TEL

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

脛の周りが痛い!

2019.01.03 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

すねの周りには色々な筋肉があります。
この筋肉はすねの骨に直接付いているのではなく、骨を覆っている骨膜という膜に付いています。
ジャンプしたり、走ったりという動きを繰り返すと、その動きをするたびに筋肉が収縮し、筋肉の付着部である骨膜を引っ張ってしまい、炎症が起こって痛みに繋がってしまいます。
つまり、シンスプリントは使い過ぎが原因で起こると言われています。

使い過ぎが原因の他に、足の裏に原因があることもあります。
足の裏には3つのアーチがあります。この3つのアーチによって走ったりジャンプしたりする際の地面からの衝撃を吸収しています。
つまりこのアーチがなくなってしまうと、地面からの衝撃を吸収できなくなってしまいます。
衝撃が吸収できなくなってしまうと、足裏の筋肉に直接負担がかかってしまいます。
すねの筋肉は足裏に繋がっているので、衝撃が足裏にかかり続けるとすねに痛みが出てきてしまいます。

シンスプリントとは「脛骨過労性骨膜炎」とも呼ばれます。
ジャンプしたり、走ることが多いスポーツをしている人に多く発生し、運動中や運動後に下腿の内側に痛みが出てきます。
このシンスプリントは痛みを我慢しながら運動を続けると、最悪の場合、脛骨の疲労骨折を起こしてしまいます。
疲労骨折を起こさないためにもしっかりと治療をし、日々のケアを怠らないことが大切です。

痛みを題さないように葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院で治療をしませんか?

腰痛は多い?

2019.01.02 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などがありますが、その他、細菌感染やがん、臓器や血管などの病気が原因となり、腰椎を引き起こされます。一方、残りの85%は、レントゲンなどの検査をしても原因が特定できないといわれています。このような腰痛では、生活習慣、ストレスや不安、不眠など心の状態が影響していることもあります。また、見た目にはわからない神経の障害によって痛みが生じることもあります。

現在の腰痛がいつからなのか。急性腰痛だと比較的短期間で治る。体に異常が起きたことを知らせる警告信号。慢性腰痛だと3ヶ月以上痛みがある。治療が長引いている場合や、損傷や炎症が治った後も痛みが続く。長く続いていると腰痛は、筋肉や関節だけでなく、痛みを抑える神経が原因かもしれません。痛みの情報が伝わるのを抑える機能、痛みを抑える神経の働きが低下している。

腰痛とは男性では1番目、女性は肩こりの次に訴える症状とされています。その数は年々増加傾向にあります。腰は、腰椎と呼ばれる5つの骨がブロックのように積み上げられて構成されています。腰痛の多くは、腰椎に負担がかかったり障害が起きることで発症しますが、その他にもさまざまな要因が腰椎の発症に関係しています。原因が特定できるのはわずか15%程度と言われています。

このような腰痛にお悩みの方は、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお越しください!

正しい姿勢を知っていますか?

2019.01.01 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

肩こりの原因の1つに「猫背姿勢」があります。
猫背姿勢は、首に負担がかかり続け、慢性的な肩こりになります。
肩こりを治すためには、マッサージや運動もそうですが、まずは姿勢を治しましょう。

猫背の姿勢は、なぜ起こるのかというと、デスクワークやスマートフォンの操作が多くなった最近よく首を下に向けたり顎を突き出す状態でることが多くなってしまい、首や肩に負担がかかってしまいます。
また、猫背になってしまうと肩が段々前に出てきます。そうすると胸筋が硬くなってしまいます。肩甲骨周りの筋肉は引っ張られてしまい、肩こりにつながります。

座ってできる解消法!
1:肛門を閉める
2:息を長く吐く
3:息を吸う
肛門を閉めることによって、下腹部に力が入り、背筋がのびます。
また、息を長く吐き吸うことで交感神経が優位になり肩こりの解消につながります。
また、猫背の改善にもつながります。
下腹部にある丹田に力を入れるイメージで座っていることが大切です。

他にも、運動で治すことができます。
手のひらを広げて、大きく前にのばします。
肩甲骨を使って腕を開き背の肉をしぼるように腕を動かします。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、これ以外にもたくさんの運動の方法をお伝え出来ます!

いつも読んでいただきありがとうございます!

2018.12.31 | Category: 整骨院,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

いつもこのブログを読んでいただきありがとうございます。

みなさんに、当院で行っている施術や矯正の治療などをお伝えしたくこのブログを書いております。
また、肩が痛い、腰が痛いなどあると思います。
なぜ自分はそこが痛いのか、どうしたら対処できるのかを知っていただきたいという気持ちもあります。

スポーツをやっているお子さんを持つ親御さん方にスポーツ外傷について知ってほしいという願いもあります。

たくさんの方に読んで読んでほしい、知ってほしいという気持ちが強くたまには強く出てしまうこともあります。

ここに書いてあることを実践していただいて、それでもよくならない、また痛くなったらどうしよう、しっかり予防したい!
という気持ちになったら、当院にご連絡していただければと思います。

すぐ近くに、頼れる院であるために、日々勉強しております。

ご来院された際に一言「ブログを見た」と伝えていただければ幸いです。

役に立つ、わかりやすいブログを書いていけるようにこれからも頑張ります。

来年もよろしくお願いいたします。

平成30年12月31日

フォームの見直し

2018.12.30 | Category: スポーツ障害・怪我,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

こんにちは。本日はゴルフ肘についてお伝えいたします。

□ゴルフ肘とは?
 ゴルフで無理なスイングを行うことなどにより、上腕骨内側上顆(じょうか)に負担が加わって炎症が起きた状態のことを言います。上腕骨内側上顆炎ともよばれます。その反対側にある上腕骨外側上顆に炎症を起こす「テニス肘」と同様のスポーツ障害の一つです。安静時に痛みを感じることは少ないが、曲げたりひねったりするなどの運動の際に肘の内側に疼痛を伴い、また内側上顆を圧迫すると痛みを感じる方が多い。

□ゴルフ肘の痛みの症状、メカニズム
①肘が内側に曲がった状態で、力を入れて手を握ることが原因
 肘が内側に曲がることで、肘の内側の筋が伸びた状態で、小指や薬指を握る筋肉が過剰に働くと、肘の内側の筋が引っ張られて痛みが発生すると言われています。

②前腕部の過度な筋肉疲労が原因
上腕(前腕部)の筋肉が疲れることによって、その筋肉の付け根である肘に炎症がおきるため、痛みが出るということです。
ゴルフ肘の痛みは、単なる肘の曲げ伸ばしなどでは、ほとんど痛みが出ないというのも特徴です。
ただ、ゴルフスイングなどの特定の動きをしたときや、肘の内側を押したりするとズキーンと傷んだりします。
すごい痛いわけではないけど、不快な痛みがずっと続く・・。
日常生活には問題ないので、医者に行くほどでもないけど、肘に湿布を貼っても痛みは取れない・・・・、ホント、厄介な痛みです。
痛みをそのままにしておくと、場合によっては、肘が痛くてグリップすら握れない・・なんてことにもなりかねません。
あなたがゴルフ肘になったのは、あなたのスイングが原因です。
あなたのスイングを見直してみるのにいい機会かもしれませんね。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、ゴルフ肘でお悩みの方の治療を行っております。

首の痛みやしびれ

2018.12.29 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首の痛み

みなさんこんちは!

首の痛みが強い、そして腕にしびれが出ている方はいませんか?
そんなときは、ここに相談してみてください!

首の痛みは姿勢やコリからきている場合が大半です。
ではなぜそのようなことが起きるんでしょうか?

その理由としては「筋肉」に原因があるといわれています。
姿勢が悪くなってしまうと、筋肉が緊張状態になります。
その筋肉が固くなり、酸素や栄養分がいき渡らなくなってしまいます。
そして、その固くなった筋肉が骨とこすれあったりすることで、小さな傷を作っていきます。
これが繰り返されることで、傷がだんだん大きくなりコリが痛みに変わっていきます。

ここまで痛みがなぜ出て仕舞うのかがわかっていただけたでしょうか?

次にしびれに対してです。
しびれが出る原因は、神経が圧迫されてしまうことで出てきます。
先ほどお伝えしたように、固くなった筋肉は、血管を圧迫します。また、その近くにある神経も圧迫してしまうんです。
このことにより、しびれというものが出てきてしまうのです。

痛みやしびれをなくすために、傷の治療としては、当院独自のトリガーポイントマッサージを、しびれに関しては、ハイボルトという電気や矯正、鍼といった治療を行うことで、改善できます。

お困りの方は、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にご相談ください!

矯正のイメージ

2018.12.03 | Category: 全身矯正,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!

みなさんは、矯正と聞くとどんなものを思い浮かべますか?
ぼきぼきやるものを思い浮かべることが多いとおもいます。
当院の矯正はストレッチの要素が多く、ぼきぼきのデメリットである、骨や関節に負担がかかりません。
しっかり筋肉を伸ばすので、受けていて気持ちいという方が多いです!

全身矯正は役立つと言われています。また、姿勢が良くなって、骨盤をはじめとする身体全体の骨格の歪みがなくなれば、内臓が正しい位置に戻ることが期待されるため、ヒップアップ、バストアップ、くびれ効果が現れやすくなるでしょう。全身矯正で身体のバランスを調整し、食事制限、適度な運動、筋力トレーニングなども組み合わせれば、理想の体型に近づくことができるはずです。
精神にも良い効果が!!
全身を矯正することで、体質や身体のバランスだけでなく、精神面にも良い影響を与えると言われています。イライラが解消されたり、集中力が増すといった効果も期待できるようです。

どうですか?少し気になってきましたか?
どんなものか、文字だけではお伝えするのが難しいです。。。

ぜひ葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にうけにきてはいかがでしょうか?

ストレートネック

2018.12.01 | Category: 葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石,首痛

みなさんこんにちは!

首や肩こりの原因ともなる「ストレートネック」
実際に当てはまる方は多いのではないのでしょうか?

ストレートネックとは主に、悪い姿勢の習慣や加齢により、頚椎が本来持つ「ゆるやかなカーブ」が失われた状態のことを意味します。

全体重の約10%と言われる(約6キロ)重い頭を1日中ずっと支えるために、人の首はこのカーブ構造をもつようになりました。

しかし、生活の中で前かがみの姿勢が頻繁になると、このカーブが失われていき、右の人のように真っ直ぐになってしまい、ストレートネックと呼ばれる状態になります。

ストレートネックを作る主な原因として
・不良姿勢(スマホ、パソコンを使用中のうつ向き姿勢)
・生活習慣(読書、料理中のうつ向き姿勢)
・スポーツ障害
・加齢

またスマホを使っている時の顔のうつむき加減でも頭の重さが変わります。
うつ向き0度:4.5~5.5kg
うつ向き15度:12kg
うつ向き30度:18kg
うつ向き45度:22kg
うつ向き60度:27kg

1日のうちに数時間も10~20kgもの負荷を脊椎にかけていたら、首が悪くなるのも納得できますね。ストレートネックの大きな要因と言われるのも理解できます。

普段から首は頭を支えているのにスマホをいじっている時にまで負担をかけていては首の痛みは続いてしまいます。
なるべく顔の前でスマホを使用するなど首のことを考えてあげましょう。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院で、首の痛みを改善しませんか?

腰痛予防

2018.11.30 | Category: 腰痛,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

腰痛ときくとどんなことを思い浮かべますか?

腰痛が起こる原因についてみていきましょう。
腰痛には
1、筋肉の痛み
2、病気
3、疾患
4、心因性
などがあります。

今回は。「筋肉の痛み」についてお話していきたいと思います。

大腰筋がどんな筋肉なのか、腰痛とどのように関係するのかを知ることで腰痛を改善していきましょう。
大腰筋は背骨と脚をつなぎ、インナーマッスルと呼ばれるカラダの深層の筋肉です。
この筋肉は、太ももを上げたり、骨盤を起こし、良い姿勢を保とうとするときに働きます。また、きれいに歩いたり走ったりするときにも大切な筋肉であり、近年健康を意識する方々に注目を集める筋肉でもあります。
①腰の筋肉が緊張した状態が続き、早く疲れてしまう。
②腰の関節に負担をかけ続けることになる。
③腹筋が効きにくくなる。
④股関節が硬くなる。これらにより腰に負担は増加し、腰痛になるリスクは高くなります。
大腰筋のストレッチ
右膝を地面につき、片膝立ちの姿勢になります。左膝に両手を添え、そのままゆっくりと体重を前にかけていきます。
体重を前にかけていくときの注意点は、腰を反り過ぎないようにすることです。
腰痛を予防したり和らげるためにするストレッチであるのに、腰を反ってしまうとかえって腰に負担をかけてしまいます。
前にかけていくにつれて、右足の付け根から太ももの前にかけて突っ張れば正解となります。
その状態を30秒~1分間保持しましょう。

腰痛でお悩みの方は、葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院にお越しください!

肩こりの本番

2018.11.29 | Category: 肩こり,葛飾区奥戸,葛飾区東新小岩,葛飾区立石

みなさんこんにちは!
最近寒さが続き、肩に力が入ることが多くなってきていませんか?
その力を入れることが「肩こり」につながっていくのです!
冬の寒さ本番になる前に、予防出来たらよくないですか?

今回は「肩こりの予防」についてお話して行きたいと思います。

肩こりは日々の生活中で同じような姿勢が続いたり肩が内巻きになってしまっていることが原因のことが多いといわれております。
その肩こりを改善させるためにご自宅でもできる予防法を下記に書いていきます。

・同じ姿勢を長く続けない。
・蒸しタオルなどで肩を温めて筋肉の血行を良くし疲労をとる。
・適度な運動や体操をする。
・入浴し身体を温め、リラックスする。

また治療法としてはこのような方法があります。
マッサージ療法(筋肉の血流を改善させ、筋緊張をやわらげる)、温熱療法(蒸しタオル、入浴などで筋緊張をやわらげる)、運動療法(筋力強化)、安静、薬物療法(シップ薬、筋弛緩薬、局所注射など)を行います。

葛飾区奥戸、立石、新小岩にある、まつなが鍼灸整骨院では、独自の「トリガーポイントマッサージ」で肩こりの根本から治していきます。
トリガーポイントとは、「痛みの原因」「痛みの引き金」と言われています。
その原因を指ですりつぶして治していくものになります。
お困りの方は、ご連絡ください!