維輪と髄核とで構成されています。この線維輪が傷ついてしまうことにより髄核が後方に出てしまいます。
そのことで後方にある神経を圧迫し症状が出ます。
ヘルニアとは、「突出する」「飛び出す」という意味になります。

・腰部脊柱管狭窄症
腰部の椎体が潰れてしまい脊柱管が圧迫されてしまうことにより、下肢のしびれや歩行時に長時間歩くことが困難になる症状が出てしまいます。

・脊椎分離症・すべり症
腰椎の椎弓の上下関節突起部分が断裂した状態で激しい痛みを伴います。
分離症はレントゲンでの診断が有効ですが、症状が進行してから写ります。この時にはもう症状が悪化している状態のため、腰を反ると痛いが出てしまいます。
また、さらに放置していると椎体が前方に偏位しすべり症の症状を起こします。

・変形性脊椎症
脊椎の形が変形してしまうのが原因になります。
変形には、先天性の物もあれば、後天性の物もあります。
原因は、老化や骨粗鬆症などのほかの病変も関わってきます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、長引く腰痛に対して徒手検査を交えながら治療します。

肩こりでお悩みの方必見

2018.01.31 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

肩こりでお悩みの方は、肩の筋肉のバランスが悪いかもしれません。
まずは筋肉を鍛えてみませんか?

肩のインナーマッスルを鍛えます。

肩こりの原因は首や肩に負担がかかり、筋肉が疲労したり、緊張状態にあることが肩こりの原因と言われています。
肩の筋肉を鍛えれば、首や肩への負担に耐えられるようになり、肩こりになりにくい身体をつくることができます!

肩の強化、柔軟性の向上に有効なエクササイズをお伝えします。
トレーニングチュウーブを使います。
ない場合は、バスタオルでも大丈夫です!

1.両手でチューブを持ちます。
2.幅を保ったまま、脚の付け根からお尻につくようにあたるように頭の上を通すように行います。
3.次に幅を短くして持ち、頭の上に挙げます。
4.身体はそのままで、腕だけ左右に動かしていきます。
5.これをトレーニングの前後に10回を2セット行いましょう。

座った状態で行う場合は
1.肘をわきに付け、小さな前ならえをします。
2.掌を上に向けます。
3.脇から肘を離さないように腕を広げていきます。
4.ゆっくり戻します。
5.10回2セット行います。

どちらのトレーニングも、ゆっくり行いましょう。
また、呼吸を止めないようにしましょう。

インナーマッスルを鍛えることは、肩を支える筋肉を鍛えることになります。
今までかかっていた首・肩の負担を軽減させることができます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨でしっかり痛みのでにくい身体を作りましょう。

突然の痛み

2018.01.31 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

昨日までは痛くなかったのに、突然今日になって痛くなった!と腰の痛みでお悩みなことはいませんか?
そんな突然の腰痛が起こったときみなさんはどうしていますか?

痛いときの腰の痛み少しでも楽になったらいいですよね?

腰椎とは、5つの骨で構成されています。
これは脊椎のうちの一部になります。

腰痛の多くは、腰椎に負担がかかったり、傷害が起きることで発症します。
腰痛の痛みの長さによって、「急性腰痛」と「慢性腰痛」の2つに分かれます。

1ヶ月以内に治まる腰痛を急性腰痛といい、この中には、ぎっくり腰が入ります。
1カ月以上たっても痛みがよくならない腰痛を慢性腰痛といいます。

どんな時に腰痛を感じますか?
くしゃみや鼻をかんだとき、通勤、通学、満員電車など色々あると思います。
くしゃみや鼻をかむことは、力が入ります。そのため、腹筋が弱くなっていると、腰に負担がかかることがあります。

また、まだまだ寒いですが、これから春に向けて「寒暖差」が出てきます。
これも腰痛を引き起こす原因になるのです。
昼間は温かいが夜は一気に寒くなるこの季節は、血液の流れが変わります。
そのため、昼間は血管が開いているのに、夜になるにつれだんだん血管が狭くなってしまうため、痛みに変わっていきます。

環境の変化も影響を及ぼします。
自律神経が乱れることは腰痛を起こす要因です。
人事異動や卒業式などのいままでと違った環境での生活が始まるときに多くみられます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、生活の環境が変わり腰痛で悩んでいる方はご連絡ください。