TEL

肩から落ちて骨折

2018.01.31 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,鎖骨骨折

みなさんこんにちは!
柔道をしている方!ケガをしたことはありませんか?
柔道のケガで多い「鎖骨骨折」についてお話ししていきたいと思います。

鎖骨骨折は柔道だけでなく、色々なコンタクトスポーツに多いケガです。
小児でも起きますが、成人のようにぽっきり折れるのではなく、不全骨折といわれる若い枝を折り曲げたときのような骨折になります。
また、変形を残さず自家矯正されるため、機能的にも外見的にも改善され予後は良好です。

成人・高齢者の場合は転位が高度になるため、第三骨片という三角形の骨片が生じる場合があります。
整復は完全にされても整復位を保つ固定を行うのが困難なため、再転位を起こすことが多いです。

ではなぜ柔道で多くみられるのでしょう?
柔道とは基本的に投げたり、抑え込んだりする競技です。
投げるときには、自分の体重と相手の体重を支えなければなりません。
投げられた時には、「受け身」を取ります。この受け身をしっかりとることが出来ず、肩から落ちたり鎖骨から畳に突っ込むように投げられた際に多く発生します。

鎖骨はS字型を描いているため、肩からついてしまうとS字型の弱い部分が折れやすくなります。

骨折をした場合、整復を行います。
固定法には、包帯やリング包帯での固定が主流でしたが、最近では「バンド固定」が主流になっています。
固定の際はしっかりと胸を張っておくと骨がつながりやすくなります。

初心者の方に多くみられる骨折なので、受け身をしっかりすることが予防の一つになります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、骨折に関わっている筋肉の治療を行っています。

肩甲骨改善

2018.01.30 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんの肩こりの原因を作っているのは、実は肩甲骨なのです!

次の症状に当てはまりますか?
・猫背といわれることが多い
・ブラジャーのホックを前側でつけてから後ろへ回すことが多い
・いつも背中の真ん中あたりにこりを感じる
・背中の対角線上で、自分の左右の手をつなげない
・直角に曲げた腕の両ひじをつけて、水平以上の高さに上げられない
・直立の状態で体の後ろで両手を握り、握った手を腰骨の高さまで上げられない
どれか1つにでも当てはまったら、肩甲骨の動きが悪くなっている可能性があります!

肩甲骨の動きが悪くなると、身体だけでなく顔にも影響が出てきてしまいます。
「たるみ」を及ぼしてしまいます!
原因は、肩甲骨が固まったことや姿勢の影響で猫背になってしまうと、顎も下に引っ張られてしまいます。
そのため、たるみにつながってしまいます。

肩甲骨の周りの筋肉がこり固まってしまうことにより、胸が締め付けられてしまい十分に呼吸をすることが出来なくなってしまいます。
これは締め付けられることにより、胸がスムーズな動きを失ってしまうからです。
肩甲骨の動きが出ることにより、自然な深い呼吸ができるようになります。

マッサージだけでなく、運動も一緒に行うことが大切です!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、トリガーポイントマッサージを行い症状の改善を行っています。

血行が悪くなっています

2018.01.30 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

腰痛で悩んでいる方は多いと思います。
当院にもいろいろな理由で腰痛を抱えている方が多く治療に来ています。

日本の国民病とも言われており、多くの方を悩ませています。
これは世界と比べても類を見ないほどだとも言われています。

「4人に1人」が悩んでおると言われています。
原因が特定できないこともあり、痛みが長引く「慢性腰痛」が大半だということもあります。

腰痛全体の約85%は、レントゲンなどの画像検査では明らかな異常がみられません。
腰痛の原因で多いと言われているのが、姿勢の悪さです。
お仕事や、日々の生活など1日のほとんどを座って過ごしています。
一般的な腰痛の多くは、筋疲労や、腹筋と背筋のアンバランス、血流が少ないことなどが原因として言われています。
血がめぐりにくい「阻血」といいます。
人間の身体は、阻血状態になると、痛みやほかの症状が出てきます。
この阻血状態が続いてしまうことにより、最悪な場合「壊死」につながります。

デスクワークなどは同じ姿勢でいることが長くなるため、血行が悪くなります。
また、腰まわりの筋肉も固くなってきます。
さらに年齢と共に筋肉は衰えるため、上半身を支えている腰の負担がかかり腰痛を引き起こしてしまいます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、血行を良くするために腰痛改善を行っています。

首肩つながっています

2018.01.30 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!
みなさんは肩に痛みを感じたことはありませんか?
お仕事中の姿勢を思い出してみてください。
首が前に出て背中が丸まっていませんか?
その肩の痛みは、もしかしたら姿勢からくるものかもしれません!
不良姿勢とは、猫背姿勢のことをいます。
猫背姿勢は、頭と肩が前に出て、背中が丸まっている状態をいいます。
デスクワークやスマートフォンの操作を長時間、同じ姿勢で行うことによって、だんだんとできてしまいます。
始めは良い姿勢でやっているのに気づいたら、首だけが前に出ているということはありませんか?
首にある筋肉が伸ばされることにより肩の筋肉にも負担がかかり、痛みの原因になります。
また、伸ばされた筋肉は固くなってしまい、血流が悪くなってしまうのです。
血流が悪くなると、なかなか痛みを改善できません。

肩に痛みがでているだけでなく、首にも影響はあります。
首にはたくさんの神経があります。
固くなった筋肉がその神経を圧迫することにより、痺れや、運動障害を起こしてしまいます。

そうならないためにも、運動やストレッチを日ごろからやることが予防に解消になります。
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨にお越しください。

痛い、重たい

2018.01.29 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

肩こりとは?
と思う方はいませんか?
肩が痛いことが肩こりなのでしょうか。

「肩が痛い」方はきっとたくさん調べていると思います。
原因について本日はお話ししていきたいと思います。

肩こりになる原因としては
・長時間による首や背中が緊張するような姿勢
・猫背、前かがみなどの姿勢の悪さ
・ショルダーバック
・冷房
などが原因とされています。

姿勢が影響していることは何となくわかると思います。
ショルダーバックや冷房はどうしてだと思いますか?

カバンを同じ方向にかけていませんか?
バランスを保とうとして、身体が歪んでしまうことや、肩から落ちないように力が入ってしまい、それが影響して筋肉が固くなてしまいます。
また、冷房は寒すぎると筋肉に力が入ります。さらに血流が悪くなってしまいます。

近年ではデスクワークやスマートフォンが普及しているため、会社でもご自宅でも、通勤でもずっと同じ姿勢で長時間にわたり画面を覗き込むような姿勢や、ずっと見続けるという姿勢が多くなってきているため、肩こりになりやすくなっています。

これらが原因で頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉である、肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋・板状筋・脊柱起立筋の持続的緊張によって筋肉が固まります。
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、お仕事中などにどのように負担がかかっているか、ご自宅でもできるストレッチもお伝えさせていただいています。

生活の変化

2018.01.29 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんは「腰痛」で悩んでいませんか?

今や日本人のほとんどの方が抱えている国民病のようにもなっています。
ではなぜこんなにも増えてしまったのでしょうか?

それは、「生活」にあります。
昔はソファーなどありません。椅子や正座の生活が多かったです。
そのため、悪い姿勢をとることがありませんでした。
ですが、最近はどうでしょうか?
ソファーなど柔らかいイスが多くなりました。姿勢が悪くなると思いませんか?

また、パソコンやスマートフォンの普及により、長時間同じ姿勢でいることが多くなりました。
運動をする習慣もなくなってきたということが挙げられます。

このままでは、「腰痛の国」になってしまいます!

そうならないために、腰痛を治しましょう!

治すために何をしたらいいと思いますか?
・接骨院や整形外科でみてもらう
・マッサージをしてもらう
・運動をする
・ストレッチをする
などあると思います。
どれも正解です。

ご自身にあったもので腰痛が治ったらいいですよね!
ですが、厄介なことに初めに挙げたような原因を繰り返せば、再発してしまいます。

接骨院や整形外科、マッサージなどはお金がかかってしまいますし、治療方法が合わないと苦痛になってしまいますよね?

少しの時間でもいいのです。
身体を動かすことをお勧めします!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、もちろん腰痛の治療を行っています。
また、簡単に運動ができる電気もあります。

慰謝料ってなに

2018.01.29 | Category: 交通事故,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

今回は交通事故で発生する「慰謝料」についてお話ししていきたいと思います。

交通事故で被害者側の保障として発生する慰謝料とは、被害者の肉体的・精神的苦痛をお金に換算したもののことをいいます。

慰謝料の決定には3つの基準があります。
・自賠責保険
・任意保険
・弁護士基準
というものがあります。

自賠責保険は限度額が「120万円」と決まっており基準としては最も低いものになります。
それをまかなうのが任意保険になります。自賠責保険では補えない分の金額を保険会社がカバーすることになります。

整骨院において慰謝料の金額は、怪我の治療にかかった通院期間、過失割合の有無などによって左右されてしまいます。

では1日の治療でどれほどの慰謝料がかかるのでしょうか?
それは、はっきりしているものが自賠責保険で1日4200円かかる計算になります。

起こってしまったものは変えられないですが、正しく治療をしていく事で肉体的な負担も減らすことができ、交通事故によって生じた負担に関しても慰謝料などで補うことができます!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、交通事故に遭ってしまった時の身体の治療をしています。
交通事故についてのあれこれについての説明も行っています。

身体の構造

2018.01.27 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区立石

こんにちは!
みなさんは腰痛がどのように起こると思いますか?

本日は「腰の構造」についてお話ししていきたいと思います。

私たちの姿勢を維持している骨の中心となっているのが脊椎といわれている骨の連続したものです。よく背骨といったりするところです。

この脊椎から数多くの骨格が広がり、身体を構成しています。

脊椎は24個の骨の結合体でその間に椎間板と呼ばれる衝撃を吸収するためのクッションの役割をする軟部組織があります。
脊椎を分けていくと
頸椎・・・7個
胸椎・・・12個
腰椎・・・5個
からなっています。

衝撃を吸収するクッションである、椎間板は線維輪と髄核という軟部組織から構成されています。

腰の構造はこの脊椎の一部になっています。

この24個の骨が身体のバランスをとり支えてくれているのです。

また、脊椎はS字カーブを描いています。
このカーブも身体を支えるために重要な役割をしています。
S字カーブは
頸椎・・・前傾
胸椎・・・後傾
腰椎・・・前傾
となっています。
このカーブが崩れてしまうと身体の痛みにつながってしまいます。
もし、カーブがなくまっすぐだとします。
まっすぐですと、バネの機能がなくなってしまいます。そのため走ったり、ジャンプをすることによりクッション材がないため、衝撃がダイレクトに骨に響いてしまうのです。

始めに言ったように、脊椎は身体を支えてくれています。
椎間板が傷ついてしまったり、S字カーブが崩れてしまうことにより、腰痛の原因になります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、骨盤矯正や猫背矯正といった治療法も行っています。
腰痛を今以上にしないためにも当院にお越しください。

普段から痛みがありませんか

2018.01.26 | Category: アキレス腱断裂,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!

みなさんの中で、アキレス腱に痛みがある方はいませんか?
その痛みを放っておいて、スポーツ活動や急激な運動をした場合「アキレス腱断裂」になってしまうことがあります。

アキレス腱とは下腿三頭筋というふくらはぎの部分の筋肉が合わさって停止部である踵の骨につくために筋状になったものです。

アキレス腱断裂はジャンプやダッシュをした時に急激な下腿三頭筋の収縮が起こることによりアキレス腱断裂が発生します。
特に下腿三頭筋の柔軟性がない人に起こりやすくなっています。

このアキレス腱断裂は運動をしている若い人に起こりやすいと思われますが、中高年でも起こりやすくなっています。

その理由は、アキレス腱は主にコラーゲン線維からできています。
そのため、加齢に伴いコラーゲン線維は減ってきてしまいます。そうすることにより、柔軟性が失われていき、固くなっていきます。
この状態で久しぶりに運動をしたり、急激な動きをした際に、アキレス腱断裂を起こしやすくなってしまうのです。

運動習慣がある方もそうでない方も、普段からアキレス腱伸ばしや、下腿三頭筋の筋肉を柔らかくし、柔軟性を出しておくことをお勧めします。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、アキレス腱断裂のケアや治療を行っています。

走って骨折

2018.01.25 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
本日は「ランナーに多いケガ」についてお話ししていきたいと思います。
学生の皆さん!
走っていてすねのあたりが痛くなったという経験はありませんか?

もしかしたらその症状「骨折」の疑いがあります!!

走って起こる骨折とは「下腿骨骨幹部骨折」といいます。
下腿の骨は脛骨と腓骨という2本の骨から構成されています。
スポーツで起こり得るのが「疲労骨折」です。
下腿の疲労骨折は脛骨が多く、10歳代の発育期に多いといわれています。

ではどんな時になるのでしょうか?
・骨に反復的な衝撃力が加わったとき
・筋の疲労などにより、骨に加わる衝撃力を軽減する作用が低下したとき
・筋の繰り返しの収縮により骨に過度の牽引力が加わったとき
などに起こりやすいと考えられています。

症状は骨折部の限局性圧痛、腫れ、熱感などがみられます。
エックス線では発生初期では骨折線が写らなのがほとんどですが、2~3週間後にもう一度撮ることで、骨折線が写ることが多いです。

下腿の疲労骨折は分類することができます。
・脛骨骨折
→上中1/3境界部(疾走型)骨折
→中央1/3部(跳躍型)骨折
→中下1/3境界部(疾走型)骨折
・腓骨骨折
→上1/3部(跳躍型)骨折
→下1/3部(疾走型)骨折
に分類することができます。
ランナーに多い疲労骨折の部位は、「疾走型」と書いてある部分多いです。
治療としては、原因となるスポーツの停止をお勧めしています。
3週間程度の安静が必要になります。
一般的には5~6週間で競技復帰が可能といわれています。
一番の治療は「早期発見・早期治療」です!
下腿に少しでも痛みがありましたら、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨にすぐにお越しください。