TEL

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

緊張性頭痛とは

2018.02.01 | Category: 肩こり・頭痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

季節の影響もありますが、生活習慣などで、肩こりからくる頭痛に悩んでいる人が増えています。
頭痛をこじらすと大変です!
この症状どうしたらいいのでしょうか?

緊張性頭痛のお話しをしていきたいと思います。

肩こりから頭痛が起こります。
この症状でお悩みの方は多くいます。

肩こりなどの筋肉の疲れと深い関係があるのが、「緊張性頭痛」なのです。

そもそも緊張性頭痛とはいったいなんなのでしょう。
突然始まり、だらだらと長引く頭痛のことをいます。
「頭が重く、絞めてけられるような痛み」が特徴といわれています。
よくヘルメットをかぶっているみたいという言い方をする方が多いそうです。

症状としては、肩や首の強いこりや、痛み、めまい、ふらつき、全身のだるさなどをともなうこともあります。

精神的ストレスや長時間のデスクワークなどの同じ姿勢を続けたことにより、血行が悪くなり首や頭の筋肉が緊張してしまうことが原因と言われています。

血流が悪くなることによって、酸素や栄養分の供給が不十分になってしまうため、首や肩の筋肉が緊張します。
肩こりや首の痛みから頭痛が起こるのです。

ストレスをためないことが一番の予防・改善法になります。
また、長時間の同じ姿勢をとるときは時間を決めたり、仕事の進み具合を見ながらこまめに動くようにしましょう。

頭痛を治すために葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、肩こりの治療もおこないながら頭痛の治療も行っています。

目に見えない症状

2018.02.01 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

腰痛にはさまざまな原因があります。
目に見える原因だけでなく、目に見えない原因もあることをご存知ですか?

腰痛に潜む病気があります。
まず腰の構造を説明します。
腰椎は骨が重なってできています。
骨の間には、椎間板という軟部組織がありクッションの役割をしています。

では病気とはいったい何でしょう?
・腰椎椎間板ヘルニア
椎間板は線維輪と髄核とで構成されています。この線維輪が傷ついてしまうことにより髄核が後方に出てしまいます。
そのことで後方にある神経を圧迫し症状が出ます。
ヘルニアとは、「突出する」「飛び出す」という意味になります。

・腰部脊柱管狭窄症
腰部の椎体が潰れてしまい脊柱管が圧迫されてしまうことにより、下肢のしびれや歩行時に長時間歩くことが困難になる症状が出てしまいます。

・脊椎分離症・すべり症
腰椎の椎弓の上下関節突起部分が断裂した状態で激しい痛みを伴います。
分離症はレントゲンでの診断が有効ですが、症状が進行してから写ります。この時にはもう症状が悪化している状態のため、腰を反ると痛いが出てしまいます。
また、さらに放置していると椎体が前方に偏位しすべり症の症状を起こします。

・変形性脊椎症
脊椎の形が変形してしまうのが原因になります。
変形には、先天性の物もあれば、後天性の物もあります。
原因は、老化や骨粗鬆症などのほかの病変も関わってきます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、長引く腰痛に対して徒手検査を交えながら治療します。

肩こりでお悩みの方必見

2018.01.31 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

肩こりでお悩みの方は、肩の筋肉のバランスが悪いかもしれません。
まずは筋肉を鍛えてみませんか?

肩のインナーマッスルを鍛えます。

肩こりの原因は首や肩に負担がかかり、筋肉が疲労したり、緊張状態にあることが肩こりの原因と言われています。
肩の筋肉を鍛えれば、首や肩への負担に耐えられるようになり、肩こりになりにくい身体をつくることができます!

肩の強化、柔軟性の向上に有効なエクササイズをお伝えします。
トレーニングチュウーブを使います。
ない場合は、バスタオルでも大丈夫です!

1.両手でチューブを持ちます。
2.幅を保ったまま、脚の付け根からお尻につくようにあたるように頭の上を通すように行います。
3.次に幅を短くして持ち、頭の上に挙げます。
4.身体はそのままで、腕だけ左右に動かしていきます。
5.これをトレーニングの前後に10回を2セット行いましょう。

座った状態で行う場合は
1.肘をわきに付け、小さな前ならえをします。
2.掌を上に向けます。
3.脇から肘を離さないように腕を広げていきます。
4.ゆっくり戻します。
5.10回2セット行います。

どちらのトレーニングも、ゆっくり行いましょう。
また、呼吸を止めないようにしましょう。

インナーマッスルを鍛えることは、肩を支える筋肉を鍛えることになります。
今までかかっていた首・肩の負担を軽減させることができます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨でしっかり痛みのでにくい身体を作りましょう。

突然の痛み

2018.01.31 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

昨日までは痛くなかったのに、突然今日になって痛くなった!と腰の痛みでお悩みなことはいませんか?
そんな突然の腰痛が起こったときみなさんはどうしていますか?

痛いときの腰の痛み少しでも楽になったらいいですよね?

腰椎とは、5つの骨で構成されています。
これは脊椎のうちの一部になります。

腰痛の多くは、腰椎に負担がかかったり、傷害が起きることで発症します。
腰痛の痛みの長さによって、「急性腰痛」と「慢性腰痛」の2つに分かれます。

1ヶ月以内に治まる腰痛を急性腰痛といい、この中には、ぎっくり腰が入ります。
1カ月以上たっても痛みがよくならない腰痛を慢性腰痛といいます。

どんな時に腰痛を感じますか?
くしゃみや鼻をかんだとき、通勤、通学、満員電車など色々あると思います。
くしゃみや鼻をかむことは、力が入ります。そのため、腹筋が弱くなっていると、腰に負担がかかることがあります。

また、まだまだ寒いですが、これから春に向けて「寒暖差」が出てきます。
これも腰痛を引き起こす原因になるのです。
昼間は温かいが夜は一気に寒くなるこの季節は、血液の流れが変わります。
そのため、昼間は血管が開いているのに、夜になるにつれだんだん血管が狭くなってしまうため、痛みに変わっていきます。

環境の変化も影響を及ぼします。
自律神経が乱れることは腰痛を起こす要因です。
人事異動や卒業式などのいままでと違った環境での生活が始まるときに多くみられます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、生活の環境が変わり腰痛で悩んでいる方はご連絡ください。

肩から落ちて骨折

2018.01.31 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,鎖骨骨折

みなさんこんにちは!
柔道をしている方!ケガをしたことはありませんか?
柔道のケガで多い「鎖骨骨折」についてお話ししていきたいと思います。

鎖骨骨折は柔道だけでなく、色々なコンタクトスポーツに多いケガです。
小児でも起きますが、成人のようにぽっきり折れるのではなく、不全骨折といわれる若い枝を折り曲げたときのような骨折になります。
また、変形を残さず自家矯正されるため、機能的にも外見的にも改善され予後は良好です。

成人・高齢者の場合は転位が高度になるため、第三骨片という三角形の骨片が生じる場合があります。
整復は完全にされても整復位を保つ固定を行うのが困難なため、再転位を起こすことが多いです。

ではなぜ柔道で多くみられるのでしょう?
柔道とは基本的に投げたり、抑え込んだりする競技です。
投げるときには、自分の体重と相手の体重を支えなければなりません。
投げられた時には、「受け身」を取ります。この受け身をしっかりとることが出来ず、肩から落ちたり鎖骨から畳に突っ込むように投げられた際に多く発生します。

鎖骨はS字型を描いているため、肩からついてしまうとS字型の弱い部分が折れやすくなります。

骨折をした場合、整復を行います。
固定法には、包帯やリング包帯での固定が主流でしたが、最近では「バンド固定」が主流になっています。
固定の際はしっかりと胸を張っておくと骨がつながりやすくなります。

初心者の方に多くみられる骨折なので、受け身をしっかりすることが予防の一つになります。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、骨折に関わっている筋肉の治療を行っています。

肩甲骨改善

2018.01.30 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんの肩こりの原因を作っているのは、実は肩甲骨なのです!

次の症状に当てはまりますか?
・猫背といわれることが多い
・ブラジャーのホックを前側でつけてから後ろへ回すことが多い
・いつも背中の真ん中あたりにこりを感じる
・背中の対角線上で、自分の左右の手をつなげない
・直角に曲げた腕の両ひじをつけて、水平以上の高さに上げられない
・直立の状態で体の後ろで両手を握り、握った手を腰骨の高さまで上げられない
どれか1つにでも当てはまったら、肩甲骨の動きが悪くなっている可能性があります!

肩甲骨の動きが悪くなると、身体だけでなく顔にも影響が出てきてしまいます。
「たるみ」を及ぼしてしまいます!
原因は、肩甲骨が固まったことや姿勢の影響で猫背になってしまうと、顎も下に引っ張られてしまいます。
そのため、たるみにつながってしまいます。

肩甲骨の周りの筋肉がこり固まってしまうことにより、胸が締め付けられてしまい十分に呼吸をすることが出来なくなってしまいます。
これは締め付けられることにより、胸がスムーズな動きを失ってしまうからです。
肩甲骨の動きが出ることにより、自然な深い呼吸ができるようになります。

マッサージだけでなく、運動も一緒に行うことが大切です!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、トリガーポイントマッサージを行い症状の改善を行っています。

血行が悪くなっています

2018.01.30 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

腰痛で悩んでいる方は多いと思います。
当院にもいろいろな理由で腰痛を抱えている方が多く治療に来ています。

日本の国民病とも言われており、多くの方を悩ませています。
これは世界と比べても類を見ないほどだとも言われています。

「4人に1人」が悩んでおると言われています。
原因が特定できないこともあり、痛みが長引く「慢性腰痛」が大半だということもあります。

腰痛全体の約85%は、レントゲンなどの画像検査では明らかな異常がみられません。
腰痛の原因で多いと言われているのが、姿勢の悪さです。
お仕事や、日々の生活など1日のほとんどを座って過ごしています。
一般的な腰痛の多くは、筋疲労や、腹筋と背筋のアンバランス、血流が少ないことなどが原因として言われています。
血がめぐりにくい「阻血」といいます。
人間の身体は、阻血状態になると、痛みやほかの症状が出てきます。
この阻血状態が続いてしまうことにより、最悪な場合「壊死」につながります。

デスクワークなどは同じ姿勢でいることが長くなるため、血行が悪くなります。
また、腰まわりの筋肉も固くなってきます。
さらに年齢と共に筋肉は衰えるため、上半身を支えている腰の負担がかかり腰痛を引き起こしてしまいます。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、血行を良くするために腰痛改善を行っています。

首肩つながっています

2018.01.30 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは!
みなさんは肩に痛みを感じたことはありませんか?
お仕事中の姿勢を思い出してみてください。
首が前に出て背中が丸まっていませんか?
その肩の痛みは、もしかしたら姿勢からくるものかもしれません!
不良姿勢とは、猫背姿勢のことをいます。
猫背姿勢は、頭と肩が前に出て、背中が丸まっている状態をいいます。
デスクワークやスマートフォンの操作を長時間、同じ姿勢で行うことによって、だんだんとできてしまいます。
始めは良い姿勢でやっているのに気づいたら、首だけが前に出ているということはありませんか?
首にある筋肉が伸ばされることにより肩の筋肉にも負担がかかり、痛みの原因になります。
また、伸ばされた筋肉は固くなってしまい、血流が悪くなってしまうのです。
血流が悪くなると、なかなか痛みを改善できません。

肩に痛みがでているだけでなく、首にも影響はあります。
首にはたくさんの神経があります。
固くなった筋肉がその神経を圧迫することにより、痺れや、運動障害を起こしてしまいます。

そうならないためにも、運動やストレッチを日ごろからやることが予防に解消になります。
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨にお越しください。

痛い、重たい

2018.01.29 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

肩こりとは?
と思う方はいませんか?
肩が痛いことが肩こりなのでしょうか。

「肩が痛い」方はきっとたくさん調べていると思います。
原因について本日はお話ししていきたいと思います。

肩こりになる原因としては
・長時間による首や背中が緊張するような姿勢
・猫背、前かがみなどの姿勢の悪さ
・ショルダーバック
・冷房
などが原因とされています。

姿勢が影響していることは何となくわかると思います。
ショルダーバックや冷房はどうしてだと思いますか?

カバンを同じ方向にかけていませんか?
バランスを保とうとして、身体が歪んでしまうことや、肩から落ちないように力が入ってしまい、それが影響して筋肉が固くなてしまいます。
また、冷房は寒すぎると筋肉に力が入ります。さらに血流が悪くなってしまいます。

近年ではデスクワークやスマートフォンが普及しているため、会社でもご自宅でも、通勤でもずっと同じ姿勢で長時間にわたり画面を覗き込むような姿勢や、ずっと見続けるという姿勢が多くなってきているため、肩こりになりやすくなっています。

これらが原因で頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉である、肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋・板状筋・脊柱起立筋の持続的緊張によって筋肉が固まります。
葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、お仕事中などにどのように負担がかかっているか、ご自宅でもできるストレッチもお伝えさせていただいています。

生活の変化

2018.01.29 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんは「腰痛」で悩んでいませんか?

今や日本人のほとんどの方が抱えている国民病のようにもなっています。
ではなぜこんなにも増えてしまったのでしょうか?

それは、「生活」にあります。
昔はソファーなどありません。椅子や正座の生活が多かったです。
そのため、悪い姿勢をとることがありませんでした。
ですが、最近はどうでしょうか?
ソファーなど柔らかいイスが多くなりました。姿勢が悪くなると思いませんか?

また、パソコンやスマートフォンの普及により、長時間同じ姿勢でいることが多くなりました。
運動をする習慣もなくなってきたということが挙げられます。

このままでは、「腰痛の国」になってしまいます!

そうならないために、腰痛を治しましょう!

治すために何をしたらいいと思いますか?
・接骨院や整形外科でみてもらう
・マッサージをしてもらう
・運動をする
・ストレッチをする
などあると思います。
どれも正解です。

ご自身にあったもので腰痛が治ったらいいですよね!
ですが、厄介なことに初めに挙げたような原因を繰り返せば、再発してしまいます。

接骨院や整形外科、マッサージなどはお金がかかってしまいますし、治療方法が合わないと苦痛になってしまいますよね?

少しの時間でもいいのです。
身体を動かすことをお勧めします!

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨では、もちろん腰痛の治療を行っています。
また、簡単に運動ができる電気もあります。